2014年12月28日

昨日土曜日、アルメイダ・ガレッテ市立図書館のボランティア活動である影絵上映が終わり、来週3つほどの日本語レッスンで、今年の仕事納めになります。

palaciocristal.jpg
クリスタル宮殿公園内にあるアルメイダ・ガレッテ市立図書館

今回の「百万回生きたねこ」は、新作だったので切り絵に手間取り、上映リハーサルが2回しかできませんでしたが、そこはこれまで上映を経験して来て息が合ったOちゃんとわたし、なんとかしのぐことができました。何しろ、二人とも通常は日本語を教えるという仕事の合間でするわけで、しかもOちゃんは二人の子供の子育て中、それを協力してもらっているのです。いつも、本当にありがとう、Oちゃん!

「百万回生きたねこ」は、上映時間が15分と、今までで一番長い影絵になりました。ポルトガル語翻訳はわたしの長年の日本語生徒さん、マリアさんに日本語勉強のためだからと持ち上げ(笑)、お願いしました。わたしも翻訳の確認に、我がポルトガル語のディアス先生に目を通していただき、そのナレーションは東京に住むモイケル娘に録音してもらいました。

bibag[1]
館内。左側にある階段を下りると部屋UNICERがある。

目下、大学院の狂歌修論でひたすら忙しく勉強している彼女に、段落ごとにもっと間隔を開けよ、バイクの音が入ってる~、最後のシーン、入るのが早いだのと何度も注文をつけては、「頼むぜ~」と再再録音を依頼したのでした。モイケル娘よ、ありがと。で、日本語のナレーションはわたしです。

観に来てくれたのはポルトガル語版が80名近く、日本語版は、もちろんどなたでも興味がある人は歓迎で、図書館の案内でもしているのですが、主にOちゃんとわたしが開いているYY-Nihongo Jukuの生徒さんを中心に20数名ほどでした。
会場はわたしが今年の春まで日本語コースに使用していた教室で、目一杯入ってもらって60名が限度です。よってポルトガル語版は昨年同様、2度上映しました。

ポルト補習校時代の同僚I氏ご夫婦も可愛いお孫さんを連れて来てくれました。そして、会場でびっくりしたのが、そのお孫さんのお母さんこと、Tちゃんもいたことです。

Tちゃんは、ポルト補習校時代に数年わたしの生徒でした。一クラス1人、2人が多い補習校でTちゃんのクラスは唯一、5人というクラスでした。補習校は常に複式授業(同時に二クラスを教える授業)だったので、この5人にもう1学年上の二人が加わり、7人と言う、補習校の歴史では最大人数、チームワークもとれ愉快なクラスでした。わたしは、土曜日の補習校を離れても、時々この子供達にケーキ作り教室なども開いたりしたものです。
20年ぶりに会ったTちゃんは昔と変わらず、曰く、「Yuko先生、相変わらずですね!」「うんうん。昔みんなと作った時より、格段進歩したでしょ?」などと短い会話を交わしたのですが、こういう再会は本当に嬉しい。

もう一人、来てくれるとは予想していなかったのに、わたしが日本語を教えている某企業のマセラッティの君とわたしが呼ぶところの秘書の方が息子さんを連れて来ました。ザックバランな性格の女性で、レッスンが終わった後、わたしは時々秘書室に顔を出してはおしゃべりする相手です。日本文化、日本語関係のイベントは、彼女に連絡してマセラッティの君の耳に入るようにしているのです。

さて、金曜日の午後、Oちゃんと二人図書館で上映のためにセッテリングに入ったのですが、こんな感じにしてみたのです。

裏から灯りが漏れるといけないので一部の隙間もないように注意を払わなければなりません。今回はできるだけたくさんの人が入れるようにとスペースを広げたかったので、このように教室のコーナーを利用してスクリーンを設けました。これはOちゃんのアイディアです。

kagee2014-2.jpg

スクリーンのすぐ前には赤いカーペットを敷いて、子供連れは座ってもらいます。その後ろに椅子を並べ、席が取れなかった人には申し訳ないが、立ち見となります。なに、たかが15分ですし^^
教室のドアも黒い厚紙を貼り付けて、外部の光を遮断します。そうして3時間近く経過、セッティングがほぼ完成したので館内のカフェで一息入れよう!となり、ドアを開けて室外に出てドアを閉めたとたん、わたしとOちゃん、ギャッハッハッハ!ご覧あれ~

kagee2014-3.jpg

UHU Patafixのりを使って貼ったのだが、室内から見ていたもので、外でこんな風になっているとはツユ思わず(笑) 静かな館内にギャハハハと一瞬響いた我らが笑い声、ふと受付カウンターに目をやると、いつも不機嫌そうで取り付く島もなさそうな感じの図書館の女性、クックックと笑っている。き、気付いてたんだったら言ってよねぇ~・・・

