FC2ブログ
2010年8月10日

jlpt2
 
ポルトの自宅で30年近く日本語を教えてきたが、日本語を教えることの楽し
さ、また、今更ながらではあるが、日本語そのものの奥深さを感じる近年だ。

数年前からポルト大学の夜間コースとして、日本語コースが設立され、知人が
教えているのだが、夫も昨年はそのコースを受講した。

週二回の夜間コースは、聴講生の生徒数も少なくないので、わたしの教室のよ
うに、個人レッスンであれば個々の能力に合わせ、また小さなグループレッス
ンであれば、なるべくオチこぼれないように指導して拾い上げていくことが
できるが、大学のコースとなるとそうはいくまい。
要は本人の勉強次第で、それこそが、真の日本語学習である。

どんな語学学習でもそうだろうが、ただ先へ先へと課を進めるだけではダメで、
「こりゃどうもアタマに入ってないことが多すぎる」などの場合は、ご本人に
「あぁた、このまま進めるわけには行きません。悪いけれどももう一度復習
する必要がありますが、いいですか?」と、ま、ある意味強制的に引き返さ
せることになる。

なぜなら、基礎ができていないとそのまま進めていっても意味をなさないし、
教えるこちらもちっとも楽しくない。

「今まで何べんこの言葉、出てきとんねん・・・・」
「この違いを、この間、面白おかしく説明したったやん・・・」
「あぁぁぁ、ほれほれ、この手の問題はもう何回となく出てきとるで~~」
と腹中思えど、口にはもちろん、顔にも出しませんです。
テストで点数を出して「はい、落第です」と言うわけにもいかないのが個人
レッスンである。

個人レッスンの場合、大いに忍耐が要るのであり、これはある意味「子育て」
にも似ている(笑)
子育てでやたらガミガミ言うは子が萎縮してダメだし、かといって、手綱を
緩めっぱなしだと甘やかすことになり、本人にとっては勿論のこと、後に
大きなとばっちりとなって、育てた側にも返ってくるわけだ。

「個人レッスンだと意外と楽じゃない?自分のペースで好きなように教えら
れて」なんて言う人がいたりしますが、とんでもない。事情を知らない人が
言うことであります。

かれこれ7、8年前になろうか、日本語学習者が達成感なるものを味わえる
のではないか?自分の実力を知る目安にもなるのではないか?また、
目的を持つことによって集中的な学習ができるだろうと思い、その数年前
から毎年、海外の準試験会場のひとつとして、ポルト補習校で日本人生徒
対象に行われてきた「漢字検定試験」に、我が日本語教室の生徒を送り
込むことにした。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

そうなると、漢字指導もしっかりすることになるのだが、漢字の読み書きは
日本語学習においては必須であり、これに対する興味のあるなしで、学習
が進むか進まないかになるのではないかと思う。漢字はいいから話し方
を教えて、という人も来たりするが、それではわたしは引き受けられない。
我が日本語教室では昔から一番最初に手をつけるのが「ひらがな」の読み
書きである。

こんな風にして漢字検定受験をしてきたポルトガル人日本語学習者の数も少し
ずつ増え、もちろん無理強いはしないが、そろそろ基礎ができたかな?くら
いの人に「こういうのがあるんだけれど、受験してみない?いっしょに勉強
しますよ」と声をかけてきた。
わたしの生徒の中には一昨年の漢検2級を受験し、見事合格した生徒もいる。
彼の場合は9級から毎年受験し続けてきたのであるが、まだ一度も日本へ行
ったことがない生徒である。

さて、このようにして、試験に向けてうろ覚えだったことを復習したり、受験
勉強で新たに知らなかった言葉を学べるいう刺激が受験にはあり、日本語
学習によい結果をもたらすことがある。

さて、この漢検に加えて今年はポルトガル初の「日本語能力試験=JLPT=
Japanese Language Proficienty Test」が12月初旬に実施されることに
なった。


これは、日本留学を目指す日本語学習者なら知っているであろう、国際交流
基金と日本国際教育支援協会が主催の「日本語を母語としない人の日本語を
測定し認定する」試験である。
1981年に開始されたが、2009年の受験者数は全世界で77万、規模
の大きな日本語試験となり、大学によっては留学生の資格のひとつとして、
「JLPT1級取得のこと」と求められたりします。

ポルトガルの日本語学習者は、これまでこの試験を受験しようと思ったら、
マドリッドかバルセローナまで行かなければならなかったのですが、今年、
日本とポルトガル日葡修好150周年記念にあたり、ポルトガルの日本語能力試
験実施委員会の尽力で、今年からついにポルトガル、ポルトにて受験できる
ことになった。

