2016年11月1日 

毎年のことですが、 10月最後の土曜日にポルトガルは夏時間から冬時間に移行します。どういうことかと言うと、時計の針を1時間遅らせて、これまで12時だったのが11時になり、日本との時差も8時間から9時間になるのです。

それが先週末に行われ、今日はカトリック教会の祝日、「Dia de Todos-os-Santos(全ての聖人の日)」で休みです。同時に1755年11月1日に大地震がリスボンを襲った日でもあります。

何度か拙ブログで取り上げてきた件ですが、再度、四方山話としてアップしたいと思います。

地震はマグネチュード8.7を記録し、リスボンの街はほぼ破壊。当時の街の人口30万人のうち、9万人が犠牲になったと言われます。強度のこの地震は、南フランスや北アフリカでさえも揺れが感じられたと伝えられます。

地震の被害がかくも大きくなったのには、次の理由が挙げられています。
「聖人の日」の前夜から習慣として、多くの家や教会ではロウソクの灯が灯されていました。更にこの日は非常に寒かったので、各家庭では暖炉の火を炊いて家で暖を取っていたそうです。

常日頃から、日本に比べてポルトガルのいい所は、何と言っても地震がないことだとわたしは思ってきたのですが、地震を予期するなどいったい誰ができるでしょうか。1755年午前9時45分頃、地震はそれまで何の前触れも無く、突然リスボンの街に襲いかかり、石造りの建物からはレンガや石が人々の頭上に降り注ぎ、「聖人の日」のこの朝、ミサのため多くのに教会来ていたたくさんの人が崩れ落ちた教会で生き埋めになりました。 

ポルトガルは大西洋に面した海洋国です。海がすぐ目の前のリスボンは高さ20メートルの津波に襲われ、地面が裂け、その地割れが水を、風を蒸気を呼び、被害を更に大きくしました。
これは3日間続き街の85%が崩壊し、壊滅状態になりました。

この時、かろうじて残った一画が、今では観光地となっていて中世のたたずまいとその狭い路地に家々が密集しているアルファマ地区です。
       
リスボンの街はこの後、ドン・ジュゼ一世王の命令でポンバル公爵によって再建されるわけですが、Convento do Carmo(カルモ修道院)を代表とするいくつかの建物は、この惨劇の象徴として、手を加えられることなく当時のまま保存され今に至っています。

因みに、地震はポルトガル語で「Sismo もしくはTerramoto」と言います。Terraは地球、土地、 moto=運動、運行の意味があります。下の画像は2014年に訪れたときのカルモ教会です。
carmo1[1]

また、興味あらば、下記の関連記事がありますので、どぞ。

リスボンのアルファマ区域
リスボン大地震の爪あと:カルモ教会


本日もお付き合いくださり、ありがとうございます。


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2013年12月5日 

ブダペスト旅行記、もう一話、残っておりますが、今日は久しぶりに我が家
のネコの話を。

december1.jpg

ご長老のゴンタはストーブの上に陣取って、この通り船を漕いでおります。
kokkuri-1.jpg

と言うので、我が家には5匹のネコがいます。

一番若いので7歳のトラネコ、ゴロー君(ノラだった)、9歳の紅一点赤ト
ラネコのチビ(これもノラだった。我がモイケル娘が大学受験で日本へ行
く間近にサントス家に紛れ込む^^;)、10歳の黒猫のPretoことぺト
(ポルトガル語で黒の意味。息子が置いて行った)。

13歳の白黒クルル。モイケル娘に言わせると、男のくせになよなよ~と
しているのだそうだ。よって、しょっちゅうぺトにいじめられている。
なんだ、男のくせに!と言う具合だ。そして最後が長老のゴンタ、推定齢
14、5歳。ノラだったのが我が家のメンバーになり、今は痩せて盲目で
はあるが、未だボスの地位を保っています。いざと言うときには、目が見
えないというのに飛んで行って喧嘩の仲裁に入る。目下のところ、見えな
いのが不安なのであろう、その分すっかり甘えん坊になった。

そのねこたちですが、先週は2匹が立て続けにフラット2階の我が家から
階下へ、つまりは外へ落ちたのであります。

始めは洗濯物干し場の窓から。赤←のあたりをよく渡り歩いて下界を見下
ろすのが好きなゴローが、次は表通りに面したベランダから↓チビがと、
varanda.jpg

これで全員、落下の洗礼を受けたわけですが、面白いことに、他家のネコ
は知りませんが、我が家のは落ちた場所から決して動かない。その場で固
まるのであります。ゴンタを除いてはみなどれも外界を知らない箱入りネ
コたちです。見知らぬ世界の突如として落ち、さぞかし恐ろしかったので
しょう。連れ戻されたChibiの情けない様子と言ったらありません↓
2013_chibi.jpg