Oちゃんとわたし、親子ほどの年齢差なのだが、これだから一緒にやってて楽しいのであ~る。11時15分に上映開始、1時近くに終了後、Oちゃん一家に我が夫も加わって、後片付けし、今年最後の行事も終わり、6人でレストランで打ち上げ。いっそのこと、YY-Kagee GroupをYY-Family Kagee Groupに名前を変更しようか?などと、ワイワイ言い合っての昼食会でした。

わずか15分の影絵、観に来てくださったみなさん、ありがとうございます。来年もがんばります!

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2014年11月12日 朗読録音、ニーナめ~~!(怒)・・  

ここずっと日本語教室の合間を見ては12月27日に上映予定の影絵、「百万回生きたねこ」の切り絵作成に没頭しています。

100mannneko

今回は日本語を学んでいる人たちにも見て聞いてもらいたいと思い、ポルトガル語と日本語で2回に分けて上映することにしました。ナレーションはポルトガル語に翻訳したものを例年通り我がモイケル娘に朗読録音してもらい、日本語版はわたしが録音することにしました。

で、先日から、実は何度となく録音を繰り返しておるんです・・・
ゆっくりと発音正しく、しかもなるべく聞き取りやすいように読みますので15分くらいの朗読になり、BGMと丁度あうというものです。

録音に苦労しているのは、pcのヴォイス・レコーダーを使用しているのですが、我が朗読そのものもさることながら、外部からの雑音も意外としっかり録音されることなのであります。

外からの子供の声(学校が近いのだw)、階上の物音(近頃住人が変わり、子供が4人ほどおり、よく床に物を落としている、その物音が頭に来るくらいはっきり聞こえるのであ~る)、時々上空を飛んでいく飛行機の音、救急車の音、そして、一番血がのぼるのが、階下の人が車庫で飼っているジャーマン・シェパードのニーナちゃん!

今日も、お、今回は結構朗読も良いデキで、なんとか最後までこぎつけそうだワンと思いきや、物語でねこが相棒の白猫の死を悲しむ場面を読んでるときに、「うわんうわんうわん!」と始まり、なかなか止むものではござんせん。腹の中で、「んにゃろーめ、1、2回ならいざしらず、いつまで吠えとんじゃ~~」とわれながらハシタナイ言葉でののしりながらい怒り抑えて読むもので、悲しい場面の朗読に腹力が入り、最後の章寸前でストップボタンを押さざるをえず!あぁぁぁ、腹のたつ^^;
繰り返し読んでるので、もうすっかり暗唱してしまいました。

いえね、ニーナちゃん、二階の台所ベランダから見てると、こちらを必死で覗いてる様子、でっかいお耳だけがチョビッと見えて、可愛いんですよ。けど、これじゃぁ、録音ができない。

マイクだマイク!と、早速FNAC(フランス系の大型書店)で週末に仕入れてきた。どうせ買うなら少しは性能のいいのを、と夫が持ってきた15ユーロくらいのを、「こんなの音響がよくないよ。もっといいのを」と、元歌姫もどきのわたし。歌だってマイクの性能でよくも悪くもなるものなんです^^;そうやって買ってきたマイクだが、家で箱から取り出して接続する段になり、接続口を見るなり夫、「これじゃ接続にケーブルがいるよ」。 ケ、ケーブル?と機会音痴のわたしは、そこまで考えが及ばず、恥かいた。

ケーブルを買いに行った夫がもってきたのは、結局最初に彼が手にした安物のマイクだった。
ケーブルひとつだけは売ってなくて、なくてもいい二ツ入りのしかない。もったいない、だって(怒)、カラオケにも使えるかも~と、この所、声張り上げていなかったわたしは密かに期待したのだが、なんだ、残念。

それでもマイクをpcに接続した後、どこでどのようにプレイバックするのか分からない。錆び付いて古メカの頭に少しはカツを入れようと、これを今週末の課題にした。知っている人にはどうということがない機能なのだが、それにウロタエテいた今週でした。

CDも間もなく取り扱われなくなり、ペンを使うことになるという。グワ~、また新たなことを学ばなければならんのか~と思いながらも、好きな音楽、好きなことが関連するのならば、こればかりは時代に取り残されないように、頑張ってみようと思っているおっかせんである。

