2010年2月28日

今月の原稿書き上げ、やっとブログお楽しみ時間(笑)
と言えども、この後まだ火曜日の市との会議準備があるのですが息抜きです^^

Aliados
ポルト百景。市庁舎通りの古い建物の頂上をアップにして見ました。


金曜日の夜から昨日土曜日一日中強風で、わたしなどは危うかったのである。

それで風が渦を巻いてうなっており、夜間はその音が耳について、なかなか
眠れなかった。
朝、いつもの通り、日本語教室へ出かけたはいいが、帰りしな、車を置いて
いるメトロ駅のホームからエスカレータでそのまま外部へ出たのだが、途中
からエスカレーターの屋根はなくなるので、傘を差しながら上ったのがいけ
なかったのだろう、突風で危うく体ごとエスカレーターから吹っ飛ばされる
ところだった。

2ヶ月前に転んで痛めた膝がやっと直りかけてきて、よろめきながらもかろ
うじて我が体のバランスをとることができたのでよかったものの、そうで
なかったら、あのままエスカレーター階下に転び落ちて、軽い怪我ではすま
なかったかも知れない。
若いころと比べるとそんなに軽くもない我が体が、あんな風に吹き飛ばされ
そうになるとは!いったいどんな強風だい!と思ったのだが、案の定、さして
いた傘は逆さまに開き、骨ごと見事に壊れていた・・・

ということで、マデイラ島の大洪水被害、ポルトのリベイラ水害と、このとこ
ろ悪天候のポルトガルであります。

さて、その昨日の土曜日の日本語教室、いつものごとく教室へ入ると、6脚
あってしかるべき椅子がまったくない。
「アトリエで使いっぱなしだな」と思い、アトリエへ足を入れると、ぬぬ?
床には人間二人がマットの上で毛布を被って寝ている。
眠りの邪魔をしないように、抜き足差し足でイスを教室に運んだのだが、何気
なくそのマットの足元に目をやると、あらま、着の身着のまま、黒いブーツ
を履いた足が4本マットからはみ出ているのが目に入った。

むふふふ。こんなことができるのは、無謀な若いときかホームレスくらいで
あろうなと、時々出かけては友人宅に泊まっていた我が息子のことが思い出
された。

その東京息子、近頃さっぱりスカイプに上がってこない。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

それもそのはずで、目下リスボンの音楽仲間の一人カルロス君が、あの狭い
アパートに転がりこんでいるのだそうだ。
それで、仕事をしながらその接待というか、一緒に遊ぶので忙しいらしい。

先週末は歌舞伎町のライブハウスで一晩中、オープニングパーティーのライ
ブだったそうで、自分が中心の「Full Propulsion
主催、入場はフリー。自分の音楽をひとりでも多くの人に聴いて楽しんで
もらいたいとの気持ちはよくわかる。

ところが、その友人のカルロス君、猫アレルギーだったとかで、
「お前、彼が日本へ行く前に猫が3匹もいるということをちゃんと伝えたの?」
と聞くと、うっかり忘れてたのだと言う^^;

あまり気が利きそうもないモイケル娘には、
「たまには、いかがですか?とお茶とかお菓子くらいはすすめるのだよ。」
と言うと、「う、うん。わがった。」
数日後、「今日は帰ってきたら家にいたので、ミスター・ドーナッツのドーナ
ッツをおすすめしたじょ」と言う。
んまぁ、それでもいいけどね(笑)

カルロス君は日本に後一週間くらい滞在し、ポルトガルへ帰国するのだが、
入れ違いに、今度はわたしが借りて、土曜日の日本語教室を開いているギャ
ラリーの持ち主こと、画家で息子のBritish Schoolの幼稚園時代からずっと
一緒だったジェスパー君と、もう一人、リスボンに住む共通のイタリア人の
友達二人が、2週間ほど転がり込むのだそうだ。

