FC2ブログ
2010年2月18日

休暇を利用して家族と訪れたポルトガル南部Alentejo地方の小さな町と、宿泊
したエスタラージェンを紹介します。

アレンテージュ地方のホテル   
サン・ドミンゴス・エスタラージェン(Sao Domingos)

メルトラ2

メルトラから17kmほど離れた小さな村、Mina de Sao Domingosはかつて銅山
の町として栄えた。
今は、寂れてしまったが、新しいエスタラージェンはアラビアン様式、広々と
して、プール、フィットネスジム、自転車などの設備がある。
曜日によっては、天体観測ができる。
ここに滞在した理由のひとつは、この天体観測だったのだが、曜日がずれてしま
い、それができなかったのが残念。

     メルトラ1

国土が縦長のポルトガルは、8世紀から15世紀に渡るレコンキスタ運動
(イスラム勢力からの国土奪回を目指したキリスト勢力の戦い)が完了するまで、
8世紀もの間アラブ民族に支配されていた。
イベリア半島北部から始まったキリスト教徒によるレコンキスタ運動は、徐々に
南下し、700年をかけてイベリア半島国土奪回を成し遂げる。

イスラム教徒の長い支配は、イベリア半島に大きな影響を及ぼしており、特に
南部にはその文化の刻印を見ることができる。

ポルトガル語には何百というアラビア語の名残が見られるし(例:Algarve,
alcool, algebra,algodao, arroz, armazen, alfandega)、ポルトガル、スペ
インの建造物を彩るアズレージュ(青絵タイル)もイスラム文化から受け継い
でいる。
また、特に南部に見られるのが、モスクを改造した教会である。

個人的な意見だが、このように宗教を異にする建造物を取り壊さないで教会と
して使用する点は、歴史の移り変わりを断ちきらないことになり、何か理由が
あったのかと考えて見るのは面白い。

さて、エスタラージェン紹介の前置きがなんだらかんだらと長くなってしまい
ましたが、こういう歴史背景を知っていないと南部のエスタラージェンの様式
やメルトラの教会も「ただの南の端っこの変わった教会」にしか取られないと
思ったものですから^^;では!

メルトラ3
異国情緒たっぷりの玄関。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

メルトラ4
エスタラージェン内部の廊下
    
曜日によって天体望遠鏡で星の観測ができる。
メルトラ5

メルトラ7
プールサイド。家族で独占、昼食をゆっくりとりました。
                     
メルトラ6
エスタラージェン内のレストラン。       

エスタラージェンの特徴は、その所在場所によるが、辺りに喧騒のない、町の
中心から離れたところが多い。観光目的型ではなくて、エスタラージェン内で
のリラックス滞在型が好む。

Mina de Sao Domingos村

30分もあるけば全部回れるほどの小さな村。

サンドミンゴス1
夕日を後ろにMina de S縊 Domingos村の教会。本来はモスクだったのを教会に
したものだ。 
     
サンドミンゴス2
アルガルブ地方独特の人家の煙突。

ついでにもこっちも紹介しちゃおう!

アレンテージュ地方の白い町Mertola(メルトラ)

小高い丘にこんもりと建った小さなお城を中心にすそ広がりにひっそりと
息づく町メルトラ。

ポルトから内陸に入って南下するAlentejo地方。Alentejoとは「リスボンに
流れ込むテージュ川の向こう」、上流と言う意味です。
メルトラはそこにある小さな小さな町で、ポルトガルの歴史上フェニキア人、
ローマ人、アラブ人の影響を受け、今日の遺跡にその姿をとどめ、同じポル
トガルでも北部とは趣を異にしアラブの香りがします。

サンドミンゴス3
グアディナ川沿岸に建つIgreja da Nossa Senhora da Anunciacao、別名、
Igreja Matriz do Mertola。

13世紀、北部から始まった「レコンキスタ運動=イスラムからの国土奪回
運動」までは、スペインを水源とするGuadiana川が流れ、ローマ帝政時代、
アラブ占領時代に商業の中心地になった。 
それゆえ、堅固な城のすぐ傍には、ポルトガルでも数少ないアラブ様式の完全
な形のまま残されたモスクである。
内部の天井はメシキータ独特のアーチ型になっている。内部は撮影禁止。

メルトラカフェ
教会のすぐ側の城壁にくっついているカフェ。この中で一休みしました。
ここで自前床屋の息子をこっそり盗み撮り↓
 メルトラ・ジュアン

教会の右横ではローマ時代の遺跡が発見され発掘中であった。
この門の向こうは墓地だ。
メルトラ

メルトラartesanato1
メルトラの町にある小さな織物博物館。すべて写真のローザおばさんが糸車で
糸をつむぎ、旧式のはたおり機で作ったカーペットやタペストリー、帽子、
マフラー、手袋等が展示販売されています。

カーペットやタペストリーは高値の花(笑)でも作成工程がすべて彼女の手に
よるマフラーを夫にねだり、手に入れました。
メルトラartesanato2
50ユーロ(約7000円)


インフォメーション
Estalagem Sao Domingos
Mina do Sao Domingos 7750 Mertola Portugal
Tel +351 286 640 000
http://www.hotelsaodomingos.com/

関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