2010年2月25日 

今日は話題を我が家のねこたちに。ゆえに、ねこ写真だらけです。

猫1
臆病な猫。誰にも邪魔されず、弱虫クルルの幸せなひととき。

4人家族の我が家はそれほどでもなさそうな夫を別にして、わたしも子供たち
も大の猫好きだ。
好きなのは猫だけではない。犬ももちろんのことだが、モイケル娘にいたっては、
一度は「獣医」になりたいと思っていたほどで、ハムスター、鳥、かたつむりと
小さな生物にまでよく目が行き、子供たちと動物のエピソードはたくさんある。

現在モイケル娘と東京近郊で同居している長男の「東京息子(わたしは最近こう
呼んでるw)」も、リスボンに住んだ10年間に猫を2匹飼い、帰省の際には
毎回ギターを抱えると同時に、猫も連れてくるもので、我が家の猫の数はプラス
1、息子の猫は、我が家の猫たちとなかなか相容れず、彼の滞在期間中、わたし
は猫同士の仲裁で結構気苦労が多かったものだ。

東京息子は、いや、当時はリスボン息子なのだが、最初のは、前足の肉球が焼け
ただれて捨てられていたのを拾った。数年飼ったその猫を手術がうまくいかなく
て亡くしたときのしょげブリはひどかった。
その後しばらくして保健所へ出向き、子猫はもらってもらえるチャンスがある
からと、わざわざ誰も引き取り手のない成猫を引き取った。
「まったくどうかしてるよ」と思ったが、もしかしたら同じことをするかもしれ
ない自分の姿が浮かび、その言葉を引っ込めたものだ。

猫7 猫8
アイスクリーム、ヨーグルトが大好きな黒猫ぺト君。ヨーグルトの空き瓶の手を
突っ込んで。そこまでやるか!(笑)


「夢、日本で猫は可哀想にと思っても拾うべからず!」とあれほど言ったにも
拘わらずモイケル娘にいたっては、これまたわざわざ保健所まで行って、自分
のできるかもしれない精一杯と、2匹の乳飲み子を引き取ってき、その時は、
わたしも帰国していた時で、しばらくはあいた口がふさがらなかった。
二人して、スポイルを使ってミルクを飲ませるのには苦労したのが3年前だ。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

その前には、住んでいた東京から出かけた先の下関で最初の一匹を拾い、帰路
の新幹線で東京まで持ってきたはいいが、猫ご法度のアパート、ついにわたし
に助けを求めて、我がブログで「里親募集」をするにいたり、愛知県のスギさ
んにもらってもらったという前科エピソードもあるのだ。
猫も日本列島を行ったり来たりと、ご苦労なことである(笑)

息子の場合は帰省ごとに列車で連れ帰り、ポルトでは専らわたしが彼の猫の
面倒を見ていたので、問題はなかったが、さて、今モイケル娘は、二匹猫が
三匹猫になり、長い留守ができないで困っているのである。

なんというか、かほどに我らは、「猫」に対する情が深いようで^^;
わたしは時々、こんなに猫に縁があるのは、「前世で猫によほどの恩でも着て
いるか?」と、冗談でなく思ったりすることがある。

さて、我が家の猫たちですが、下は一番若いゴロー君。
猫6
面白いことに、よくおしゃべりをするのです。いや、ホンマに^^
ベッドカバーの下やソファカバーの下にもぐりこんでカクレンボをして遊ぶ
のが好きで、見つけてもらうのを待ってます^^

こんな大人っぽい表情をすることもある。
猫9

再びぺト君登場。

猫3 
毎夕食時にはこうやって一席をとり、ご覧のように行儀よく座りますが、
猫2
ひたすら注がれている真剣な目線は何かというと、デザート用に置いてある
黄色い皿ではなくて、向かいの席の夫の皿なのであります。

こちらはジョアキンおじさんの庭で生まれたご近所猫。名無しで飼い主はないが、
わたしも含め、ご近所さんたちがご飯をあげてます。

猫4
毎朝我が家のブラインダーが上がるのをどこで見てるのか、それがわたしが起床した
合図だとよく知っていて、ブラインダーが開くやすぐ、我が家のベランダの下に来て、
「えさ、くれ~~」。

