2010年6月29日 

~っとっとっと!7時半にはパソコンに向かってメール処理をしているこの頃、
ですが、昨日今日と誤操作であっちにこっちに書きかけのメールを送ってし
まってます。

一度は猫が、二度目は自分がぼけ~っとしてて、私信ならいいが、これが
仕事がらみとなると、粗忽者丸出しです^^;
まさか猫がとは言えず、のところも、わたしついつい正直に告白(笑)

この人、大丈夫かしらん?と相手に思われているかも知れませんが、開き
直って、「お覚悟あれ~」(爆)

さて、こういう疲労感を覚えるときは、しばらくぼ~っと休息するに限る。
そこで、とても古いビデオをひっぱりだして見ました。

cebtenary1

「Centenary Revue 1899/1994=100年記念レビュー」とあります。
子どもたちが通っていたポルトの Oporto British Schoolにより1994年
に製作販売された記念ビデオですが、このビデオ、10年以上も行方不明になっ
ていたのです。

一時期、堪りすぎたビデオを思い切って整理したことがあり、いくら探しても
見つからないので、その際にうっかり捨ててしまったかと諦めていたのです。
それがなんと今年の1月に、10年ほど前に日本へ帰国したNさんから、

「ビデオを整理していたら、その中に紛れ込んでいましたの^^;」と本当
に申し訳なさそうに連絡があり、送られてきたのでした。

そうしてみれば日本人が少ないBritish School に息子さんが高校生で2年ほ
ど在校し、時々お付き合いしていたのですが、そのときに貸した記憶があり
ます。帰国時の荷物に紛れ込んでしまったのでしょう。

ビデオは、現在は数多くある在外British Schoolの仲でもヨーロッパで一番
古いといわれるポルト校の100周年記念あたり、2人の我が子たちが在校して
いた時期です。

1894年からの一世紀の世界の歴史的な出来事や音楽、ダンスを取り上げ
た約2時間のレビューです。
校庭にステージが設置され、幼稚園から12年生まで、全ての生徒がなに
かしらの役で出演できるように配慮されています。

1994年、ジョン・ボーイ14歳、モイケル娘8歳の夏、夕方からわたし
たちも観客席に座りました。

詩の朗読や、当時のイギリスにおける女性参政権獲得のデモ、第一次、第二
次世界大戦中の数々の歌、「We´ll meet again」「It´s a long way to
Tipperarly」(遥かなるティペラリ)なぜだかわたしがアサヒビアハウスで
よく歌った歌でもあるw 下記でこの歌を聴くことができます。言っときま
すが古い歌です。でもわたしは好きです^^

We´ll meet again

It´s a long way to Tipperarly

そして、出てきたのが懐かしき我が息子14歳。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

centenary2
ミュージカルで大ヒットした「ウエストサイド・ストーリー」、ジェット団とシャーク
団がかち合う有名なシーンを再現。カッコよかったぞ、息子(親バカ)
centenary3

この頃に、夫と2人相談してクリスマスプレゼントにエレキギターを与えたの
が運のつき^^;
音楽は今ではとうとう息子の生活の一部になってしまいました。

↓こちらは小2のモイケル娘で、「サウンド・オブ・ミュージック」の子供の
一人として、「ドレミの歌」を。
centenary4

ついでに、モイケル娘がもらった初めてのラブレターの送り主が映っています。
間違い字だらけのラブレターは可笑しいやら可愛いやら。
sentenary5

さて、今日のブログ、今日本vsパラグアイ戦をテレビで見ながら書いてます。
延長戦も終わりPK戦持込み。ねばってる日本!すごい!がんばれ!

・・・と、惜しかった!PK戦で負けはしましたが、今までにない日本選手の
戦いぶり、監督も選手もお疲れさまでした!

さて、今日は夕方からもうひとつの試合、ポルトガルースペイン戦を見ること
になるのですが、試合とブログ更新で今日の5時半からの日本語レッスンを
すっかり忘れ~~
今日は帰っていただきました。アンドレアさん、まったく申し訳ない!

火曜日金曜日はポルト大学で夜間日本語コースをとっている夫、
「今日は日本語、休もう!」・・・・

他にもそういう類の生徒がいると思われます。先生、いっそのこと休講にした
ほうが良かったかも(笑)

「I´s a long way to Tipperary」についてはこちら「あの頃、ビアハウス」でも
案内しています。
 
コメント
夢叶わず
サッカーの試合はじっと座って見ていられないし、特にこれといって日本を含めどこも応援していなかったワールドカップでしたが、今日の2戦に関しては、勝ってほしい国が明確でした。私日本人、旦那ポル人。子どもを真ん中にはさみ日本対ポルトガル戦を見たかった~。実はポル人旦那はフランスで育った事もありフェイバリットはフランス。ポルトガルは2番目です。彼の両親からはいつも裏切者と呼ばれています。そして現在イギリスに住む私たち。うちの息子はイギリスとか応援しちゃうのかしら。spacesisさんの息子さん、娘さんはどうですか。
2010/06/30(Wed) 06:07 | URL | chikako | 【編集
姐さま!気を確かに!
深夜の3時まで起きていたが、朝のニュースで
ポルトガルも負けたのを知った。
姐さま、落ち込んでいるだろうなと・・・?
がんばれ!日本とポルトガルと姐さま!
でも、今日一日気だるい日となりそうです。
2010/06/30(Wed) 09:12 | URL | ドッと疲労ちゅう! | 【編集
>chikakoさん

こんにちは!
家族の国籍がそれぞれ違うときは、ワールドカップの応援も
忙しいものです(笑)
でも、その分、ダブル、もしくはトリプルで楽しめるところがありますね。

今回の日本チームの目覚しい活躍にはポルトガル同様8強入りは
果たせませんでしたが、少し驚きでした。
今後の活躍が楽しみですね。

我が家の子どもたちは熱狂までは行きませんが、
日本にいて、ポルトガル、日本を応援していたようです。
ただし、仕事がありますので、夜遅い試合を
見るのは難しかったでしょう。

chikakoさんとこも、ワールドカップがあるたびに、あちこちの応援に
いそがしくなりますね!

>ちゅうさん

やっぱりなぁ、ポルトガル、肝心なときに・・・と予測していた
通りでござんした(笑)でも、好きです!

あの国歌の高揚感、ええわぁ~w
ブラジル国籍のぺぺまで歌ってましたっけ!
色々な国の国歌、聞きますが、ポルトガル国歌、いいと思いません?^^

君が代も厳かさがあり、これもまたよろし。
と、なんだか負け惜しみみたいに、国歌の手前味噌ですw

ついでにもうひとつ負け惜しみw
これでやっと落ち着いて仕事にとりかかれますわv-8


2010/06/30(Wed) 17:31 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村