師走の寒空、捨てられたり迷いネコになったらサバイバルできないかも
そう思うもので、あっと思った時はわたしも足がもつれて階段を駆け下り、
迎えに行くのであります。

今に始まったわけではないネコ落下事件、ホームページからこちらのブログ
へ引越し作業中の過去エッセイをアップいたします。では、以下、「晴れ、
ときどきネコ」


「晴れ、ときどきブタ」というアニメ、もしくは絵本をご存知でしょうか。
子供が書く日記のお天気欄に、主人公の男の子がふざけて「晴れ、ときどき
ブタ」 と、ある日書いたところが、ほんとうに空からブタが降ってくる、
って話なんですけどね。

小さい頃、うちの子供たちはこれに夢中になりまして、繰り返し共にビデオ
を見たものです。我が家のは「晴れ、ときどこネコ」であります。

数日置きに、ネコが脚を踏み外してか、台所そばにあるベランダの洗濯物干
し場から、 昨日はクルル、先だってはゴンタ、そして、べべたん(もうあ
ちらの世界に逝きました)、ぺトちゃんと順番に二階の我が家から、階下の
庭に落ちるのでありました。

その都度、外へ出慣れてるゴンタをのぞいては、全員およそ外出したことの
ないネコたちなもので、けたたましい声で「落ちた落ちた~恐いよ~」
と助けを求めて家人を呼ぶのであります。

出なれてるゴンタ君は「もっけの幸い!」とばかりに悠々と散歩に出かける
のですが、出たことのないネコ達は、落ちたその場で固まってしまい微動
だにしないで、悲鳴を上げる。  
「あ、またや!」と手にまず鍵を持ち、(慌ててこれを持たずに出ようも
のなら自動ロックでドアが閉まって、鍵を持つ誰かが帰宅するまで家には
入れない・・・)、走って玄関口を出、車庫のある裏手の階下へと拾いに
行くのです。  

先日もその突然のネコの泣き声で「ありゃ!」と思い、窓から顔を出して
見ると案の定。 「あらら、べべちゃん、落っこったのね。そっから動い
ちゃだめよ~、今迎えにいくから。」と叫んでましたら、階下のおばさん
とその小学生の息子、同じく窓から顔出して上を見上げながら言うことにゃ
「今日も二階からネコが降ったん~~~、あははは」・・・   

上からしょっちゅうネコが降ってくるとこって世界中探したってそうザラに
はあらへんで・・・思わず、「晴れ、ときどきネコやな・・・」
ボソッと呟いてしまったわたしでありました。


本日も読んでいただきありがとうございました。
よろしかったら、ポチットランキングクリックお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
2012年1月4日 

ポルトガルのお歳暮についてとりあげてみます。  
お歳暮という意味合いの言葉こそありませんが、12月の贈答はそれに相当
すると思います。
  
日本と比べて違うところは、職場の上司や仕事関係のお得意先へという義理
がらみの付け届けはほとんどないという点でしょうか。また、わたしたち日
本人は早く義理を果たしてしまいたいとでも言うように、お返しは早々に果
たしてしまおうとします。ポルトガルでは一年を振り返ってみてお世話にな
ったと思われる人に、クリスマスの贈り物を届け感謝の気持ちを表すのです。

どういうものが贈られるのか、ちょっと興味があるところでしょう。
ワイン、ウイスキー等は日本と変わりませんね。ポルト・ワインやウイスキ
ーは高価なものを贈りますから、たいてい一本ですが、Vinho Verde等の
テーブルワインとなると、ドバッと10本から20本が届けられます。これな
どは日本で言うビールを贈る感覚でしょう。
そう言えば、こちらではビールがこういうお届けものに使われることはまず
もってないのが面白いです。

cabaz
デパートのお歳暮コーナーに並ぶcabaz(カバス=果物等をいれるカゴ)

その他に室内の飾り物、クリスタルのデキャンタ、銀製品、そして不景気な
今からは考えられませんが、たまに金の装飾品などもありました。これらは
かなり高価なものになりますから、受け取る方も多少躊躇します。銀製品の
菓子皿、ぼんぼん入れ、燭台などは3、4万円はくだりません。

