2006年5月21日
cominbriga

  ★写真はコニンブリガ焼と呼ばれるポルトガル独特の焼き物
   色は白地に青が基本。植物、鳥が描かれる


午後、突然息子から電話が入った。
いつの間にやら、ポルトから車では1時間ほど北へ上る、Braga市の近くの
Monte Alegre(モンテ・アレグル=幸せな山)という山間の町にいる^^;

今からリスボンへ帰る、途中ポルトで一緒に夕食をしたい、とのこと。
British school時代の1年上の友人の誕生パーティーが、
その山間の別荘であり、泊りがけで行って来たらしい。

「ほいほい」とポルトに到着するのを待っていたら、着いた息子、あらら、
あらま、4人組ではないの(笑)
みなリスボンから同乗してきた友人たち、近くにある毎土曜日に亭主と二人昼食する、
行きつけのレストランへ連れて行って来ました。

モンテ・アレグルは子供達がまだ小学生だったを遠い昔に、亭主の同僚の家族と一泊で
行ったことがあり、息子に聞くと覚えていました^^

さて、6人で食事中、話題がいつの間にか、日本のことになり、さすが若い子たち、
「もののけ」「千と千尋」「ハウルの歩く城」と宮崎駿のアニメから始まり、
少し古いドラマになるが、リチャード・チェンバレン、三船敏郎、島田陽子出演の「将軍」、
「ラスト・サムライ」から最近のハリウッド映画「さゆり」に話が及んだ。

この後、ブラジル移民の話から(ブラジルに戦前から移民として日本人が渡っていたことを
殆どのポルトガル人は知らない。彼らも初耳だったそうです)話題が展開、太平洋戦争に
行ってしまったのであります^^;

何ゆえ日本は戦争に突入してしまったのか。
日清戦争、ロシア戦争の二つの大戦で日本が勝利した歴史などは、ポルトガルの若者達は、
東洋の歴史でも学ばない限り知らないことが多い。

その辺りからの話は、いやいや、わたしのポルトガル語では、説明しきれるものではない^^;
ポルトガル語、英語、果ては日本語まで入れ混ぜ、今日は苦労しました。

でも、こと、こういう話に関しては、例えヘタクソな舌足らずのポルトガル語英語でも、
日頃自分がネットで拾い読みしている、日本の「教科書が書かない、教えない日本の歴史」
をもう一つの見方として、外国の人に聞いてもらえる機会です、逃がすものではありません。

どの程度理解してもらえたかな?
しかし、自分の国の歴史、特に戦前の歴史については、ある程度専門のポルトガル語力を
つけないとならぬ、と今日はつくづく感じたのでした。

勿論歴史感は人によって違うでしょう。歴史の真実は、一言でこれと言い切れない
ものです。過去の記録から、わたしたちは判断するわけですが、恐らくどの歴史にも
日の当たらない、隠された記録が絶対あるはずです。
そういう記録が、徐々に日の目を見ることにより、これまでの歴史観は覆されたりします。

わたしの話は、多々ある歴史観のひとつである、と付け加えることは忘れないように
しますが、こういう話に及ぶたびに、自分の語学力がないことに焦燥感を覚えてしまいます。

あぁぁ、もっと若い頭が欲しいなぁ^^;

はい、それで6人分しっかり払わされた亭主でありました(笑)

★ランキングクリックお願いします^^


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
ますます長生きモードね^^
息子くんのお友だちと一緒に食事なんて羨ましい!
(自分の財布が痛まないのであれば尚更!…笑)
若い人たちと話をすることは刺激になりますね。
spacesisさんの場合は、普段から若い生徒さんに接して
いるわけですが、私など、我が子以外の若者と語り合う
機会なんて殆どありません。
若い人々と常に接していると、それだけでも脳が活性化
されて、長生きできるらしいですよ~(^_^)

ポルトガルの若者が日本の映画をよく知っているのには
ビックリです。日本の若者はポルトガルの何を知って
いるかしら?
歴史について直接話すというのも、素晴らしい!
歴史を含めて互いの国を理解しあうことが、世界平和
への何よりの道と思います。
教科書・教育も大事だけど、こういう日常レベルの直接
の交流って、ささやかなことでもきっと心に残ると思うし…。

そう言えば、STAY JPのページに、注目のキーワードって
ありますよね。その中に「ワイン」の語もあったから
見たら、5件中4件がspacesisさんのブログ記事だった!
キーワードを、意識して書いたのかな?(笑)

今日は月曜。spacesisさんのデジカメ突撃隊の日ですね。
例の英国スタイルのデパートに行ったのかな?
報告、楽しみです(^_^)
2006/05/22(Mon) 23:08 | URL | ミセス・かんちがい | 【編集
かんちがいさん
宮崎駿氏のアニメはやはり人気があります。
フィルムだけではなく、マンガも「manga」ともうポルトガル語になってます^^

更に北野たけし監督の映画も、日本びいきの人は見逃しません。
「その男、凶暴につき」「菊次郎の夏」「花火」そしてしばらく前の映画では「doll」。
「花火」も「doll」も、色彩がとても美しい。「doll」は、浄瑠璃から近松門左衛門に及んで生徒たちと話します。

こういう話ができる相手がいることは、幸運でしょうね、わたし^^

それにしてもかんちがいさん、せっせとSTAYサイトへ足を運んでアクセスアップに協力してくれてるのね~~
感謝感激です!

注目のキーワード、知らなかった^^;
さっきチェックしてきましたわ(笑)
意識はしてなかったけれど、これからは
ちょっと意識してやってみよう!

ワールドカップも載ってましたね。
ねたは温めてあるのですが、ちょっとまだ早いかな、もうすこし迫ってからと思ってるの^^
cachecolも国旗も国歌もいくわよ~(w
ところで、行って来ました、例のデパート^^
ご報告は明日のブログで^^
うふふふふ^^






2006/05/23(Tue) 03:51 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村