FC2ブログ
2010年1月28日(金) 

今秋、ポルトで開かれるポルト市と日本の大きな文化交流イベントがあるの
ですが(このイベントについてはいずれご紹介します)、今日はその関係で
夕方からポルト市庁舎まで出かけてきました。

無事、事が終わり、市庁舎に同席した友人Oちゃんと写真のドームの地階の
ちょいと名のあるカフェ「Guarany」で小1時間ほどおしゃべりをして外へ
出ると、Aliados=アリアードス市庁舎通りは日没寸前。
アリアードス1
瞬く間ににカフェの向かい側は夜のとばりが降り。
アリアードス2

まだ8時頃でしたが、昔は「箱入り女房」と言われたくらいのわたし、ほんま、
こんな時間に一人ポルトのダウンタウンを歩くなど、ずいぶん珍しいことで
あります。

慌て者が、しばらく前に家のリビングで転び、そのとき打って未だ少し痛む
膝っ小僧を少し引きずりがちにメトロ駅へ急ぎ足で向かったのでありました。

さて、昨日の我がブログのコメントにパリ在住の「梨の木」さんが、2月
10日パリにてフリーメーソン美術館がオープンする旨、情報をください
ました。(現地在住ならではのホットな情報をありがとうございます!)

フリーメーソン、テンプル騎士団への興味からポルトガルの歴史、フリーメー
ソンの前身との説もある石工組合のメーソン、果てはキリスト教、異端教、
錬金術、タロットカードと我が好奇心は留まるところを知らず^^;

しかし、これらの絡まった糸を自分の推察で少しずつほぐして行くのは
大なる楽しみではあるのですが、なにしろ時間がかかる。
昨夏に、わたしが「シンボルだらけの森と館」と呼ぶシントラの「レガレイ
ラ宮殿」二度目の訪問以来じっくり考察する時間が持てず、ここしばらく、
その話題が当ブログにあがることも途絶えていたのです。

下記の本、「ポルトガルのテンプル騎士団(ポルトガル語~泣)」「キンタ・
ダ・レガレイラ(これもポルトガル語~泣)」、そして、もう一冊は、ご存
知ダヴィンチ・コードの著者、ダン・ブラウン氏の新作「The Lost Symbol」
(日本語訳は3月に発行とのこと、待ちきれず原語を買ってしまった^^;)
本2
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

これら、3冊とも、自分の語学力では読むのが並大抵ではないのですが、
日本語訳がないので、しっかたない!読んでやる!と意気込んでいたので
すが、遅々として進まない。
本3

で、ぱっと開いて「大事そうじゃん?」の部分はしおりを挟んだりマークを
つけたりしているのですが、こういうところがいい加減なわたしです^^;
本1

今回の「梨の木」さんのコメントは、「おお!これはまた偶然な!」と思われ
たのです。
と言うのは、実は先週日曜日、おそらく、それと気づかずに、謎のこの道に
引き込まれたきっかけになったのであろう、18世紀にポルトで多くの建築
物を残したイタリア人建築家「ニコラウ・謎に」、じゃなかった「ニコラウ
・ナゾニ」の作品のひとつ、「フレイシュ宮殿」をついに再訪でき、少し
撮影して来たのです。

フレイシュ宮殿はかつてわたしがようやく探し当てたナゾニの作品のひとつ
なのですが、訪ねたところが一般公開されておらずがっかりしていたところ、
偶然に夫の仕事の関係でその宮殿で晩餐会があり、当時修繕中だった
宮殿内の入れるところの撮影をしてきたいきさつがあります。

このいきさつについては、ここで再び書くには長すぎ^^;、よろしかったら
後記のリンク先までおでかけください。

フレイシュ宮殿1

写真は今回写してきたフレイシュ宮殿の入り口ですが、この宮殿については
ニュースがあります。

ナゾニの建築物には何かしらメーソンに通ずるような不思議な雰囲気が感じ
られるのですが、このフレイシュ宮殿もしかり。
今回は長年「見たい!」と思ってきたものをデジカメに納めてきました!

おおお!もう、こんな時間やん!(午前2時過ぎ^^;)
あした、土曜日の日本語教室があるのや~~~!

と、いうことで、気を持たせるようで相すみませんが今夜はこれにて失礼。
続きは明日!

梨の木さん、コメントへのお返事も明日までご勘弁~~。

ナゾニとのいきさつはこちら→ ナゾニを知っていますか?」
関連記事
コメント
暮色のアリアードス通り
リベルダーデ広場に向かって、例の Cafe Restaurante【GUARANY】の灯りが好いです、ね。奥も右も銀行?左に振って カイシャ ジェラル【ポルトガル貯蓄信用銀行】左、突辺はブルームーン?正面には【レプーブリカ ポルトゥゲザ】ですか。

「アリアードス通りの夜景は素晴らしい」と2006年に御紹介済みの、この大通り、足元に地下工事用?の巨大サークルは御座いました、かぁ。

雨上がりでしょうか、フレイシュ宮殿入り口はカメラの位置、高さが“ドンピシャ”でシフトレンズの三脚撮りの様に全く歪みが無く極まってます、ねぇ!凄いです(p_-)。

あああぁ!1週間の早さょ‥十代の頃の夏休みの1ヶ月はアッと言う間でした。が、近代の1ヶ月は光速並‥(=_=)。
2010/01/31(Sun) 03:02 | URL | 非行左衛門 | 【編集
>非行左衛門殿

フレイシュ宮殿は雨上がり、天気がよくなくて
デジカメ撮影には
危ないな?と思いながら、絵の展覧会の最終日がせまっており、
天気がよくないのを承知で行ってきましたが、収穫がありました。
後ほどご案内いたします。

確かにわたしも一週間があっという間に終わってしまう感覚です。

今年1年これから先は、2週間に一度でもいい、仕事という
仕事はしな1日を設定しようと目下思案中^^

アリアードス通りは数年前までメトロ敷設の突貫工事でごった
返しでしたが、現在は通りの真下をメトロ線が走ります。

きょ、巨大サークルは・・・^^;
2010/02/01(Mon) 21:27 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック