2010年10月18日 

goro
お前の手を借りたいよ!

さてもさても、Japan Week 2010 in Portoまで一ヶ月!毎日が目まぐるしい
サイクルで動いており、歯が痛くなったり、胃が痛くなったりと、ぜぇぜぇ息切れ
してガソリンが切れてきた情けないspacesisであります^^;

こ、これはイカン!と、カナダでの国際会議から、昨日の朝、夫が帰国してきた
のをキッカケに、数時間頭を休めることにしました。さもなくば、朝から深夜まで
パソコンを前にしてメール処理に始終することで終わってしまいます。

そうして、落ち着いて読書などに気が向くはずがないのは分かっておりながら、
なんか、さっと読めるものはないかと本棚に目をやりますと、ふと目に留まった
のが、長い間放ったらかしのままの我が日記、いや、年記、いや、数年記か(笑)

まぁ、ブログが日記になるのですが、やっぱりここには全部は書けませんや(笑)
日記はわたしにとっては、ダメな己と向き合ってなんとかしようとあがき、解決の
糸口を探る手段であります。
「よくもまぁ、あぁだこうだと書いたものだ」と、我ながら少し感心しながらパラパラ
ページをめくっていくと、

「地球は人間だけのものじゃない」

で始まる自分の20代後半に綴った数行を目にして、あれ?どっかで聞いたこと
があるせりふだぞ?と思った。

がーーん!
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー
鳩山前総理の「日本は日本人だけのものではありません」じゃん!
おいおい、頼むぜ。

ある小さな事件を発端に、やるせない自分の思いを綴ったものだったのです。

もう30数年も昔の日本でのことです。元検察官、裁判長だったという変なおじい
さんの家に、ひょんなことから下宿することになったのですが、リッパな一軒家の
リッパな庭のあるお宅ですから、野良猫がよく通りかかるわけです。
で、動物好きのわたし、えさをあげてしまいましたです。

すると、
「餌付くと困る!ねこはどっか遠いところへ持っていった捨てて来い」と、くだんの
じいさん、言うわけですよ。

捨てるっつったって、まだわたしの猫じゃないんだ。お天道さまの下を自由闊達
に闊歩する自由な猫なんだ。
「どっか遠いところに」って、そりゃ、じいさん、自分とこからいなくなりさえすりゃぁ、
目につかなくなりさえすりゃぁそれでいい、と言ってるのと同じやん!元裁判長が
なんでやねん!(裁判長とは厳しいお仕置きをするが温情でもあると思っていた
当時のことだ)

と思ったものの、下宿人の哀しさで、口には勿論出せませんでしたです、はい^^;
その時のやるせない思いを書いた日記の1ページでした。

でまぁ、今もその頃とたいして変わりない思いを猫や犬には抱いているのですが、
それが仇になり、とうとう5匹の猫たちと我がフラットに同居する羽目になって
しまったこの10年ほどです。

夏が近づくと、イースター休暇が、クリスマス休暇が近づくと、それまで猫に
ついて不満を全く言わなかった夫が、決まってブツブツ言い出すのです。

「猫のせいで、どこも泊りがけで行けないではないか。ブツブツブツ・・・」(笑)

そういうときは、聞こえなかったふりして、す~~っと場をはずすテクニックも
板についてきたわたしですが、毎晩こんな差し入れをしている。

comida


「差し入れ」ですから、うちの猫用ではありませぬ。

近所の土地成金、ジョアキンおじさんの庭あたりをウロつく野良猫たちの晩
御飯であります。
「まったく君、こんなことまでして・・・よくやってるよ」とは、これを毎晩目にする
夫の言。「そのうち、ご近所から不満がくるかもよ」と言わんでもええのに、
一言言い足す。

