2017年7月18日 

人がする断捨離といふものを わたしもしてみんとてするなり。(紀貫之・土佐日記から拝借したなり)

三字から「思い切って物を捨てることだろう」と想像していたが、検索してみると「断捨離とは、断行、捨行、離行というヨガの行法であり、人生や日常生活に不必要なものを断ち、捨てることで物への執着から開放され、人生に調和をもたらそうとする生き方」を言うのだそうだ。なるほど、単なる整理整頓とは一線を引くということである。

しかし、凡人のわたしにとって、「人生に調和をもたらす」云々は取りあえず置いておき、「思い切って捨てる」ことから入ろうと、暇をみては断捨離なるものをし始めて1年ほどになる。

つい先だってのことだ。これはなんぞな?とベッドの下から引っ張り出したのがすっかり埃を被ったこの箱である。

kibori7.jpg

きちんと箱に入れるのが面倒だったのだろう、雑に入れ込まれて姿を現したのは、仕掛けたままのだったり、手もつけていないのだったりの自分の木彫りの作品だった。息子がヨチヨチ歩き始めた時に、刃物を使うゆえ万が一息子に事故でも起こったらと思い、木彫りに精出すのは何年も止めたのであった。

そうこうしているうちに娘が生まれ、万が一の事故も去ることながら彫刻刃を手にする時間がなくなり、幾つかの完成した作品は家の壁に掛けてあるものの、その存在を忘れかけていたのだ。

うひゃ~と思い埃を払って箱の中から取り出してみる。

kibori6.jpg
うわわわわ。ジョンボーイにと、彼が眠っている間を縫って作ったクマちゃんのタオル掛けと素彫りの額だ。1982年と年号が彫ってある。

kibori2-1.jpg
これなどは酷いものだ。同じ模様の靴べらの2本目なのだが、塗りをした後に真ん中の部分が気に入らず、もう一度彫ろうと思ったものの、削っているうちにドンドン薄くなり、「これは危うくなる!」と実は投げ出したままのものだ。一本目は仕上がって壁にかけてある。

下、二枚の額は1983年に仕上げ、右上は塗りなし、細い皮ひもの手足がつく予定のぶら下げモービルなのだが、未完のまま32年眠っていたことになる(笑)
kibori5-1.jpg

こちらの額も塗りが施されておらず。右の手鏡は手もつけられていない。
kibori4-1.jpg

手鏡の一本目は完成させてある。それをわたしは40年以上も手元に置いて使ってきたのだが、この春先、なんの拍子でか手から滑り落ち、床に落として写真のように一巻の終わり。ただ、嵌められていた鏡は分厚かったためか幸運にも割れなかったのである。鏡が割れると縁起が悪いと言うものね。

kibori8-1.jpg

当初は多少のショックを受けてブログにあげる気にならず今日にいたった。これは断捨離とは行くまいて。ひとつひとつを箱の中から取り出して、しばし時間を過ごし、もう一度初心に戻り彫り始めようか、彫る時の穏やかな時間が持てる自分のために、そして、これらを受け取る我が子たちのために。

そんなことを考え、長年置き去りにしてきた懐かしい彫刻刃を引っ張りだした。
kibori9.jpg

古い刃はこのままでは使い物にならないだろうが、数年前の帰国時に親友に頼んで買い置きしてもらい、持って来た数本がある。まだ未使用なので恐らく使えるであろう。

と思っていたところに、期せずして和歌山にアトリエを構える我が親友、木彫家の堺美地子が今月7日に出展作品で「堺市長賞」を受賞したとの知らせが入った。

michiko1-1.jpg

この作品をわたしは4月の帰国時に堺の彼女の自宅で見せてもらったのである。

会うたびに「ちょっと一緒に彫り彫りしようよ」と、長年彫刻刃を手にしておらずしぶるわたしに短時間で小作品の手ほどき、手直しをしてくれるのだが、もったいないことだ。彫りも塗りもますます磨きがかかる彼女の更なる活躍を望んで止まない。

アレルギー体質なので彼女がする根来塗りはどうにも手出しはできないが、趣味として再び木彫りに取り組むのはいいかもしれない。断捨離できるものはないかと引っ張り出したもののなかには、こういう物もあるので、なかなか進まない我が断捨離ではある。

いや、断捨離ところか、これだとまた物が増えそうで、多少混乱気味のわたしである。


下記、過去の断捨離記事があります。興味あらばどぞ。

ミニマリストは無理だけど」 

断捨離もいいけれど

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2017年7月9日 

海外に長年住む人は、利用したことがなくても一度は耳にしたことがあるであろうJapan Rail Pass。

日本のJRグループ6社が共同して提供するパスで、日本中を鉄道で旅行するのに最も経済的な切符と言われます。パスはJRグループの乗り物であれば乗り放題で、1週間と2週間の二種類ありました。

日本に入国してしまうとパスは入手できません。滞在国の取扱旅行社でパスの引換券を購入し、それを日本の最寄の指定駅などでパスに換えてもらいます。1週間のが3万円ほどです。

本来は日本を訪れる外国人向けなのでしょうが、海外永住日本人、また10年以上外国に滞在している日本人も利用できました。

ご存知の通り、海外から帰国すると、日本は物価が高いですから致し方ないこととは言え、その交通費の高いのにはうんざりするのです。帰国時は所沢の妹宅に滞在するのが常ですが、わたしは生まれ故郷が弘前、10年ほど青春時代を過ごした大阪は第二の故郷で友人知人も多く、できれば大阪も訪問して彼らと旧交を温めたい。

東京大阪間を往復すると新幹線で27000円ほどになりますが、ホテル宿泊代や友人たちとの会合の費用などを入れると少なくとも5万円は用意しなければなりませんが、この新幹線往復の費用で青森から九州まで移動できるというのは、大きな魅力です。

我がモイケル娘は東京での大学生時代、コースを変更、九州の方の大学に編入し2年間下関に住んだことがありますが、この時、Japan Rail Passには大いに助かりました。

この年、わたしは2週間のパスを購入し東京、下関、大阪、東京、弘前と移動して、正に日本縦断をしたのでした。体力もあったんですけどね(笑)このパスをこれまで3度ほど利用しています。

japanrailpass.jpg
記念にとってある15年ほど前のJRパスです。

それが、昨年突然「海外在住邦人を対象にジャパンレールパスの販売を2017年3月31日に終了する」との発表があり、がっかりしました。海外長期滞在者は家族連れで帰国することも多く、パスなしでの移動にはわたしなどは一人でもヒィヒィ言いながらなけなしのお金を払うことになります。増して家族での移動など多額な出費です。
まぁ、日本に住んでいる人に言わせたら、「税金も払っとらんのに贅沢言うなぃ!」となるのでしょうが、
その辺のところはご勘弁願いたい。

心の中で「JRのケチ~」と叫びながら(笑)諦めるしかないと思いきや、この発表には失望した海外在住者が多かったようで、「JRパスを考える在外邦人の会」が発足し、海外在住邦人の購入資格撤廃の再考を求めるための署名運動が開始されました。わたしも勿論参加しました。

そして、しばらく前にJRグループから海外在住邦人の新しい利用資格が発表され、平成29年(2017年)6月1日から、その資格を有する海外在住邦人も購入できることが決定されました。

詳細は下記サイトにて。

http://japanrailpass.net/about_jrp.html

また、こちらにも分かりやすい説明があります。今はオンラインで購入できるようですね。
https://www.jrpass.com/ja/japan-rail-pass-eligibility

本日はこれにて。
よろしかったらランキングクリック、お願いできますか?
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2017年6月19日

山火事のニュースが流れると、また今年もか、一体国は本気で国土焦土化の予防対策を考えているのかと腹立たしい思いになります。

毎年夏になると、乾燥気候と山中の清掃をしないがために大々的な山火事が起きるのです。自然発火が原因になることもありますが放火も多いのです。まだ、本格的な夏到来ではあるまいし、今回も放火の類かと、しかめ面でニュースを見ていましたら、どうも樹木への落雷が出火原因のようです。

yamakaji1.jpg

火災現場はポルトガル中部山間部のペドロガオン・グランデ一帯で、17日午後、強烈な熱波と雨の伴わない雷と嵐の最中に発火しました。1600人の消防隊態勢で昼夜の必死なる消火活動にも拘わらず、火はなかなか鎮圧されませんでした。

報道によると、この山火事での死者はこれまでに子どもを含み62人に上るとのこと。半数はペドロガオン・グランデの住人ですが、幹線道路に向かう路上の車内で30人、炎から逃げようと車外に出たと見られる17人の遺体が発見されています。

yamakaji3.jpg

消火活動の合間に束の間の休息をする消防士たち↑↓

yamakaji2.jpg

死者62人の中には4人の消防士も入っています。近年最悪の森林火災悲劇です。ポルトガル政府は18~20日まで3日間を国喪とする政令を出しました。

ペドロガオン・グランデの位置を地図で見てびっくり、実は近い内に訪れようかと夫と話していたPenela城はなんと、すぐ近くではありませんか。これから乾燥気候に入るポルトガルです、このような火災は山間部であればどこにでも起こりそうに思われ、国内の旅行は山岳地方を夏の間は避けたほうがいい、「Penela」は行きたくないとごねているわたしです。

