2010年10月9日 

またもやブログが5日も空いてしまいました^^;

昨日は突如として、市から「日本語ポルトガル語を照らし合わせたいから翻訳
を手伝ってくれ」とのお呼びがかかり、昼食もそこそこに、「ええのんか、
こんなわたしでも@@」と思いながら雨の中、出かけてまいりました。

なに、1時間くらいで終わるだろうと高をくくって行きましたら、終わったのは
夜も8時過ぎ・・・・参った参った! ついに夫から、
「オ、ドナ・ユーコ(ユーコさん)、今帰宅したんだけど、君、いったいどこ
なの?」と携帯に電話。 しまった!市庁舎の一室で担当者とパソコンべった
りで取り組んでいたもので、夫への連絡も忘れていたのでありましたw

なぁんて書きますと、
「すごいじゃない!spacesisさん!」と皆さま思われるでしょ?(爆)

話すのと書くのはからっきしダメですが、読解はなんとなくイケる(笑)
それで、広報担当のM嬢がポルトガル語で読み上げながら少し手を入れて
タイプするのですが、こちらは日本語原稿を手にして、
「うんうん。それでいいと思う」とか、「そういう意味じゃないと思うぞ」
とか、「ここは要らんのじゃないのかなぁ。だって説明なしではわかりません
ぞ。説明を入れるとプロフィールが長くなりすぎて、困りますぞ」とか、言い
たい放題w
その類の翻訳物が10枚で、さすが、終わる頃は二人ともぐったりでした。

いやぁ、翻訳はほんとに難しい!特に独特の文化を持つ日本語からポルトガル
語に翻訳するのは、エラいことだなぁと、今回つくづくその難しさを思い知っ
たのでした。

そんなわけで、日本語教室と両方で忙しくて悲鳴をあげそうですが、本番の
11月20日まで後41日だ!
少々早いとは思いながらも、一人カウントダウンを始めました。

さて、毎度のことですが、再びポルトの夕暮れ時です。下の写真は撮影した場
所が誰でも入れる場所ではないだけに我ながら格別な作品だと一人悦に入って
おります。

ポルトの夕暮れ

今回の手伝い仕事の関係で、とあるホテルの6階ミーティングルームの
テラスからの眺めで、ポルトの町並み全体を眼下に、今日が沈もうとして
いるところです。一等抜きん出ているのは、ご存知クレリゴス塔。

この塔はわたしが、追っかけをしている18世紀のイタリアの建築家「ニコラ
ウ・ナゾニ」の建築です。ポルトガルの塔の中でも一番高いと言われます。
クレリゴス塔については、あまりにも有名なので、えらそうに偏屈にも長年訪
れることをしなかったのですが、数年前にひょんなことがきっかけで塔を上る
羽目になったのでした。

そこで今日は、その時の記事をこちらにアップいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー


ポルト・クレリゴス塔(Torre dos Clerigos)


ポルトガル現代作家Torgaをして、塔頂上ベランダからの街の展望を
「絶景なり」と言わしめた、優雅で調和のとれた美しいクレリゴス塔。
てっぺんまでの階段は255段。リベイラから眺めるポルトの景色でも、一際
目立つポルトの象徴です。
筆者、多少高所恐怖症の感がなきにしもあらずで、2007年10月に
上って来ました。

クレリゴス塔5

世界遺産地区、旧市街中心に位置するクレリゴス塔は1763年に完成。
地上6階、高さ76メートルの花崗岩でできた、ポルトガルで一番高い塔です。
夜はライトアップされます。

クレリゴス塔225階段を登る

クレリゴス塔2 クレリゴス塔3

左はクレリゴス塔頂上への階段入り口。薄暗い中、上るに連れて明るくなるが、
     階段は右写真のように狭くなる。

クレリゴス塔4 クレリゴス塔6
塔頂上は狭い空間だ。  頂上から見えるクレリゴス教会の屋根。
            礼拝堂は八角形になっているのが分かる。

Paisagem
頂上から見たドウロ川方角。中央にかすかにドウロ側が見える。

クレリゴス塔8
こちらはドウロ川と反対方向旧市街の一部。右側に市庁舎の時計台が見える。

インフォメーション
Torre dos Clerigos (クレリゴス塔)             
 開館時間:月~土 9:00~12:00 15:30~19:30   
        日  10:30~13:00 20:30~22:00
 入館料:2ユーロ(変更している可能性あり)
     

さて、このクレリゴス塔に登る羽目になったきっかけはこちらです↓
      クレリゴス塔に這い登った!」
コメント
ご苦労様です。41日e-351
2010/10/10(Sun) 01:56 | URL | momonwanko | 【編集
>momonwankoさん

まだまだ、大変な日が続きそうですねぇ^^;
いやぁ、もうもともとたいして切れない頭、
もうろくしそうです~(爆)
今日一日が終わり、後40日!v-290・・・、
だけど、仕事がやまほど~v-399
2010/10/10(Sun) 08:06 | URL | spacesis | 【編集
Should I sing you've been a hard day's nite?
お久しぶりでございます。
相変わらずのご多忙ぶりに頭が下がる思いであります。翻訳という仕事は本当に大変そうですね。最近私もYoutubeに自分が演奏したものを掲載して紹介文の部分を日本語と簡単な英語にしているのですが英語の方がなかなか難しいです。まぁこれは学校行っていた頃に真面目に勉強していなかったつけなのかもしれないので甘んじて受け入れるしかないのかなと思いつつ、いやいや人生これからまだまだ長いと考え直した瞬間、life is very shortとビートルズの曲がかかったりして複雑な日々であります(^^;)

夕暮れの写真いいですね!実際に見るともっといいのでしょうねー新婚旅行はポルトガルに行こうかな~って相手がまだいないですけどね(^^;)

それはそうと、こちらはHPやブログをあいかわらず試行錯誤していましてようやく落ち着いてきました。リンクして下さっているブログのURLが変わりましたのでお手数ですが変更してくださると幸いであります。現在はこちらになりました。しょっちゅう変更していて申し訳ありません。

http://blogs.yahoo.co.jp/btthd801

youtubeの方はこちらですので時間がもしあれば(多分忙しいのでないと思いますが)ぜひ見てみて下さいませ。
http://www.youtube.com/user/matsuura448

Abusolutly I believe your success. have a good day !
ではでは(^^)
2010/10/10(Sun) 09:06 | URL | 松浦(ぎたれれ) | 【編集
ぎたれれく~~ん!

おひさ!もともと低音の声が数日前からさらにハスキーがかり、
疲れからかな?と思ってみたり^^;

コメントはいれませんでしたが(すまん!)ご案内いただく前に、
お~!がんばってるじゃん!と、ぎたれれくんの動画、みてましたぞ^^

教室運営は軌道にのるまで時間がかかるものです。
わたしも日本語の方、「おこづかい」でなくなったのはここ数年前から。
コツコツ始めて口コミで生徒さんが増えるのに
20年近くかかりました。
生徒さんは意外と気まぐれなものです。それを引き留める何かを
特徴に出せる教室になりますよう、願っています。

乗ってしまったJapan Weekの船、まさにhard days & nights!
でもあと39日が終わったら、またもとの大好きな「ずっこけ
日本語教授」の生活に戻り、我が船を漕いでまいりまする^^
Row row row your boat
Gently down the stream
Merrily merrily merrily merrily
Life is but a dream

新婚旅行、わたしがおっちんでしまわないうちに、おのきれいな
風景を見においでくだされ^^
教室、ばんばれ!
2010/10/10(Sun) 17:58 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村