分かってますです。分かってますけど、それで、「地球は人間だけのものじゃ
ない」、とわたしは言いたくなるのです。

わたしの場合、ネコっ可愛がりはしませんから、ペットというよりも周囲に
いて当たり前の存在の動物たちとの共存生活とでも言えるでしょうか。
犬も猫もわたしが子供のころは、そうだったものです。

neko
平和だね、お前たち。

畑もなくなり、林も消滅し、コンクリートだらけの街になりつつある都市で、
犬や猫たちはどうやって自活できるのかと思うと、ついついえさをあげて
しまいます。

犬猫が苦手、嫌いな人もいるでしょうが、だからと言って、犬猫がいなく
なってしまえばいいとは言いますまい。そういう環境を作り出すことは
自然の摂理に背くものではないかと思いもします。

もういらないや、と捨てたり安易に保健所に持ち込んだりする話を聞くたびに
我がモイケル娘などは、

「犬猫が保健所で毒殺される動画を一般公開すればいいのだ。
飼い主に「あなたは今からこのネコを、犬をそこに放り込むんですよ、って」
と手厳しいことを言います。

「日本では子供の数よりもペットの数の方がはるかに多い。そして、“ブーム犬”
という現象は日本だけのものだという。」

しばらく前に目にした新聞記事ですが、これもどうかと思いながら、少なくとも
ご近所迷惑を自覚しながら、文句言われるまで知らん顔して、外ネコたちに
せっせと毎晩えさを運んでいるわたしではあります。

今日は、ひょんなことからこんな話になってしまいました。

こんなことを書きながら、少し気分転換を図っています。

nichibotu

野良ネコが行き来する我が家の裏通りに、一日の終わりを告げようと、今
陽が沈んでいきます。

さて、後、一ヶ月、明日もがんばりましょか。
拙いブログを読んでいただき、ありがとうございました。
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
猫と一緒に歩こう
こんばんは。Japan Weekもうすぐですね。
上手くいくよう近所の神社でお祈りしてまいります(^^)
なんというか、前総理の言葉の
日本は日本人だけの物じゃない
というのは言葉自体はわかるのですが、どうも
日本は日本人の物じゃない、という風な意味で言ってそうで違和感があるのですよね(^^;)
ですので、地球は人間だけのものじゃない
というのはすごく真っ当な意見だと思いますが、鳩山風な意味でとらえると
地球は人間のものじゃない
となってしまうので、すごくおかしい感じに.......
と政治的な話は長くなるので止めておいて(笑)

うちのすぐそばには神社とお寺があって自然が少しだけのこっているのですが、よく境内に猫ちゃんが出現します。最近動画を撮影するのにはまっているのでそのうち猫動画でも撮ろうかなと目論んでいます。

動画といえば今日は坂本九さんの上を向いて歩こうをギターで弾き語りしてみたので、気分転換にぜひ聴いて見てくださいませ。
http://www.youtube.com/watch?v=MWfc6MiPIL8

spacesisさんも歌とギターなさるのですから
この曲、日本語教室で歌ったりすると生徒さんに受けとかよさそうだと思いますけどどんなもんでしょうねー。

ということで、忙しいでしょうけれどもお体に気をつけて、ではでは(^^)
2010/10/22(Fri) 19:28 | URL | 松浦(ぎたれれ) | 【編集
>ぎたれれ君

神社でのお祈り、ありがとうさん!
好きなブログ記事を書く時間もありませんがv-292
あとちょっと、あとちょっとと自分に言い聞かして頑張ってマフ。
もうすぐです、最後まで突っ走らなくっちゃ!

以前のようにじっくりWeb新聞を読む時間もありませんが、
それでも言いたいことがある!
もう民主党はあかん。おかしなのばかりで、気が滅入ってきますわ。
「柳腰」ってなんやねん、あれはw

「政治家がことばを失った国は滅びる」と言います。
なんとかしないとなりまへん、あの人ら。

ところで、教室はどないな?

P.S.リンク、まだ直してなかった・・・・
明日だ!
2010/10/24(Sun) 09:23 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村