近年にない痛ましい山火事惨事に、ポルトガルは泣いています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2017年6月18日
 
元気なうちは異国暮らしも悪くはないが、ちょっと風邪を引いて数日寝込んでしまうなどすると、てき面弱気になります。

自分が台所に立てないのですから、無理して起き上がり、普段着のまま行ける近くのレストランに出かけても、こういう時はまず油っこくそしてボリューム一杯にドサッと出されるポルトガルの食べ物が口に合わない。見ただけで食欲減退です。

これが日本だったら出来合いのお惣菜とか、お弁当とか、お寿司とか、あれとかこれとか、なんとでもできるのになぁ、とつくづく日本食が、いえ、真実は日本が恋しくなるのであります。おっとっと、これ以上言い募ると、つまらない愚痴記事になりますので、この辺で止めて置きましょう。

さて、わたしの日本語の仕事は、月曜日から金曜日までは自宅と某企業の個人授業、土曜日は市立図書館で2クラスを教えるという日程です。終日ではありませんが、一日3レッスンもあれば授業準備時間も入れると5時間くらいにはなります。企業での個人授業が入る日は、車での往復の時間も加わり。帰宅してすぐ次のレッスンにとりかかる、という風になります。

体調が優れない場合は、個人授業に関しては事情を説明してキャンセルができますが、土曜日のグループ授業はそうはいきません。生徒に前日に連絡しても、全員がメールボックスを開くとは限りません。Hotmailなど、送ったメールが届かないこともよくあるのです。

故に土曜日は多少の事情は押して、なんとか出かけることになるのですが、昨日がそうでした。

前夜は授業準備ができず、エイヤ!と早朝起床、シャワーを浴びて準備完了、出勤です。夫には「帰ってきたらきっとすぐさま寝ることになるだろうから、悪いけど昼ごはんは私を待たないで、一人で外で食べてね」と言い残して出かけました。

クラスでは、「風邪気味ですから、今日はわたしの側に近寄らないようにしてください」とあらかじめ警告して授業を無事終え、いつもの如く2時近くに帰宅、ドアを開けたところ、「お帰り」と夫。あら?ご飯まだ食べにいってないの?すると、「一緒に食べようと思って、今日はTake Awayを用意したよ」(Take awayは英国、Take outは米国で、どちらも「持ち帰り」の意味)。

リビングにはすでにテーブルがセッティングされて、串焼き肉とライス、それにサラダが。これは食べないわけにはいかないでしょう。調子が悪くなると食事を抜くのが常のわたしです。なぜかと言うと、しんどいのを押して自分が料理する上に後片付けもそのまま後に回すということができない性分ですから、体調も更に悪化し不機嫌も増加、と相成りますw

わたしが昼食を抜くのを見越してのことだと思うのです。食べる前から「後片付けが~」と言い出すわたしに、いいからいいからとテーブルにわたしを促す夫。何とか昼食を終えて、微熱と安堵と満腹とでわたしはすぐさまソファに横たわり、そのまま寝入ってしまったのでした。


ふと、窓から差し込む赤い光で目覚め、外を覗くと、んまぁ、真っ赤な夕焼け空!
yuyake

やおら起き出して、スマホを手に台所のベランダへ。
少し汗ばんだので後2日ほどで、体調はもとにもどるかな?と感じつつ、寝てる間に、珍しくきれいに片付いた台所を見て、夫にありがとうの思いでありました。

夫が用意してくれた昼ごはんと美しい夕焼けに力を少しもらい、この後作り始めた野菜たっぷりのスープとパン、それに果物が、夜10時半の晩御飯でした。この夕焼けはポルトガル夏時間の9時半なのであります。

本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2017年5月17日 

ポルトガルのファティマに於ける奇跡は、カトリック教世界では今世紀最大の幻視者出現の出来事です。

シスター・ルシアは、聖母マリアとの約束を守って、長い間「三つ目の秘密」を口外しないで来たのです。予言のひとつは第一次世界大戦がまもなく終わるということ、二つ目は第二次世界大戦の勃発です。

第3の予言をテキストに書き下ろすことを非常に恐れたシスター・ルシアの前に再び聖母マリアが出現し、テキストを書く時期が来たことを知らせます。テキストは、シスターの死後、もしくは1960年以前には開かないことを条件に、封書されてファティマ大司教に手渡されます。

この時、シスター・ルシアは二種類のテキストを書いたと言われています。

ひとつは、公開を許されたテキストは

これは、
   幻視を記述しているが、聖母の言葉は含まれていない。
   宛名がなく、シスターの署名がない。しかし、シスター・ルシアの
   帳面の記載として書かれてある。 
   1957年4月にバチカン聖省に移管され教皇ジョン・パウロ二世は1981年に読んだ。