本日は多忙ゆえ、これにて御免。
明日はアヴェレダのワインセラーです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2014年10月30日 

影絵劇のボランティア活動を始めて今年は3年目になる。
ポルト市立図書館での上映を皮切りに、現地小学校の幼稚園部、知人がリセウの生徒達と開催する日本文化行事、隣町ガイアでの上映と、声がかかると時間が許される限り同僚のOちゃんと二人、出かけて行っては細々と続けている活動だ。今回は思い切って、その活動を「主催:YY影絵劇グループ」と名付けた。我らの日本語塾同様、YYはわたしとOちゃんの頭文字をとったのである。

せっかく手間隙かけて作成する影絵、できるものならもっと活動範囲をもっと広めたい気持ちがあるが、いかんせん、わたしはウィークデイも週末も日本語教室があるし、Oちゃんも子育てと日本語を少し教えるので、今のところそれは少し難しい。

年に一作は作成したいと、今年も先だってからとりかかっている。ポルトガル語翻訳とBGM選択は春の時点で既にできている。今回は佐野洋子さんの絵本から「100万回生きたねこ」をとりあげた。BGMにはラフマニノフの交響曲第2番からアダージョを選んでみた。約15分間のアダージョはゆっくりした朗読が上手い具合に当てはまり、素人選曲にしては上出来だと悦に入っている。

kagee

が、今回は背景に苦労している。読んだ人はご存知だろうが、王様猫の場面、サーカス猫の場面、夜更けの街を歩くドロボー猫の場面などだが、登場人物を影絵で映すので、背景を同じスクリーンに出すと絵が重なることになり、人物が映らない状態になるのだ。目下試行錯誤で実験しながら絵を切りぬいている。

kagee
 
本日はボランティア以前に前の補習校で初めて手がけた頃の画像を入れながら、自分のメモとしてここに書きとめておきたいと思う。

最初に手がけたのは、小学生のクラスのこどもたちとの作品で教科書から、星新一氏のSH作品「おみやげ」と言う作品だった。フロル星人の宇宙船が人類出現前の地球に立ち寄り、宇宙船の設計図やどんな病気も治せる薬、人類が平和に暮らすための方法を書いた本等、色々なものを金属製の卵型の容器に入れて砂漠に埋めて行くのだが・・・という話で、これを「宇宙人のおみやげ」と題して上映した。が、かれこれ20年も昔のことで、残念ながら画像は手元にない。BGMを使用しなかった。

2作目は、わたしが好きな絵本のひとつ、小野木学氏の「かたあしだちょうのエルフ」だった。
BGMは当時、毎週見ていたイギリスのTVミニシリーズ「The Flame Trees of Thika」の主題曲を自分が弾いた。このドラマは主人公がアフリカのケニアに家族と住んだ子供時代、子供の目を通してみた大人の世界、キクユ民族との交流の思い出を描いたもので、アフリカの自然が思い浮かんでくるような主題曲だった。下はわたしが持っている原作の画像。
theflametreesofthika

エルフと豹がもつれこんで戦う場面、子供達に任せてできあがったのが、何のことやら意味不明の場面で大笑いしたものだ^^; 残念ながら影絵の画像なし。

3作目は有名なシェル・シルバスタインの「Giving Tree」。りんごの木と少年、そして少年が老人になるまでの交流を描いた話だが、尽きることない少年への木の大きな愛情を美しく描かれた名作で、大人向けでもあると思う作品だ。BGMにはバッハの「G線上のアリア」を使用した。自分で言うのもなんだが、この影絵がわたしは大好きだ。
この頃から難しい場面は自分が切り抜くことになる。

kagee 

kagee

kagee
画面のシワは、白いシーツのシワだ。当時はそれを使って影絵を映し出しており、白黒だ。

4作目は「キョーリュー年代記」だが、3年前に保存が効くようにと、分厚い紙で切り絵作成をしなおして更にセロファン紙を使って背景も色づけてみあた。この時にそれまで影絵を映し出すスクリーンは白いシーツで間に合わせていたのを特注して大きな画面にした。下が3年前に作り直したカラー版だ。

kagee

影絵

地球誕生からキョウリュウの出現とその特徴、そしてキョウリュウの滅亡から人類誕生までBGMはスティーブン・スピルバーグとジョージ・ルーカスが製作したアメリカアニメ「 The Land Before Time(リトルフット)」とテーマソングとダイアナ・ロスの「If We Hold on Together」の2曲を使用、素晴らしい音楽のおかげで、大人にも子供にも受けたようで、ポルトガル人の何人かの親御さんから「子供も喜んでいたが、わたしも久しぶりに素晴らしいものを見た」と褒めてもらい、その時はヒャッホーの気分でありました。上映していてとても楽しい気分になる作品だ。