食べ物としては、「バカリャオ=bacalhau」と呼ばれる大きな鱈を開いて
干したものを贈り物に。これは、肉類を食さないクリスマス・イブと、そし
て大晦日にポルトガルの習慣として他の野菜と茹で上げて食します。また、
しばらく前に泥棒にしてやられた豚の脚一本からなる生ハむ、これも贈答用
に使われます。

とまぁ、本題「アフォンソとマチルダ」の前置きが大部長くなってしまいま
したが、色々な頂き物の中には「いやぁ、こりゃ困った」と言う物も多々あ
りました。

12月は何と言っても七面鳥の時期です。
さて、これはわたし達一家が現在の我が家、フラットに引っ越す前の古い小
さな庭つきの家に住んでいた時の出来事で、子供たちが小学生だった頃のこ
と。(この家は、こちらで紹介されている、桃の木のある家です)

夫の仕事柄、この時期にはお届け物が参ります。
12月のある日のこと、田舎の方と思し召すセニョールが玄関の前に立ちま
した。
「だんな様に大変お世話になった。どうぞこれを。」
と言って大きなのダンボール箱を置いていきました。
「あらら、なんでしょ」と、中身が生ものであっては後で困りますので箱を
開けてびっくり、玉手箱!ナマモノもナマモノ、生きた二本足を紐でくくら
れた二羽のトリではないですか!一羽は真っ赤なトサカを冠しており、もう
一羽は見事な七面鳥です。

これ、どうするのよ?自分・・・
よく見ると可哀相に、この2羽、足をくくられたままでとても辛そうです。
で、いやだったんですが、恐る恐る両手を差し伸べて抱きあげようと両手を
出しましたら、騒ぐこと騒ぐこと、そのけたたましさといったらありません。
こちらの方がビビッてしまいましたが、思い切って抱き上げました。その柔
らかい体を通して体温が伝わってきます。

庭には昔の鳥小屋がそのままほったらかしでありましたから、庭まで運び、
くくっていた紐をほどき、二羽を庭に放して見ました。子供達が帰宅して、
特に動物好きの娘は大喜びです。早速にこの二羽に牡雌も分からないと言
うのに「アフォンソ」「マチルダ」と名づけました。アフォンソとはポル
トガル王の名前ですから、ひどい話ではあります(笑)

夕方になると、今度は庭中追い掛け回して二羽をひッ捕まえ、一時しのぎ
の鳥小屋に入れるのですが、これがまた一仕事です。あちらは必死で逃げ
回るし、こちらはこわごわ追いかけ回すわけです。バラをたくさん植えて
ましたし、大きなあじさいの木もありましたから、それらの陰に入ると捕
まえるのにこちらは手や腕が傷だらけです。

こういう悪戦苦闘の毎日が続いたのですが、さて、クリスマスがいよいよ
近づいてくると、さて、ここで問題が持ち上がりました。
こうして名前までつけてしまうと、とてもとても潰して食卓に載せること
などできましょうか・・・
名前はつけるべきではなかったのです。娘など、よもやそういうことには
考えが及ばないでしょう。夫もわたしも、つぶせるわけはない^^;

しかし、このまま庭で飼っておくというわけにもいかないのです。なにし
ろ、我が家には犬のポピー、そして数匹の猫たちもいるのです。これらか
らアフォンソとマチルダを守るために四苦八苦、そのせいで毎日クタクタ
でした。

一日一日と延ばし延ばしになり、ついに決心を迫られる日が来ました。
我が家でするわけには参りません。ネコや犬たちが騒々しさや血の匂いでき
っと怖気づいてしまうに違いありません。これは、裏に大きな畑を持つジョ
アキンおじさんの飼っているブタが、悲鳴を上げて鳴くことがままあるので
すが、わたしには何が起ころうとしているのか想像できます。そのときの
我が家の犬猫たちは「なにごと?!」とでも言うかのようにみな揃ってあっ
ちへすっ飛びこっちへすっ飛び。その不安な様といったらありません。

アフォンソとマチルダを食べることについては、わたしは食べられないこと
はないでしょうが、子供達に、「これはアフォンソとマチルダです、頂きま
しょう」と言えるくらいの気概が哀しいかな、わたしには当時ありませんで
した。