猫5
撫でるとすぐゴロリンと横になるのですが、これはないだろう、君^^;
横のなったまま食べてます。

こちらは、以前雑誌「ねこの気持ち」に登場した我が家の猫たち。
猫雑誌

わたしの場合、猫や犬はいわゆるペットだとは思っていない。共に生活をして
いく動物なのだ。だからというわけではないが、ペットショップで入手した
ことは一度もなく、そうしなくても飼い手を必要とする猫や犬はたくさんいる
ので、自分の生活で困らない程度に引き取れる数が、現在いる5匹なのだ。

今日はその中の3匹を紹介しましたが、長年、猫という動物を飼って思うこと。

We own dogs, but cats own us. 
(犬はわたしたちが所有するが、猫はわたしたちが所有される)

これってほんまやなぁ、と(笑)

猫の話にさらに興味がある方は、右メニュー、カテゴリー「猫のはなし」から
どうぞ。
コメント
お久しぶりです♪

ぺットは一度飼うとホントに離れられなくなりますな~。私の場合、犬を飼い始めてから動物が何でもかんでも可愛く見えてくるから不思議です!

横になったままご飯食べてる名無し君、めちゃめちゃ可笑しいですね~。

ぺト君は人間にすら見えてしまいます(笑)可愛すぎて涙が出そーー♪

2010/02/26(Fri) 22:23 | URL | とまぽっち | 【編集
獣医!?良いかも!
優しい兄妹ですね。ちゅうの回りにも猫好きいます。
王子の姉宅はご存じ何匹も猫を飼っています。
テニス仲間の奥さんで、かわいがっていた猫ちゃんが
亡くなって、長年苦しんでいたぜんそくが治ったと言うことでした。
もう一人、Yさんも捨て猫を家に連れ帰っているのですが
ぜんそくになってしまい、また外出もままならないと言うことで
イライラ状態が続いています。
もいちゃん、まだ若いから「獣医」目指したら!?
2010/02/27(Sat) 19:34 | URL | まったりちゅう! | 【編集
いっやぁ~~
久しぶりに来たらネコちゃん~~

んもう、ネコちゃんと同じく、グンニャリですよ(^^♪

でも、
どうもこの頃、ネコにしてみれば、住みにくい世の中になっとるようで、
小田舎なこちらも、ネコを家から出すな、悪さする、他人の屋敷に入ってくるとか・・・回覧版まで回る始末・・・

ぶっちゃけ反論すれば、イヌも挙がるのですが、私としては、子供にこそ首輪しとけよな想いです┐(´-`)┌


We own dogs, but cats own us. 

ふふ、その通り!(~_~)


我が家のネコちゃん、その勢いが下がってきて、ちょっと淋しいこの頃です。


2010/02/27(Sat) 23:47 | URL | マー | 【編集
>とまぽっちさん

ほんと、お久しぶり!

とまぽっちさんとこのワンちゃんも表情が可愛いもの^^

ところで、たまには更新してくれぃ(笑)

>ちゅうさん

ぜんそくやアレルギーは猫相手が多いですね。
やはりふわふわした猫の毛かしら?
今、息子のとこに滞在しているポルトガル人の友達も
猫アレルギーらしく、3びき猫がいるあのアパートで
苦労してるらしい^^;

今から医学部じゃ7、8年はかかるもの・・・^^;
こっちがたまりまへん~(笑)
それより、ちゅうさん、新車の乗り心地、どないな?^^

>まーさん

近頃は読み逃げばっかりです~^^;

ところで、猫にとっても犬にとっても住みにくい世の中に
なってきたのは、こちらも同じです。

なんか、しばらく前に知ったところによれば、都会アパートで
飼える猫の数は上限が3匹までと勝手に法律ができてたとか!

ウソやん!
人間がどんどん規制を作り、動物のみならず我ら人間にとっても
住みにくくせちがらい世の中になってきましたね。
お天道さまは人間のためばかりじゃないというのに・・・

その規制、5匹いるうちはどうするかって?
そんな規則ができてたなんて、し、しりまへん~v-8

だいたいが、生まれてしまった子供を、二人目は
だめだからってどうして処分できようか、ね?

猫の悪さなんて、人間の数々の悪さに比したら
ものの数ではありませんわ。そう思ってます。

猫も人間同様、歳を取りますもんね。
2010/03/01(Mon) 08:50 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村