kagee

5作目は日本の中学生の英語教科書にあった「子守歌」。これは広島の原爆投下の夜を扱った物語なのだが、この時は生徒たちと原爆について少し勉強した。

kagee

kagee

余談だが、この時初めてわたしは広島の原爆被爆者慰霊碑碑文の内容を知ったのである。
「安らかに眠ってください。過ちは繰り返しませぬから」

この碑文は主語がないことから論議を呼んでいる。「誰が」過ちをくりかえしません、と言っているのか、過ちとはなんなのか。原爆投下が過ちだとすると、投下したのはアメリカだから、そう考えると文の意味がおかしい。アメリカが「過ちはくりかえしませぬ」と言ったわけではないのだ。日本人を主語にするのも納得がいかない。

この碑文を作ったのは故広島大学の雑賀忠義教授だそうで、氏の見解は次のようだとある。

「広島市民であると共に世界市民であるわれわれが、過ちを繰返さないと誓う。 これは全人類の過去、現在、未来に通ずる広島市民の感情であり良心の叫びである。『原爆投下は広島市民の過ちではない』とは世界市民に通じない言葉だ。
そんなせせこましい立場に立つ時は過ちを繰返さぬことは不可能になり、霊前でものをいう資格はない」

う~ん・・・だって、「世界市民」て言われてもなぁ・・・『原爆投下は広島市民の過ちではない』これは事実だとわたしは思うのだ。教授の言う「世界市民」はどういう人たちを指すのかわからないが、その言葉が通じないとしたら、では、原爆投下は広島市民の過ちなの?と突っ込める。拡大解釈するにしろ、曖昧さが目立つ。

影絵の最後にこの碑文をあげようとして、色々考えさせられ、納得できなかったわたしは結局使用しないことにした。教授には「英詩入門」の著書があると言うから、英語が専門だったのであろうか。独学英語のわたしではあるが、英語では「過ちは繰り返されませんから」と言う風に人が主語ではなく「It」を主語にして言われるのではないか?さすれば、今のような大きな論議に至らなかったかも知れない。とまぁ、大した学歴もないわたしが思うことではある。

閑話休題、あだしごとはさて置き、この作品はもう一度手直しして、是非とも復活させこちらで上映したいと考えている。

6作目のかぐや姫は「キョーリュー」のカラー版で味をしめ、初めて和紙を使ってみた。
kagee

「かぐや姫」は、土曜日の補習校の中学生クラスを担当した時の国語教科書に古文の単元があり、「今は昔、竹取の翁といふものありけり。野山にまじりて竹をとりつつ、よろづのことに使ひけり。」で始まる竹取物語を、毎年11月に補習校で開催されたクラスごとの発表会に取り上げてみた。影絵作成の発表もさることながら、真の狙いは、影絵作成をすることによって、とっつきにくい古文に慣れ親しんで欲しいと思ったからである。

kagee

BGMはボロディンのオペラ作品「イーゴリー公」から「ダッタン人の踊り」と導入してみた。この作品はこれまでに4回上映している。和紙の美しい模様を映し出すにはまだまだ工夫が要る。和紙の裏側を水で少し塗らした布で擦ってみたり、カッターで削ってみたりと、これも試行錯誤中である。アドバイスをお持ちの方は是非ご意見いただきたい。
 
本日はこれにて。 
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2014年3月31日 

先週土曜日は、YY塾のボランティア活動として同僚のOちゃんと、ドン・ルイス一世橋を渡ってまもないところのCasa Barbot(カーザ・バルボ)カルチュアセンターで、影絵上映と折り紙のワークショップをして来ました。

5歳児以上の子供が対象ですが、12人ほど参加してくれ、加えて親御さんも同席、全部で26、7人の参加者。小さい部屋は人でぎっしりになりました。このプログラムは、幼児期から異文化に接してもらおうというアイディアの元、幼児教育活動を展開したMINDTRACESというグループとCasa Borbotとの協催で行われました。