結局、週に2度、我が家の掃除にくるお手伝いのドナ・ベルミーラに2羽とも
上げました。不意に手に入った素晴らしいご馳走、嬉々として2羽を抱えて
帰って行ったお手伝いさんの後姿を見ながら、わたしはちょっと複雑な思い
でした。こんな気持ちになるのなら、肉類はもう口にしなくてもいいや、な
んて偽善的な思いが頭を横切ったものです。

生きる、ということは、そのために生かされてる命があるのだ、ということ
に思いを馳せる出来事でありました。子供達にはなんて言ったのか?はい、
一言「お手伝いさんにあげましたよ。」それで十分伝わったでしょうか。

モイケル娘の複雑な表情を打ち消すかのように、わたしはクリスマス・ソン
グのCDをボリュームアップでかけたのでした。

ごめんよ、もいちゃん、そしてアフォンソとマチルダに合掌。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
2012年11月25日

yomoyama
(Wikiより)

上の写真はネコ被害を避けるため、普段は夫の書斎の本棚の一番高いところ
に置いてある黒ブタの生ハムです。ポルトガル語で「presunto=プレズン
ト」と言います。

yomoyama
写真のようにサポーターに立てかけて、食べるときに上部切り口がありま
すね?そこから薄く少しずつ一口大に切り取るのであります。


通常は薄切りしたものが数枚パックにしたものが売られています。我が家で
はクリスマスの時期ともなると、付け届けでこの生ハム一本や大きな干しダ
ラのバカリャウを、「cabaz」と共にいただくことが多い。

yomoyama
イヴ、大晦日料理の定番、バカリャウ(Bacalhau)Wikiより。
cabazhaはクリスマスの時期に店頭に並ぶ贈り物のセットで、日本で言う
お歳暮の贈答品にあたります↓

yomoyama
Wikiより。

わたしはこの生ハムが大好きなのですが塩気が多いので近頃は血圧の関係
上、極力避けなければならないのが残念至極。

さて、かつて庭付きの借家に住んでいたころの話ですが、冬の間の湿気を追
い払うのに、日中は車庫の戸をよく開け放していたものです。今の自宅フラ
ットと違い、当時は夫の書斎がなく、写真に見られる生ハム、もらって大い
に嬉しいのだが、置き場所に困り、車庫の壁にぶらさげて置いたものです。

ある日の夕方、車庫に車を入れ終えて「ただ今」と家に入ってきた夫いわく。

「生ハム、君、上にもってきたの?」
我が家は3階建ての家屋の一番上であった。
「あんな重いもの、わたしが抱えて来れるわけないじゃない」
「でも、壁にぶらさがってないよ」
「ええ??」

慌てて車庫へ行って見ると、確かに夫の仰せの通りあるべき場所に生ハムの
脚が・・・ない@@
車庫の奥へツーッと目をやりましたら、れれ?車庫の奥のワイン棚にずらり
並んでいるはずのワイン、ウイスキーの本数もガバと減ってるではないか!

し、しまった!そうです、こそ泥にしてやられたのでありました。

当時のわたしは、常日頃から窓開放主義、全面的に人を信頼する人間(笑)
日本にいたときからきちんと戸締りをするなど心がけたことがないのです。
仕事で日中空けているアパートも、当時飼っていたネコのポチが自由に出
入りできるようにと、表通りに面した台所の窓は、いつも少し開けっ放し。
それでもあの頃の日本は世界一安全な国と謳われたように、一度も空き巣
に入られたことがない。

そんなものですから、ポルトガルへ来てからも風通しをよくするためにと、
何の疑いもなく車庫のドアは、特に夏は、そして冬でも天気のいい日には
開けっ放しにしておりました。

どうも、それで目をつけられていたようです。

考えて見ると、それまでにも何度かおかしいなぁと思ったことに思い当た
る。「確かに夏のシーツ全部を車庫のここに置いたつもりなんだがなぁ。
見あたらない」とか、「あれぇ?亭主がいただいた陶芸作家の人形一式の
箱、どこへいっちゃんたんだろ・・」等々。

のんきなわたしは、多分自分か夫が整理して車庫の棚に乗せたのだろうく
らいに思っていたのですが、思い当たる節がたんとあることにそのとき初め
て気づいた。道理でそれらが出てこなはずです。

ふん!ワイン、ウイスキー、それにこの生ハム一本で、こそ泥たちめ、今宵
は酒盛りかと思うと、さすが、のほほん者のわたしも面白くない。

こういうことが数回あったというので、物を盗まれるよりも自分が家にいる
というのにこそ泥が堂々と入っていたいうことに恐れをなし、とうとうわた
しはドア開放主義を止め、以来車庫のドアをしっかり閉めることにしたの
でした。

