2010年9月11日
 
9月11日の無差別同時テロ事件から9年がたちましたが、あの日テレビで
流された映像には茫然としてしまい、あたかもアメリカ映画の1シーンを観
ているようでした。

それがニューヨークの現実の出来事だと納得するのにわたしは少し時間が
かかり、自分や子供たちがこれから身を置く21世紀に大なる不安を覚えた
ものです。

宗教の対立は今に始まったものではなく、西洋の歴史をたどるとユダヤ教、
キリスト教などは2000年も昔から根深い対立があるのが分かります。

わたしの住むイベリア半島も8世紀から「イスラム教徒からの国土奪回」と
した、キリスト教徒のレコンキスタ運動が何世紀にも渡って繰り広げられ、
13世紀になってやっと治まるという、まさに血みどろの宗教戦があったの
ですが、一神教の持つかたくなさのぶつかり合いとも言うのでしょうか。
宗教と政治が絡むからこそでしょう。

キリスト教にも、「汝、殺すなかれ」「隣人を愛せよ」の教えがあるに拘わら
ず、中世には自分たちと相容れない宗教を全て異端教と称し厳しい迫害をした
歴史があります。その代表的なものが、キリスト教のシンボルである十字の
名の下に、エルサレムを占領したイスラム教駆逐。その後、ヨーロッパ全土で
一時期大きな勢力を持った「テンプル(聖堂)騎士団」も、政略で撲滅された
のですが、このような宗教対立が21世紀の今も、未だに繰り返されている
のかと思うと、救いようのない思いにとらわれます。

遥かな昔から今も!です・・・・

その点、仏教はと言うとウユダヤ教、キリスト教、イスラム教キリスト教のよ
うな対立は見られませんが。仏教とて内部紛争の歴史があります。
人間を正しき人たるに導かん宗教がこうですから、宗教戦は神のなす業でなく、
人間のなすことだと、わたしには思われます。

幸か不幸か特別にこれといった宗教を持たないわたしは、過去の哲学者たち
の言葉をヒントに生きることを学んで行きたいと思っているわけですが。

「spacesisさん、半分棺おけに足をつっこんでるその御歳で、生きるを学ぶ?」
なぁんて聞くなかれ、笑うなかれ(笑)

さて、真面目ぶったプロローグは終わりにしまして。

先週金曜日じゃメール処理で今までにないほどくたびれ果て参りましたぞ。

それですから、昨日の土曜日の日本語教室は、かろうじて働いてきた感じです。
何しろ、先週のカフェ日本語レッスンを挽回しなければいけませんでしたし。

教室終了後、本当は昨日の土曜日午後は補習校でのギタークラブがあったの
ですが、とても行けませんでして、さぼりましたです。

で、夫がダウンタウンまでやってきてくれ、久しぶりにドウロ河岸でデートで
す。考えてみれば自分の日本語教室とJapan Weekのお手伝いとで忙しくしてお
り、この数ヶ月、大好きなリベイラはおろか、ポルトの街の光景を写真に撮る
ことすら無沙汰をしておりました。

土曜日は雲ひとつない青い空、しかしどこか霞がかった空気でした。
ドン・ルイス一世橋も捉えて見ました。絶景かな絶景かな。

カイス1
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

「いいねぇ、メトロが橋をゆっくり渡ってるし^^」と夫と話しながら、ふと
下に目をやると、おろ?目新しい物が写真アングルに入りました。↓
カイス3

これは、数年前から計画されていた、Cais de Gaia(ドウロ河岸ガイア市側)と
写真右上に見える丸い屋根を持った「Serra do Pilar」までをつなぐ小型ゴン
ドラ「Teleferico」です。下はその右横で建築されている箱型ステーション。
カイス2

あと数ヶ月もすれば、下の写真のような光景がこのカイス(Cais)で見られる
のですが、光景、損なわれないかな?といささか気になるところです。
カイス4
この画像のみWikiから借用。

ドウロ沿岸ガイア側は、この10年で観光化に力を注ぎ、プロムナードが整備
され、一帯はたくさんのレストランが立ち並び、ツーリストだけでなく、週末などは
多くの市民も足を運ぶにぎやかなスポットですが、対岸の古きままのポルト・
リベイラにわたしは愛着を感じます。

リベイラ
真ん中で空に突き出ているのが、18世紀にイタリアのトスカーナ地方から
ポルトにやってきて、北部で多くのゴチック建築を残し、わたしが追っかけを
してもいる、ニコラウ・ナゾニが作ったクレリゴス教会のクレリゴス塔です。

とまぁ、最後はごひいきポルトの話で終わるわけですが、よろしかったら下記
で、リベイラの哀愁をあますところなく歌いこんだ、ポルト出身の歌手、Rui
Veloso(ルイ・ヴェローゾ)の「Porto Sentido(Porto Blues)」、わたしは
「哀愁のポルト」と勝手に邦訳しているのですが、お聴きのほどを。

