FC2ブログ
2010年2月8日
 
misercordia
★ポルト百景。Rua das Flores。空に突き出るナゾニが造ったミゼルコル
 ディア教会のファシャード(=正面)

スパイといえば即座に思い浮かぶのが、古くはマタ・ハリ、ゾルゲ、そして
こちらは架空だが、ご存知、イアン・フレミングの小説が原作のM16という
コードネームと女王陛下からの「殺しのライセンス」を持つ「007」こと
ジェームズ・ボンドだ。

初代ボンドのショーン・コネリーは当たり役で、わたしは彼主演の多くのシリ
ーズ作品を映画で見たし、何冊かは本でも読んだ。もっともこれは当時のボー
イフレンドの影響でもあったのだが、ま、その辺のところは深く聞かないで
くれたまえ(笑)

何ですねん、急にスパイの話なんて?
とスパイ法なし諜報活動なしの平和な今の日本からすると、空想の世界の話で
しかないと思われがちだが、日本にも太平洋戦争少し前には、ソ連の諜報組織
のスパイとしてゾルゲとともに捕まえられた「尾崎秀実=おざきほつみ」が
いる。

それがどうした?
は、はい^^; 実はですね、話はかれこれ30年ほど前に遡るふる~い昔
のことではあるのですが、ポルトガル語などチンプンカンプンだったわたし
は、テレビを見たって分からない。ついでに言えば、当時、ポルトガルの
一般家庭のテレビは「白黒」でありました。放映時間も(多分)8時ごろから
11時くらいまで。局は国営チャンネル第1と第2のみで、番組終了時には画面
のバックに国旗がはためき、ポルトガル国歌が毎日流されました。
ですから、どこぞの国と違い、いやでも国歌を覚えることになります^^

我が夫のとこも、白黒テレビが置かれたリビングで、夫の母、その母の姉、
その母の義妹、私たち夫婦と息子のジュアン・理宇、計6人がテレビを見な
がら、あるいはおしゃべりをしながら食卓を囲んだものでした。

おしゃべりは当時ポルトガル語が分からなかったわたしには無理、押し黙って
黙々と食べ物を口に運ぶのはなかなか苦労なものです。すると、白黒テレビ
とは言え、テレビに目が行きます。

ポルトガル製作番組は、こう言ってはなんですが、当時はどうもいけません
でして、それで時々イギリスの秀作ドラマが放映されるのが楽しみでした。
わたしが毎週楽しみにして観ていたのが題して「Reilly、Ace of Spies=
ライリー、スパイのエース」。

20世紀初頭のイギリスとソ連を舞台に活動した実在人物、コードネームも
ボンドとまさしく同じ、SIS=Secret Intelligence Service「 M16」と
呼ばれた世紀のスパイ「シドニー・ライリー」を描いたものでした。
ライリーは「ジェームズ・ボンド」のモデルだと言われています。

どんな男か見てみたい?^^
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

ライリー
Wikiから拝借した画像にちょっと手を入れて遊んでみた(笑)ライリーその人。
おー!どことなく若き日の「白洲次郎」に似ているじゃん、と思ったのです
が、どうですか?

で、こちらはドラマの中でライリーを演じた「サム・二ール」。
ライリー2

マニアなところがあるわたしは好きな映画となると、何度でも見直す。この
ドラマもそのひとつなのですが、もう一度、あの場面を見てみたいと望んでも、
パソコンやYoutubeなるものがなかった時代は諦めるしかなかったのですね。

今回、わたしが思い切って時間をとり、「ライリー」を検索してみたのには
もうひとつ別の理由があってのこと。
このドラマのオープニングで流される美しい曲を再び聴いてみたいと思った
のでした。
ドラマ放映終了後、この音楽のみを聴きたくて、他の曲も一緒のLPを手に
いれたのでしたが、今ではそのLPも壊れたままの30年前のステレオの
円盤に載せても鳴るわけもなし。

そうして検索したYoutubu、出てきました、それが→この音楽

今回検索して初めてこのテーマ曲がソビエト連邦時代のクラシック音楽作曲家
「ドミートリ・ショスタコーヴィチ=Dmitri Shostakovich」が、ソ連映画
「Gadfly=馬あぶ」のために作曲した「ロマンス」という題を持っていること
を知りました。

「Gadfly」の原作はライリーと出会った、アイルランド生まれで後にアメリカに
住んだエセル・ボイニッチが彼から聞いた若き日の運動家時代の話を元に
書かれたとの説もありますが、本は1897年に出版され、ソ連ではベスト・
セラーになったそうです。
「Gadfly」について知りたい方は日本語ではあまり引っかからず、英語に
なりますが「gadfly ether boynich」検索してみてください。

映画製作はソ連、この映画の組曲を提供したのがショスタコーヴィチ。

思えばライリーもショスタコーヴィチも大粛清を屁とも思わなかったヨシフ・
スターリンの恐怖時代を生きたのですね。

シドニー・ライリーのテーマ曲からつ最後はスターリンの生い立ちをWikiで
読むことになり、じっくりと文字を目で追うこと1時間、こういう時代が
ホンの半世紀ほど前に、しかも、私が小学校に上がるまで、スターリンの
恐怖政治が続いていたということを知り、今更ながらではありますが、衝撃
でした。