JLPT日本語での詳細は下記在ポルトガル日本大使館サイトにて。
http://www.pt.emb-japan.go.jp/jp/150anos_website/20100730b.html

また、ポルトガル語案内サイトは下記。
http://www.jlpt-portugal.com/

ポルトガル国内で日本語を教えていらっしゃる方、また日本語学習者を知って
いる方、是非、この情報を知らせてあげてください。各サイトで詳細は載って
いますが、おおまかな情報を書き出しまsu。



願書受付:8月1日~9月10日(9月10日在ポルトガル日本大使館必着)

願書入手方法: ・上記「JLPTポルトガル公式サイト」からダウンロード。
        ・ポルト大学文学部(Sector de Formacao Continua)
        ・在ポルトガル日本大使館広報文化班
        ・上記三つの方法が不可能な場合は、わたしの方に
         下記の英語版願書数部が手元にありますので、
         コメント欄、もしくはメールにてご連絡を。
jlpt1

受験日:2010年12月5日(日)
試験時間:2時間~3時間(受験する級による)
場所:ポルト大学文学部

試験内容:5級~1級(各級に併せた文法、漢字、語彙、ヒアリング)

受験料:50ユーロ





我が東京息子よ、おまえも日本で受験してみないかい?

おっと、大事なことがありました。
日本語を母語としない人なら、例えば、ポルトガルに生まれ育った日本人子女
も受験できます。

では、今日はJLPT=日本語能力試験のお報せにて。
関連記事
コメント
ご無沙汰しております!
ネットワークは、なんとか安定したみたいで夫婦とも喜んでおります~。
テクノロジーに頼りすぎていたな、と反省もしました、今回w

先日はお時間ありがとうございました ^^
とっても楽しい時間を過ごせてまた次回のタパスを楽しみにしております ^^

「腹中思えど」とおっしゃる部分、関西弁なのがわらえましたw
旦那はいつかspacesisさんと津軽弁でしゃべりたいそうです!
津軽弁の大ファンなのです ^^

私が以前住んでいたシンガポールでもJLPTをとっているシンガポール人が多かったのですが、私も受けるべきですねwww

個人レッスンって簡単とおもわれがちですがおっしゃるとおり実はかなりの忍耐力を要するし、体力もものすごく消耗するんですよね。
私も以前英語を個人レッスンで教えていたことがあるのですが、それはもう大変でしたw
私はその後きりのいいところでもう個人レッスンには手を出さないよう決断をしましたがw

なので続けていらっしゃるspacesisさんには脱帽なのです ^^
2010/08/12(Thu) 08:03 | URL | ピパーナ | 【編集
日本の若者に!
姐さま!
こちらに来て若い者に“正しい日本語の使い方”を教えてほしい。
そう言えば、こちらにいるお子達は
お盆休みとか、夏休みは取れるのかいな?
お盆休み前のちゅうは、開店休業。
セッセと来年用のカレンダーに使われる
イラストの修正をしています。
ウキ!ウキ!
2010/08/12(Thu) 09:27 | URL | 熱中症にごちゅう意! | 【編集
ポスターに!
あらためて見るポスター。
日の丸(日本)が良く漫画に出て来る吹き出しにも!
このセンス、そちらの方は分かっているかな?
2010/08/12(Thu) 14:07 | URL | 熱中症にごちゅう意! | 【編集
>ピパーナさん

ピパーナさんにはよくコメントしてもらっていたので、おかしいなぁと(自分じゃ
めったにコメントしないくせして~v-8)頭かしげていたのでした。
なにはともあれ、ネット回復、よかったでね!

うふふふ(なんだいそりゃw)、津軽弁に興味をもった人、
これで3人目だ~~(爆)とは言え、我が津軽弁も口に出さなくなく、
そして耳にしなくなってかれこれ45年以上、話すのは恐らくとまどって、
ぎごぢなぐなるがもすれね。(ぎこちなくなるかも知れない。笑)

勉強はどれも最終的には、本人次第なのですが、個人レッスンは
「お金払ってんのに~」の感覚で、なんだか先生の責任の問われ方が
大きいように思います。
週に1度でそんなぁ^^;なんですけどね。

わたしの場合、二度と手をだすまい!と決心したのは通訳です。
あ~ぁ、大変だった。遠い昔のことですが、今も思い出せば冷や汗かきますって・・・

Sr.Pipanoの日本語はどないしはりますのん?

