2010年2月11日

今朝は危なかった・・・

朝10時からの日本語教授、生徒は「マセラティの君」でありました。

ぼ~っとしてて、高速道路へ入るはずのいつもの道をうっかり間違え^^;これがまた簡単にUターンできない外周り環状線を行っちゃったのでありました。こんなことを時々やって結構夫の知らない道も覚えることになるのですが、今朝は遅れられない事情があり、運転しながら多少焦った。

なんで遅れられないかと言いますと、今週のマセラティの君の日本語デイ、1月のアジェンダ(スケジュール手帳)を見ちゃってまぁ^^;月、木、金の授業を「火、水」と思い込み、今週火曜日に行っちゃったんです。

火曜日朝、階段を上ってオフィス階4階につく。エレベーターはもちろんあるのだが、わたしはそれを利用しない。一度、地階で
偶然「君」に出会い、エレベーターの彼と階段を上るわたしと、どっちが速く着くか、競争したことがある。勝ったのはわたしであった。が、変にがんばってしんどい思いをしたおアホでしたw)

話がそれましたが、さて、我が「君」はまだお出ましなさらず、どれ、と、廊下に備えてあるソファに腰掛けようとすると、秘書さんがやってきた。

「先生、ボスは今日はおりませんが、昨日はおいでになりませんでしたね。」
「ん?今週は今日と明日ですぼん」
「あら?でもボスは待っておりましたよん」

いやな予感がして、「ちょ、ちょっと待ってね。アジェンダ、チェック~」とその場で手帳をめくると、「げっ!変わってるジャン!」

いえ、変わってたのは、間違ってたのは自分の目だ!

そんな訳で、こういうことを既にやってしまったその今日、遅れるわけにはいかんのでありましたが、道を間違え、トホホホ。
それもまぁ、出たところがなんと「フレイシュ宮殿」だ(爆)

ここにたどり着くのは多少複雑な道でして、夫とつい先だって来た時も「んもう!方向音痴なんだから!」と内心で夫をけなしていたのですが、ひとりで車を駆って来るには、これまた自信がなかったのでした^^;

やっと見覚えのある高速道路への入り口が目に入り、わたしにしては、ぶっとばしで、ぎりぎり10時に間に合った、という、なにげに不思議な縁がある「フレイシュ宮殿」の記事です!


修復に数年をかけ、2010年10月についに「歴史ポザーダ=ポルトガルの高級宿泊施設(ポザーダについては明日、詳しいご案内を)」として、日の目を見ることになったバロック建築様式の「フレイシュ宮殿」。
ミステリアスなその生涯に魅せられ、わたしが追っかけしている、イタリア、トスカーナ地方出身、ニコラウ・ナゾニによって18世紀に建築された、彼独特のデザインを持つ美しい小宮殿です。

今日は宮殿の外周りをご紹介します。

フレイシュ外1
ポザーダの正面玄関。両サイドにはピラミッドの屋根を持つ。

フレイシュ外2
ピンクの建物が客室になる。かつての製粉工場を見事に改造した。(フレイシュ宮殿とわたしのいきさつを読んでもらえば分かるのですが、それに登場する我が友、マリアさんのおじいさんがかつて経営していたらしい) 
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

フレイシュ外3
製粉工場の名残の赤レンガの煙突。

フレイシュ外5
正面玄関横の渡り廊下を渡って客室へ。
フレイシュ外4

フレイシュ外6
目の前はドウロ川。フィットネスクラブ、スパ、川沿いにプールの設備もある。

フレイシュ外7
庭園。向こうに見えるのはフレイシュ橋とサン・ジュアン橋。

フレイシュ外8
現在のポザーダ正面入り口。 

フレイシュ外9
数年前、まだ修復中の宮殿「鏡の間」での晩餐会に夫と招されたときの正面入り口。「鏡の間」は明日、ポザーダ内部案内で紹介します。

わたしとナゾニとのいきさつはこちら→ ナゾニを知っていますか?」

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村