ショスタコーヴィチが「ロマンス」を作曲したのは1955年、スターリン
死後の2年後ですから、恐怖政治がまだ尾を引いていたことでしょう。

魂を引き込むような美しく哀しいこの調べは、抑圧された時代に生きた
ショスタコーヴィチだからこそ、書くことができたのではなかったか。
       
ショスタコーヴィチ

とまぁ、昨日は手をつけ始めていた「フレイシュ宮殿内」の記事も途中で放っ
たらかして、世紀のスパイ「ライリー」から芋づる式に出てきたネット記事
を読み漁っていたのでした。

社会主義、結構、共産主義、結構。そうしたい人はその主義で自らの人生を
生きることに異を唱えません。
しかし、崩壊した東ドイツ、ソ連等の社会、共産主義国の歴史を少しでも
知ると、このどこが人々を幸せにするのか?本来の人間の自由はどこにある
のだ?と疑問に思ってしまうのです。

そう自分に問う時、わたしはこれらのイデオロギーはごめんだ、と「No!」を
つきつける者です。

ロシア生まれでいくつかの国籍を有するライリーその人は1925年11月
に裁判もなくしてモスクワ近郊の森の中で処刑されたとされます。
スパイの当然の運命とも言えますが、ショスタコーヴィチの「ロマンス」が
あまりに美しく、ライリーの残酷な最期がともすれば霞んでしまいそうです。

今日も長いブログを読んでいただきありがとうございました。
関連記事
コメント
オッ!同じくして!?
ちゅうも、大感激したヒット曲をブログで紹介しています。心に残る音楽は、自分のその時のいろいろな精神状態が影響しますね。だいたいが気分の高揚する曲が好きです。
2010/02/09(Tue) 16:28 | URL | お仕事終了ちゅう! | 【編集
>ちゅうさん

お久しぶり!

昔好きだった音楽もいいし、あらたに発見する音楽もいい^^

それを聴けるという幸せがありますね^^

ところで最近はお仕事どないですの?
関西風だと「もうかりまっか?」(笑)
2010/02/10(Wed) 00:35 | URL | spacesis | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/10(Wed) 04:05 |  |  | 【編集
「ぼちぼちでんな~!」
テニスクラブで仕事が忙しいとき
仲間から「億の仕事が入ったの!?」と聞かれる。
決まってちゅうの返事は「奥の方の仕事がね!」と。
今日は、カミさんは友人と歌舞伎座へ。
もうすぐ、解体し建て直すからね。
それも無粋な建物に。見納めに行くそうです。
ちゅうも、その前に行こうと思っていますが。
ブログに書き込みありがとう。
ご返事は当ブログにて。
2010/02/10(Wed) 08:33 | URL | 本日テニスちゅう! | 【編集
日本の夏、金鳥の夏
ショスタコーヴィチのロマンス聴きました(^^)
ショスタコーヴィチってなんだかソ連の前衛作曲家ってイメージが
あって、ほとんど聴いた事がなかったので、
図書館からCDかりて、聴いてみようかな~なんて思いました(^^)

共産主義、社会主義は上手くいかないのは歴史が証明してるんですよね。
学生運動やってた人達は青春よ、もう一度って感じなのでしょうか(^^;)

左翼思想というか、
地球とか平和とか平等とか人類とか環境とか子供とか人権とかをダシに使って、
世界中の人々が全員同じ考えをもつように強制する誇大妄想は
どうにかならないのでしょうか(^^;)

あっしは血を吸われるのが嫌だから蚊は見つけたら殺します。
左翼思想の人達は
どうぞ、吸ってください、地球は人類のためだけでなく、
生きとし生けるもの全てのもの、いのちぃ、いのちぃを救いたいのですぅ、
とか言うのでしょうね(^^;)
2010/02/10(Wed) 09:59 | URL | ぎたれれ | 【編集
Re: はじめまして
>Rumiさん

こんにちは。
大学のHPなどでは年間学費が数字としては載っていないようですね。

参考になるかどうか分かりませんが、3、4年前は年間授業料が
900ユーロくらいだったと思います。国立大学の授業料そのものは
安いです(外国人も同額かどうかはわかりません)が、リスボンだと
生活費面、かかりますよ。
アパートなどは、随分高いです。
アメリカと違い、家具つきアパートはあまりありません。

入学手続きも留学の場合、色々あると思います。
東京にあるポルトガル大使館に連絡してみてはいかがでしょうか?
留学支援の協会などあるかもしれませんよ。

連絡先がわかりませんでしたので、こちらでレスいたしました。
2010/02/10(Wed) 20:41 | URL | spacesis | 【編集
>ぎたれれ君

いのちぃ、いのちぃ(爆)
鳩山氏ですね。ちっとも心に響かない。
頼むわもうv-293巧言令色もいい加減にしてくれぃ、
と冷たい視線のわたしです。

それはそうと、今日は「そう言われれば!」と発見したことがある。
日本が真珠湾攻撃をしたときのハワイはアメリカの正式な州では
なかったのだった!ハワイがアメリカの50番目の州になったのは
1959年。

それを今日の今日まで刷り込みでずっと「アメリカを襲撃」と
思い込んでいた^^;
こういうのも、戦後のアメリカの推進政策の一環かもね。
「自虐せぇ、自虐せぇ」とv-293

あぁ、勉強が足らん足らん、時間も足らん~。
2010/02/10(Wed) 23:21 | URL | spacesis | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/12(Fri) 21:38 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