>ちゅうさん

い、いや^^;その・・・^^; 
と汗かかせるな~~(笑)

正しい日本語とまでは行かないけれど、ごく普通のまともな
日本語が「きれいな日本語ですね」となると、考え物ですね。

わかもの言葉よし、タメ言葉よし。TPOで使い分けできれば
それにこしたことがないと思う。

でも、そうなると、今度は日本語学習者、今以上に苦労しまっせ(笑)
話言葉、書き言葉、敬語、丁寧語、男言葉、女言葉、と、今でも
学習者はぶつぶつ言ってますw
きっと音をあげるでしょうねw

モイケル娘いわく、
「おっかさん、内の社で年間有給を全部使う人なんていないのよ!」ですって^^;

じゃ有給ってなんでんねん、それ^^;
それでも、さすがモイケル娘、なんだかんだと結構有給をとっているようですが、
問題はぶっ続けてとるのが難しそ^^;
年末帰ってこ~~と言ってるのですがね。

ところで、ポスター、さすがアーティストのちゅうさん!気がつきましたね!
日本語学習者には漫画オタクが多いですから恐らくわかっているのでは?

カレンダーの注文、どっさりきたの?v-290
2010/08/12(Thu) 18:18 | URL | spacesis | 【編集
先日はお忙しい中、お会いする時間を作って下さってありがとうございました。
とっても楽しい時間を過ごせましたこと、夫婦共々感謝の気持ちで一杯です!旦那様にもどうぞよろしくお伝え下さいませ。

ブルカヌスのプログラムで日本に来ていた学生達は、強制的にこのJLPTの試験を受講させられていました。
語学の習得は本人の興味とやる気が一番重要なのでしょうね。様々なタイプのヨーロッパ人がおり、日本語に全く興味を示さない人も中にはおりました。
日本にいた当時は、彼らの行動を見て学ぶことが多かったですが、今自分が海外に住んで英語を勉強する環境となってみて、教育の方法も重要であるにしろ、いかにその語学を取得したいかの本人のやる気も必要なことだと実感しています。

様々な性格の生徒にあわせて日本語を教えていくのは大変なことですよね。
集団、個人レッスンに関わらず、人に語学を伝え教えていくことの難しさを記事から感じました。

資格は重要ではないとおっしゃる方もいらっしゃいますが、私はこういう試験に挑戦する過程がとても重要だと思います。
spacesisさんのおっしゃるように、試験に挑戦することで復習、さらには新しい言葉を学べる良い機会であるというご意見に私も同感です。

JLPT1級に挑戦する生徒さんの向上心を見習って、私も8月末のFCEに向けてひとあがきしてみます。(苦笑)
2010/08/12(Thu) 22:01 | URL | じょみー | 【編集
Boa noite ^^
やっぱり津軽弁ファンって多いでしょう ^^ 
津軽弁って、(失礼ながら)かわいいんですもの~ *^^*
今度は旦那にぜひ津軽弁でしゃべってください、喜びます~♪

JLPTのインフォ、旦那にも渡しておきました!
昔めちゃくちゃ取りたかった時期もあったようです。
そろそろ旦那は日本語、私はポル語の勉強を始めるべきかな~とは思っているのですがなかなか腰上がらず頭も動かずw

spacesisさんの生徒さんたちは長い夏休みの後のレッスン開始、楽しみにしていることでしょう♪
「むむむっ!!!」と思うことも多いかもしれないですが、生徒さんに感謝されることも多いお仕事と思います。
それを励みにがんばってくださいね ^_-
2010/08/13(Fri) 05:35 | URL | ピパーナ | 【編集
いえいえ!
ある企業の来年用カレンダーにコンペでちゅうのイラストが選ばれたのです。
ちゅうを含めて5人のアーティスト、内4人が外国でも著名らしい作家(正に作家!)で、イラストレーターはちゅうだけと言う事だったのですが、推薦してくれた担当者もビックリの結果だったのです。
で、ただいま本番用の手直しをウキウキ!作業中だす。
「将来」が分かると俄然張り切るちゅうです。
いや、「将来」を「報酬」と置き換えた方が良いかもね!v-8

2010/08/13(Fri) 14:09 | URL | 熱中症にごちゅう意! | 【編集
民間資格は‥よぉ解りましぇん
不勉強で日頃、間違った日本語ばかり使う身には【漢字検定】の一文字漢字?は、慌てて仕舞う‥柔には参りません、ですぅ。

