2010年9月21日

気球3

   
民主党の代表選、新内閣発足、沖縄・尖閣諸島での中国漁船衝突事件と、
Japan Weekの連絡仕事に追われている間に、祖国を取り巻く事情は刻々と
変わっているではないか。

漁船衝突事件など、元来が尖閣諸島に領有問題はなし。隣国の脅しに
ひるむな!とわたしは密かに檄を飛ばしています。
以下、Wiki情報です。

1895年、日本政府は「いずれの国にも属していないことを確認したうえで
尖閣諸島を沖縄県に編入した。1971年まで日本の「領有権」に異議を唱えた
国は存在していない。
尖閣諸島防衛協会発行の尖閣諸島写真集には中華人民共和国発行の社会科
地図で、地下資源が確認される以前の1970年の南西諸島の部には、はっきり
と"尖閣諸島"と記載され、国境線も尖閣諸島と中国との間に引いてある。

しかし、地下資源が確認された以後の1971年の南西諸島の部では、尖閣諸島は
"釣魚台"と記載され、国境線も日本側に曲げられている。
では、その頃に何があったかというと、1969年および70年に行なわれた国連に
よる海洋調査で、推定1095億バレルという、イラクの埋蔵量に匹敵する大量の
石油埋蔵量の可能性が報告されでいる。


隣国の狙いがこれだというのは、この事情を知っておれば誰の目からみても
一目瞭然。国際法もなにも○○食らえのお国柄に、今まで弱腰外交を続けて
きたツケがきっちり回ってきたということだ。
自分の権利を主張せず、履行もしないで「まぁ、ええがな」といい加減にやり
すごしていると、「既成事実を作ってしまえばこっちのもの」とばかりに
やられ、必ずや後悔することになるのである。

わたしは、あの権利この権利となんでもかんでも権利云々にこぶしを振り
上げるタイプではないが、人間としての基本的な権利は大いに主張したい。
国際社会でもそれを主張することは先進国としての重要なポイントでしょう。

ところが我が祖国ときたら、隣国との摩擦云々で一時が万事あたらず触らず。
そのうち時がたてば何とかなるやろ、なぁんていい加減になおざりにして
来るからこういう事態を招くではないか。
「尖閣諸島は元々はわが国の領土だった、沖縄も元はといえば、我が国のもの
であった」と隣国がついに言い始めたのである。
そのうち、「九州ももとはと言えば」と平気で歴史改ざんする日がきっと来る。

そう思うと、遠国にいて、いてもたってもおられず、心臓がバクついて
くるのであります。
徐々に徐々に侵食され、気が付けば時遅し!日本よ、しっかりせぃ!

ん?spacesisサン、話が表題とまったく違ってる?大丈夫かって?・・・・
っとっとっととっと。こんなことを書くつもりではなかったのですが、勝手に
指が~(笑)

さて、Japan Weekまであと2ヶ月を切りました!
この2週間の忙しいのなんのって、日に30通近くのメールを書くことも
あり、毎日日本語作文と英作文でヘトヘト気味だす^^;

日本語教室、全部休みにしちゃえ!なぁんて思わないのが、自分でも
不思議です(笑) それをしたら大分楽になるかも知れませんが、日本語は
Japan Weekから離れた仕事で、自分の性に合っているのだと改めて
感じたのでした。

忙しい中、ポルトガル人の生徒たちと接することで、結構気晴らしに
なっているのです^^ 今のところは、自分の作ったマニュアル通りに
進めている授業ですが、本来は、マニュアルを利用するものの、常に
新たに楽しい方法がないかと、探って新教材を作るのを楽しみます。
が、後2ヶ月は、生徒さんたちに辛抱していただきましょう。

さて、表題のトピックです。

先週土曜日の日本語塾のあと、教室として借りている「Aスタジオ」を出て
アリアードス大通りに入ろうとすると車進入禁止になっており、数人の警官
が立っておりました。

ん?何かあるのだな、と思い、大通りに入るや、目に飛び込んできたのが
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