このイタリア人の友達は本国では「私立探偵」とやっていたのだと!
わが東京息子の交際範囲の広さは、もうこの母には想像できない。
だから、その千客万来は、モイケルに大して迷惑がかからないのならそれは
それでいいのだが、頼むから、安上がりだとて、三人でレンタカーを借りて
日本のあちこちへ行くのはやめておくれでない?
その間、生きた心地がしないではないか。

日本へ発ったときは確か国際免許を持っていかなかったはず、どうやって
運転できるのよ?と思い、夫に話すと、
「いや、日本へ行ってから頼まれて僕が手続きして国際免許証を送ったよ」
「がーーん!知らないわよ、そんな話!なんで送ったの!」
と多少ヒトモメしたのであった。

わたしには分かっているのだ。耳に入れたら、絶対反対するものだから、
男ども二人でこっそりと鬼の知らぬ間に!

息子がリスボン、ポルトを車で往復する時も、毎回気が気でならなかったの
だが、あの悪夢が今度は日本で・・・と今から一ヶ月先のことを案じておた
ついている。なんとかやめさせるぞぉ~(笑)

ということで、本日は息子ネタでございました。

モイケル娘よ、少し大変だろうが、兄貴のため辛抱してやっておくんなさい。
コメント
「若いときの苦労は買ってでも~」!
なんて、今の若い子は苦労を逆に楽しんでいるかもネ!
今の環境は長い(?)人生の中でも早々体験できない貴重な時間ですな。
『楽しめ!楽しめ!!』
でも、キリギリスの様にならぬように!
我が新車は、3週間が経ちました。
一昨日、次男を初めて乗せた時、自分も車を持っているのに
「インパネ」を見て「凄いね!」と発していました。
確かに日本の「インパネ」装備の数も多く、色鮮やかです。
ですから走行時、「インパネ」を見ているだけでも楽しい!
逆にいろいろな操作を覚えるのも大変。
ハイブリットなので確かにガソリンは喰いません。
まだ、慣れないのが走行時のアクセルやブレーキ板。
電子制御仕様なので車の性格を覚えるまで慎重運転です。
2010/03/01(Mon) 11:27 | URL | まったりちゅう! | 【編集
はじめまして。ユニークな文章でとても楽しく読ませていただきました!今年GWにリスボンへ旅行に行く予定でポルトへは2泊するので、とてもわくわくしています!ありがとうございます!
2010/03/02(Tue) 17:42 | URL | ビバビアー | 【編集
>ちゅうさん

キリギリスになってもらうのは困るけど、アリもねぇ・・・

このごろ、カキカキしないラテン系の生き方が身について
きたのかな?ここでのライフスタイル、今のわたしには丁度いいです^^
「生きる」という、もうひとつの面、厳しすぎでなく、だらしすぎでもなく^^

新車、少しは苦労しているのね^^
わたしはきっと死ぬまでマニュアルだろうなぁ(笑)

>ビバビアーさん

初めまして。読んでいただきありがとうございます。
GWのポルト、楽しみですね。
その時期は「ポルトガルの春」と言われるほど、1年でも一番
いい季節です。大いに楽しんでください。

もし、茶髪、グラサン、デジカメ手にするちびの中年女を見かけたら
それはわたし^^どうぞ声をかけてみてください。
2010/03/03(Wed) 08:20 | URL | spacesis | 【編集
すてき!春!!レスポンスとてもうれしいです!
オーバーサーティ微妙なお年頃の日本語しか話さない素朴な夫婦が我らでございます。奇跡的な出会いをたのしみにしております!
2010/03/03(Wed) 23:01 | URL | ビバビアー | 【編集
>ビバビアーさん

ポルトにいらっしゃるのなら、下記のわたしのサイトも
ご参考にしてみてください。

http://www.geocities.jp/spacesis_porto/portugalroman.htm

それでは、よい旅になりますように!
2010/03/05(Fri) 20:53 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村