受験料(5500円)50ユーロで、ピッタシ!でしょう、か。生徒さんの奮闘努力の効験を願ぉとります。

こちらは【BON】です。正に光陰矢の如し。
2010/08/14(Sat) 02:23 | URL | がっぱ | 【編集
I think keeping peace is not a piece of cake.
お疲れ様であります(^^)
個人レッスンについてのご意見参考になります。
あっしの方は語学でなくギターですが
専門学校での講師経験や
友人に個人的に教えたりの経験があるので
ちょっとはわかります。
おっしゃる通り忍耐の一言だとやっぱり思います(^^;)

こちらの教室の方は
まだ、整理やらHPづくりやら雑用など
色々とやらなければいけないことが沢山あるのですが
ようやく落ち着いてきた感じであります。

あすは終戦記念日です。
毎日お寺と神社へ参拝へいっているのですが
とくに明日は襟をたださないといけないなぁーと
思う所存でございます(^^)
2010/08/14(Sat) 20:03 | URL | 松浦(ぎたれれ) | 【編集
>じょみーさん

こちらこそ!久しぶりの日本語会話で少ししゃべりすぎました^^;
お二方のお連れたち、ほんまよぉしゃべるおばはんと思ったことでしょ^^;

あっという間のひとときでしたね。
こういう機会でもないと、積極的に若い人たちの輪に入っていかない
ところがありますので、こちらこそ、今後ともよろしくお付き合い願います。

じょみーさんもFCE、がんばってください!

>ピパーナさん

英語が母国語のようなピパーナさんは、ポルトガル語、きっと早く
習得できますよ^^ それに若いし^^

ポルトガル語、英語、日本語ができれば仕事も可能です。
だんなさまはポルトガル人ですから、将来のことを思えば、
ポルトガル語は早いうちに取り組むべし!
子供でも生まれてごらんなさい、もう自分の教育に時間も
お金もなくなりまする^^;

ポルトガル語も日本語もポルト大学夜間コースにあります。
がんばれ~~。

>がっぱ殿

受験料50ユーロはポルトガル人にとっては安いものでは
ありません。もうちょっと安く設定していただきたかったのですが、
そんなわけにもいかないようです。

漢検、今のところわたしも勉強する時間がとれず、準一級、そのまま
ほったらかしになってます^^;

お盆のご先祖墓参もほったらかしになってますわ^^;


>ぎたれれ君

なんでも教えるということは並大抵ではないということですね。

ギター教室は秋から本格的に始まりそう!
口コミであちこち広まりますように!

今年も首相の靖国参りはないそうです。
無理にしてもらわんでもええけど、日本は不思議な国やわ、ほんま(笑)

民主のみなさんにはもういっぺん、歴史を勉強しなおしていただきたい。
って、もう頭に刷り込んでしまったことは簡単に変えられんのでしょうね。
自身を過信するのも問題ではあります。
ほんま、どこの国の政府やねん・・・と思われます。

近頃はもうあの顔、かなわんv-293なんとかしてくれぃw
2010/08/15(Sun) 01:30 | URL | spacesis | 【編集
>ちゅうさん

コメレス、忘れた^^;

ちゅうさん、すごいじゃない!
ポルトのJWのイラスト、わたしが担当だったら
ちゅうさんにお願いするわ^^

それともボランティアでする?爆
ジョーダンだよ~v-8

お仕事、がんばってください!
2010/08/15(Sun) 01:41 | URL | spacesis | 【編集
こんばんは☆
> ポルトガル語は早いうちに取り組むべし!
>子供でも生まれてごらんなさい、
>もう自分の教育に時間もお金も
>なくなりまする^^;

わははw 確かにそうですねwww

ポル語少しずつがんばってみます ^^;
ほんまに少しずつ亀の速度で、ですがw

旦那はJLPTを受ける「覚悟」をした模様ですw
でももともと(私と違いw)勉強好きなので、彼にとっては嬉しいことみたいですw

見習わないと・・・ ^^;
spacesisさん、ぐーたらな私の背中を押し続けてください~w
2010/08/15(Sun) 04:58 | URL | ピパーナ | 【編集
>ピパーナさん

大丈夫!どんなノロ亀もこのわたしには
かないませんて(爆)

ところで、ん?Sr.Pipano、今年受ける?
2010/08/15(Sun) 07:52 | URL | spacesis | 【編集
試験・・・
受けるようです、ピパーノ!
めちゃくちゃテンション高いですw

私もポル語の勉強をし始めました。
マイペースでのんびり ^^;
spacesisさんのポル語講座も参考にさせていただいております ^_-
2010/08/16(Mon) 09:38 | URL | ピパーナ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