2010年5月8日 

「別れの歌」

わたしが死んだなら
バルコンをあけておいて欲しい
(バルコンから、わたしはそれを眺めていよう)

刈り入れびとが小麦を刈っている。
(バルコンから、わたしはそれを感じていよう)

わたしが死んだなら
バルコンをあけておいて欲しい!

(ロルカ「歌集・1927年」より)


スペイン内戦初期1936年に38歳でフランコ将軍が率いるファランヘ党に
銃殺されたアンダルシアの詩人フェデリーコ・ガルシア・ロルカの詩の一編だ。

ロルカの代表作はアンダルシアのジプシーを詠った「ジプシー歌集」が代表作
だと言われる。ロルカはグラナダの出身であった。

アンダルシア地方のグラナダは、レコンキスタ運動と称するキリスト教徒が
イスラム支配からイベリア半島国土を奪回する戦いで、15世紀にフェルナ
ンド王とイザベル女王(コロンブスのパトロンでもある)がレコンキスタ運動
の仕上げとして最後に陥落させた800年及ぶイスラム文化支配の首都である。

アンダルシアの語源は、5世紀にこの地を征服した「ヴァンダル人」でイス
ラム人に「アル・アンダルス」と呼ばれていたことから来る。グラナダはアラ
ビア文化の香りを今に伝えていると言われる。

さて、上述のガルシア・ロルカなのだが、わたしは大阪にいた20代の頃へミ
ングウエイがスペイン内戦に義勇軍として加わった当時の体験を元にした
「誰がために鐘は鳴る」の延線上で偶然彼の名前を知り、しばらくは興味を
持って本を読み漁ったことがある。

下の本は当時わたしが読んだ本の一冊。1973年出版のものだ。
ロルカ

ロルカは劇作家でもあり、彼の「血の婚礼」「イェルマ」「ベルナルダ・アル
バの家」は映画化もされ彼の三大悲劇作品と言われる。ピカソや詩人のジャン・
コクトーたちとも交友があり、銃殺のニュースは当時のフランス文壇にショッ
クを与え、コクトーはロルカに捧げる詩を書いている。

歌え フェデリーコ
君の大きく開いた傷口

その傷口の廃墟の上に
真赤な星

傷口の最後の詩の赤いインクで
歌え フェデリーコ

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

グラナダ郊外でレジスタンスと共に銃殺されたロルカがどこに埋められたかは
不明である。彼の逮捕銃殺の原因にはいくつかの説があるが、今回はそれを置
くとして、これらの本を読んで20代だった当事のわたしが感じたことは単純
に、独裁主義、ファシストは人間性を無視して怖いという思いだ。以来わたし
は右も左も行き過ぎた思想には組したくないと思っている。どちらも似たよう
な状況を招くと想像するからだ。

こんな昔のことを思い出しながら、書棚から「ロルカ・スペインの死」を取り
だした本をパラパラめくっていると、一枚の古い新聞記事の切抜きがページの
間からハラリと落ちた。

広げてみると、故国スペインを捨ててフランスへ亡命し後、プエルトリコに
住んで、1973年に亡くなったカタルニア出身の世界的なチェロ奏者「パブ
ロ・カザルス」の死亡記事だった。
カザルス

バルセロナを州都にするカタルニア地方もまた、スペインの中では独特の
文化を持ち、フランコの独裁政権下で抵抗してきた州である。カタルニアで
はスペイン語とは少し異なる「カタルニア語」が公用語だ。

子どもたちが小学生のころ、わたしたちは家族旅行で車でバルセロナからピレ
ネーを超え、南フランス地方を少し回ったことがあるが、宿泊したホテルや
観光案内所には、カタルニア語のカードがあちこちに置かれていたものだ。

カタルニア出身には、建築家アントニオ・ガウディ、サルバドール・ダリが
いるが、パブロ・カザルスもカタルニア出身だ。彼はスペイン内戦時に亡命し、
フランコ将軍の政権をヨーロッパが認めたことに抗議して演奏活動停止を宣言
する。後、彼が94歳で故郷に思いを託して「鳥の歌」を弾いたときに、
「わたしの故郷カタルニアの鳥は、ピースピースと鳴くのです」
と語り「鳥の歌」のエピソードは伝説的となる。

イギリス人のジョージ・オーエルは、ヘミングウェイ同様、内戦時に人民戦
線派に組し、その体験談を「カタルニア賛歌」として本を書いている。この
本も持っていたのだが、どこかへしまった。そうそう、ついでに画家のパブ
ロ・ピカソはロルカと同じアンダルシアの出身だ。

さて、今日はいつものわたしらしくない、少しお堅い話で始まりましたが、
この20代の頃からわたしはスペイン首都のマドリッドよりもコルドバや
グラナダをいつの日か訪れてみたいとずっと夢見ていたのです。

それが、今日こうして隣の国ポルトガルに住むことになろうとは、当時は思い
もしなかったのだが、縁とは不思議なものです。

で、30年間すぐ隣に住んでいながら、何ゆえずっと夢見てきたロルカのアン
ダルシアへ足を向けて来なかったかと言いますと、これには事情があったの
でして^^

またまた、気を持たせるようですが、その事情とやらについては明日への続き
ということで。

よろしかったらヘミングウェイの「誰がために鐘は鳴る」の冒頭に
載せられるジョン・ダンの詩をわたしの別サイト「片言隻句でどぞ。
真ん中あたりにあります。

追:古い記憶をたどって記事を書いています。間違いがあったらご連絡いた
  だけると有難いです。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村