これ!いや、あれ!↑トップの写真にある青い気球です!尖閣諸島の
ぐだぐだを読んだので、忘れたかもと思い、もう一枚、下にハイ!
気球1
ポルトガルの青い空に負けないきれいな青色の気球です。

早速、日本語教材が入った手提げをあちこち地面を置きながら、パチパチ
しょぼいデジカメを使って写しました。
しょぼいのは、我がデジカメの一部、セロテープを貼ってるんですってば(爆)

気球2
時々、ボワー!とバーナーの火が出ますから、これは熱気球ですね。

で、すぐ側には万が一のためと、ちゃんとこんな車が控えておりました.
気球4

こうして写真を撮っていると、あらら!なんとまぁ可愛いミニカーが目の前を
ス~ッと通り抜けていくではないか!ちょ、ちょっとまて~ぃ、と手提げかばんを
抱えて、後を追っかけパチリ。
ミニカー
 
どうやら、市庁舎前の大通りを利用したエレクトリックミニカー・フェスティバル
のようで、下の ミニカーもいけるでしょ?
ミニカー6
これだったら、70過ぎたら乗ってみたいかも^^撮影に夢中で
値段を見てくるのを忘れちっち。

ミニカー4
こちら、「100%電気!」と書いてあります。

ミニカー3
見てください。充電してますぞ(笑)↑↓
ミニカー5

そしてこちらも同じく電気で走るバイク。
バイク1

赤いのなんぞはわたしの好みであります。バイクというよりスクーターに
なるのかしら?
バイク2

こんな赤いスクーターを見ると、ローマを舞台にトロイ・ドナヒューとスザン
ヌ・プレシェットが恋に落ちてローマを回る映画「恋愛専科」などを思い浮か
べてしまうわたしは、時代が違いますかなw

お時間のある方、懐かしいなぁと思われる方は、下記でどぞ。
映画のワンシーンで主題曲「アル・ディ・ラ=ずっと遠いところで」が聴けます。

今日も長いブログを読んでいただきありがとうございます。
コメント
いいな~!
毎日が発見の喜びで飛び跳ねていますね。
昨夜BSフジで、ポルトガル特集をしていました。
リスボンから北に上がりポルトまで。
良い国、よい街ですね!
早速DVDに保存しました。
将来?尋ねるためにネ!
中国の発言、憤慨しています。
日本の領土の証拠もあるのに!
(昔、尖閣諸島付近で難破した中国の漁船を助けた島に住んでいる日本人に感謝状が贈られていて、そこには日本国尖閣島云々と明記してありました。)
当時の小平も『日本の援助が無ければ今の中国は無い!』とまで言わせしめているのに・・・!
礼節と恩義を感じない国なのね!?
ちゅうも、苦々しく思っているので「嘲笑、冷笑、失笑」を込めたブログを!
2010/09/22(Wed) 09:21 | URL | 本日テニスちゅう! | 【編集
>ちゅうさん

行った、見た、読んだ!

ああいう風に書くのは才能が要ります。
さすがちゅうさん!
後で、取り上げさせてください。

ちゅうさん、将来なんて言ってないでこの数年内に
来ないとわたしの体力がもたないかもよ!
本当はJWに参加してほしかたわん・・・
2010/09/22(Wed) 18:43 | URL | spacesis | 【編集
へえ!
お仕事、Japan Weekの準備といろいろお疲れさまでございます!

これはこれは、残念、見逃してしまいました!
気球見たかったです~。

電気自動車もなんだか充電とか見てると面白かわいいですねw

ミスター・ビーンのミニを思い出し、これなら誰でもすんなりどこでもぱぱっと駐車できそうですねw
2010/09/23(Thu) 09:12 | URL | ピパーナ | 【編集
>ピパーナさん

Mr. Bean!懐かしいですね。
我がモイケル娘がよく楽しんでみていました。

わたしはといえば、もうちょっと品があればええのに・・・v-292
と思いながらもついつい見てつられてモイケル娘と
一緒になって笑っていましたw

縦列駐車の苦手なわたしにも合いそうです^^
2010/09/26(Sun) 07:08 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村