もう一つあるといわれるテキスト。
   幻視の記述とともに、聖母マリアの言葉が含まれている。
   宛名書きがあり、シスターの署名がある。
   教皇のベッドの側の箱に保存された。
   1978年に教皇ジョン・パウロ二世は読んだ。
 
教皇ジョン・パウロ二世は、これまでのどの教皇よりも精力的に世界中を駆け巡り(その旅行距離は地球を数周した距離になる)、危険をおかして社会主義国まで訪問し、世界の平和に貢献した人として知られています。

JP2
Wikiより。空飛ぶ教皇と呼ばれたジョン・パウロ二世

papa_francisco.jpg
Wikiより。266代フランシスコ現ローマ教皇

不治の病に冒されつつも、死の直前まで病をおして伝道を続ける姿に、宗教人としてだけではなく、人間としても深い感銘を受けたものです。テレビに映し出される病をおしてのつらそうな姿を目にするたびに、「こんなに深刻な状態になっているのに、なんで休まないのかなぁ。」と不思議でしようがなかったのです。

一時はファティマ第三の予言は1981年に起きた教皇の暗殺未遂のことであるとの話も出ましたが、確かに大きな事件ではあるものの、大いなる秘密の予言にしてはいまいち納得が行きません。

2000年にバチカンはファティマ『第三の秘密』に関する最終公文書として、第三のメッセージを正式に発表しています。
公開されたテキストに書かれてあるシスターの幻視は、アポカリプス(黙示録)終末記だと思われます。
が、これは聖書を一度なりとも読んだ事がある人には秘密でもなんでもありませんので、恐らく本当のテキストは未だ未発表のままであろうとわたしは推測しています。

法王のベッドの側にある箱は、法王のみ開けることができるものです。この箱の中にあるテキストを読んで卒倒してしまった教皇もいるとのこと。病苦を押して死の間際まで使命を果たそうしたジョン・パウロ二世は、いったいなにを知っていたのか。

シスター・ルシアが書き下ろした第3の予言テキストに書かれてあるのは一体なんなのか。まさに「ルシア・コード」でありましょう。

と言うことで、この数日間、検索しながら読んだものをまとめてみましたが、イスラム諸国の過激な思想と欧米の(キリスト教世界)衝突、さらにイスラエルも絡み、世界の状況を見ていると、いつどんなことが起こっても不思議がない現代です。

世界的に理解の出来ない事件や出来事が多く起きており、自分が若いころにしてきたいろいろな失敗を棚に上げて言うのはなんですが、なんでもありの世の中になってしまった現代社会には、恐怖に似た感情を覚えないわけには行きません。

これと言った特別の宗教には属していないわたしですが、しかし、常日頃から、この世界には、人知を遥かにしのぐ偉大なる力があることを、拒否する者では決してありません。現代の社会を見ていると、旧約聖書にあるソドムとゴモラの町を思い描いてしまいます。

昨今の日本から流れて来るニュースにも、わたしには、「なんでや?」と理解に苦しむことが多く、何かが狂っているとわたしには見えます。わたしたちは、自由、個性、平和の言葉に踊らされて、随分意外なところまで来てしまったのではないか、との感が否めません。

恐怖のないところに信仰は生まれない。ゆえに宗教者は世の終末の恐怖を人々に植え付け、教え説いて信者を募るのだ、との考えもありますが、歴史に目をむけると、人間のしてきたことは、たいてい身勝手なことです。それは、環境汚染、人間汚染、核兵器保持等等、現在形で更に加速して進んでいることを見て分かります。

ファティマの奇跡など、あまり興味のない人もいるでしょう。しかし、「教皇だから、美しい衣装を見に纏い、多くの信者に囲まれてお祈りをし、キリスト教世界の国々から敬われて、楽々の権力を得ていいだろうな」とのそれまでのわたしの印象をガラリと変えたのが、ジョン・パウロ二世の姿でした。

そのジョン・パウロ二世が、時々ファティマに姿を現していたことから、シスター・ルシアの第三の秘密を知るにいたり、興味本位で今回こういうことを調べてみたのですが、この世界に、一生を信義にかける人間がまだ多々いるということは、希望につながることなのではないかと、不信心なわたしが今回考えさせられたことでした。

peregrinacao_junho_fatima2014.jpg
Wikiより。巡礼者で埋められたファティマ聖地

「ファティマの奇跡」を続けて辛抱強く読んでくださった方たち、ありがとうございました。

下のランキングクリックをして応援をお願いできますか?
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村