プログラムは10時半から12時半までの2時間です。影絵「キョウリュウ年代記」上映のあと、日本語でキョウリュウをなんと言うか、どのように書くのと子供達へアプローチしていきます。この部分は日本文化紹介の一部にもなり、日本語がカタカナ、ひらがな、漢字で書かれることを簡単に話し、Oちゃんが「キョウリュウ」を三種類の文字で紹介しました。

kagee
MINDTRACESグループのマリアさんが、影絵を見た後で子供達と話しながらキョウリュウの意味や感想を引き出していきます

kagee
そしていよいよ簡単なキョウリュウの折り紙指導です。今回はブラキオサウルスとティラノサウルスの2種類を作ってもらいました。

origami_kyoryu1-1.jpg origami_kyoryu1-2.jpg
   
終了後、紙風船を自由に持って帰ってもらいました。
kagee

毎回、影絵上映には夫も会場に詰めて、アドヴァイスをするなど手伝ってくれるのですが、今回は医師会に出席、Oちゃんもわたしも慣れてきたので初めの頃に比べ大分手際よくで影絵スクリーンのセッティングができるようになりましたが、それでも1時間ほどかかります。

今回は思いもよらぬ日本女性の飛び入り助っ人が会場に現われてくれました。
ブログのコメントもしてくれていますが、ポルトのダンスカンパニーで踊っているAyakaさんです。メールのやりとりはたまにしていたものの、なかなか会う機会がないままになっていたのですが、ブログ上の影絵上映の報せを読んでわざわざ来てくださいました。

kagee
Ayakaさん、後でこの写真を送ります^^

準備中でおおわらわのところでしたので、初対面の挨拶もそこそこに(笑)、さすが人使いの荒いspacesisでござんす、「丁度いい!手伝って!」てな具合であれやこれやと指図してこき使い^^; Ayakaさん、さぞかし驚いたのではないでしょうか(笑)折り紙の指導手伝いもしてもらい、とうとう最後までいていただきました。

Ayakaさん、本当に助かりました、ありがとうございます!この埋め合わせはそのうちさせていただきますね。

こうして終わったのが土曜日でしたが、いやはやその日の夕方から今日、月曜日の今に至るまで
腿の筋肉痛~~!なにしろ、影絵はかがんでするものですから、毎回後がこたえるのです。椅子に腰を下ろすたびに、立ち上がるたびに、フラットの階段の上り下りのたびに(外ネコのエサ運びでありんす)、アイテテテ、オイテテテと声をだすことしきりなし。傍で笑うは亭主なり。フン!
次回からは絶対床に膝をつこう!

というので先々週の「日本語を話す会パーティー」、先週の影絵上映、そして本日締め切りの雑誌原稿を写真ともどもまとめ上げ、ぎりぎりに送付終了。今年前期の行事はとりあえず、一旦落着させて、(実はもう次のボランティアの話が来ているのだがしばらく休みたい!)5月帰国に備えて日本語授業にしっかり取り組んでまいります。

Oちゃん、いつも文句も言わず一緒に行動してくれてありがとう!お疲れ様でした!

ランキングクリック、お時間がありましたら、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
2014年3月18日 

先週は、この月末にボランティアで影絵「キョーリュー年代記」を上映する予定の会場へ下見に行って来ました。今回はドン・ルイス一世橋を渡った隣町ガイア市の大通りにある「Casa Barbot(カーザ・バルボー)」の一室で上映です。
casaはポルトガル語で「家」の意味です。

casa_barbot

ガイア市では唯一の19世紀初期アールヌーボ調の建築だと言われます。

このCasa Barbotをわたしは昔から大通りを車で通るたびに、かつてはさぞかし美しい館であったろうと想像してずず黒くなっていた姿を眺めていたものでした。Barbot(フランス名?)は1940年代の所有者の名に因みます。廃墟になっていたのをガイア市が手がけ、現在はカルチュアセンターとして復活し、個展や行事が催されてます。

今回の影絵は、児童心理学を研究しているポルトガル女性から声がかかり、いつもの通り、Oちゃんと二人ですることになっていますが、会場がCasa Barbotとは奇遇な縁を感じます。

casa_barbot
庭に面したカーザ。
  
casa-barbot
洞窟はシントラにあるレガレイラの館同様、錬金術のシンボルだと推測。

casa_barbot

内部の美しい装飾のドア。
casa_barbot

casa_barbot
階上への階段と天窓が素晴らしい。

上映階上の下見が目的でしたから、ゆっくり館内を見回してカメラを向けることができませんでしたが、次回の訪問ではもう少し写真を撮ろうと思っています。

casa_barbot
フライヤーも作ってくれました。影絵上映とともに子供達を対象に折り紙のワークショップも組まれています。今年最初のボランティアワークです。

本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村