Porto Sentido by Rui Veloso

東京息子よ、モイケル娘よ、ポルトもおっかさんもおパパも待ってます。
コメント
初めまして!フロイド
spacesis様
はじめまして!
1ヶ月くらい前から、ブログにお邪魔してしてますフロイドと申します。たくさんの素敵な写真、ユーモアたっぷりの素敵な文章を愉しく拝読させて戴いています(^0^)関東、神奈川からです。猛暑の日本もようやく、昨日辺りから朝夕、涼しくなりました。今年のこの暑さには、日本に住んでおられる息子さんも、お嬢様も夏バテだったのでは?
ポルトガルに興味を持ちましたのはロンドンに住む娘のところから、暖かくて近い・・・を探していましたところ、ポルトガルに、、ということになりまして11月初旬に行く事に決めました!これからも、時々、お邪魔させて戴きます!宜しく(^0^)
2010/09/14(Tue) 07:05 | URL | フロイド | 【編集
おひさしぶりです!
こんにちは!ポルトの写真、懐かしく拝見しました。

そう、先日イギリスに戻ってきたんです。(ポルトから車で8日かけて旅行しつつ戻りました)北上するに従って、天気が悪くなり、寒くなってきて、いやな予感はしておりましたが、こちらは、もう完全に夏も終わり、ポルトガルでの太陽が思い出せないほどです。(長袖、セーター必須です。しかも毎日のように雨。最高気温が18度くらいです)

ポルトは今日も天気が良さそうですね。とてもうらやましいです。ここにいると天気のせいで気分もめいってしまいます。

また遊びにきます。懐かしいポルトの話や写真をこれからも楽しみにしています。
2010/09/15(Wed) 02:32 | URL | ルチア | 【編集
いかん!いかん!と国から便り
そっか!ドウロを渡るのでは無く「sumo cais」の少し下流から「セニョーラ・ド・ピラール修道院?」を結ぶんです、か。リベイラ側を見せるには良さそうです、が、リベイラ側からは非常に目障り(p_-)。佇まいと言いますか、趣が変わります。

夕暮れ時が実に美しい修道院。近くに在るヤツは、軍の駐屯地?下は「CALEM」‥寝ます(=_=)。

2010/09/15(Wed) 03:08 | URL | がっぱ | 【編集
>フロイドさん

初めまして!レスが遅れてごめんなさい。
拙文を読んでくださってありがとうございます。

ロンドンに住むお嬢さんをお持ちとは、共通の話題がありそうですね^^

11月初旬にいらっしゃるとのこと、お嬢さんもご一緒ですか?

こちらのサイトでは、ポルトガル専門に案内していますので、
よろしかったらそちらもどうぞご旅行のご参考になってみてください。

拙いブログですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします^^

>ルチアさん

もうイギリスですか!
しかし、8日間かけて横断とは!v-291

ポルトは今日もいい天気です^^
暑くもなく寒くもなく、山火事もなくなりホッとしています。

イギリスでじめじめしているときは、よかったらこのブログを
覗いていただき、ポルトガルの青い空を懐かしんでいただき
たけたら嬉しいです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

>がっぱ殿

そうです。Serra do Pillar 修道院は現在、軍の駐屯地に
なっており、古い大砲が備え付けてありますです。

ここに登って眺めるリベイラ一帯も最高です。
そういえばしばらくあそこからの写真を撮っていませんから
今度出かけて撮って来ましょうか^^

考えてみると、リベイラ側、なんだか損でござりまするな・・・

あのゴンドラがレストランが建ち並ぶ上を行くんです・・・
で、夫と「ねぇ、あれが開通したらあの辺のレストランに入るの、
やめましょうね。」と話したのでしたv-23
2010/09/16(Thu) 23:25 | URL | spacesis | 【編集
このゴンドラ・・・
ポルトに来た当初からずーっと工事の行方が気になっていたんですがどう考えても素晴らしいあの景色を損なうものとしか思えないです!!!
大反対!!! き~!!! 怒

少し前まではなかったポルト側の大きな看板、SEATもおろせ~!っていつも怒ってますwww

観光客寄せなどと言った理由で古き良きポルト・ガイアがつぶれないといいですね。
2010/09/18(Sat) 06:54 | URL | ピパーナ | 【編集
>ピパーナさん

あ、やっぱりそう思いましたか?
「ポルト側の大きな看板、SEATもおろせ~!」(笑)

わたしは、市庁舎前の「Hyndai」のでかい宣伝、おろせ~~~!と
怒ってたのでありました(笑)
やっとなくなってた^^

それで、素敵なものを今日は市庁舎前でみてきましたよ^^
後で記事、載せます^^

ガイア側は昔はほんとにうら寂しいカイスだったのです。
観光客の目当てはあのリベイラの景色とワインケイブのみ。

ですから地元の人たちはあまりよりつかなかったのです・・・

あまりにも観光化されるのもどうかなと思いながら、
人が来ないことには成り立っていきませんものね。

ただ、ポルト側はリベイラも含め旧市街一帯が世界遺産指定区域
になっているので大丈夫かな^^

ところで、11月のJWの時期はポルトに?
2010/09/19(Sun) 07:16 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村