今はこの生ハムを狙う相手が「こらぁ!」の一言で散らばる、たかがネコた
ち(笑)可愛いもんです^^

gato
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
2012年9月18日 

スクーター
海岸沿いで見かけたペアのスクーター。
古い映画だが「恋愛専科」を思い出す。


本日のエントリーは画像に関係なしです。

これまで使ってきたパソコンが壊れてしまったのは今年の初めである。

そうそうpcが壊れることはないと侮って数ヶ月分のデータのバックアップ
を延ばし延ばしにしてきたのだが、その部分は消滅してしまったので堪えた。

新しく購入したpcがホームページ更新に何年と利用してきた「FrontPage
Express」に対応していないと分かり、それもショックだったが、なんとか
できないものかと思案しているのだが、以来ポルトガル案内のホームページ
サイトは更新できていない。

素人のわたしゆえ、データが消滅したと言っても大したことはないと思われ
がちで、夫も子供たちも意外と反応が冷たい。しかし、訪れたポルトガル国
内の地方の写真は我がホームページやブログのためだけではない。

この5年来、ヨーロッパ在住の会員に配られる、とある小冊子の雑誌記事を
書いているのだが、それには執筆だけではなく、なるべく質のよい写真も
要請される。毎回テーマを提出しゴーサインが出されて原稿を書き始め
るのだが、テーマ出しのために旅先で撮影した写真はいつでも取り出せる
ようにと保存してきたのである。ポルト近辺なら再度出かけて撮影が可能だ
が、遠方となると取材で足が出てしまうので、極力避けたいところだ。

データ消滅当初は慌てふためき頭が真っ白になったものだが、何ヶ月も経っ
た今、何とかなるさとやっと諦められる心情にたどり着いたのである。
ホームページをどうするか目下思案中だ。

それでこれまでホームページに載せてきた過去のエッセイを時間を見ては
少しずつ整理して書き直したりしているのだが、一旦あげたのを事情で削
除していたエッセイを発見した。2004年ごろに書いたものゆえ、古く
からのネット友はもう読んでいる人もいると思うが、今日はそれをここに
掲載しようと思う。これでこのエッセイに関してはデータが消えてもここに
記録されるので慌てることはないというわけだ

原題は「ポルトガルのジプシー」だったのだが、ジプシーと言う言葉は今
では差別語に属するとのこと、「ロマ」と呼ぶのだそうで、原題を変えて
みたが、エッセイ中ではそのまま使っている。

ロマに対する差別意識は大してないのをご承知願いたい。「大して」と書く
ところを見ると、多少はあるんじゃないすかと、すかさず言ってくるのも
いるので、断り書きしておきたい。

ヨーロッパで起こる事件にはロマが絡むものも多い。それで多少の恐れを
もっているのがわたしの気持ちだ。「恐れ」が差別意識に入るとは思わな
いがその部分を加味して「大して」を付け加えた。

以下、エッセイです。

ポルトガル式チゴイネルワイゼン

近頃では、交差点で見かけるジプシーがめっきり減った。

かつては、信号のある交差点は、ジプシーのいないところはないくらいで、
赤信号で停車ともなれば、たちまちにして男のジプシー、赤ん坊を抱いた
女のジプシー、子供のジプシーのいずれかに、「お金おくれ。」とせがま
れるのであった。

男のジプシーは、たいていA3くらいの大きさのダンボール紙にそのまま
「赤んぼも含めてこどもが5人いますだ。めぐんでくだされ。」
等と書いて、お金を入れてもらうプラスティックの箱を突き出してくる。

女のジプシーは、赤ん坊を腕に抱き、そのままニュッと手を出し、
「ミルク代、おくれよ。」と来る。
子供のジプシーにいたっては、これが一番タチが悪いのだが二人一組で
来る。車窓を閉めたままでも、小うるさくコンコン窓ガラスを叩き、爪が
黒くなった汚れた手をぬぅっと突き出して、
「ねぇ、おくれよぉ。おくれったらぁ。」としつこい。
「小銭持ってないから、だめだよ。」などと言おうものなら、腹いせに、
垂らしていた鼻水、鼻くそまで窓ガラスにくっつけて行ったりするのが
いるから、小憎らしい(笑)

子供たちが学校へ通っていた時は、毎日車で迎えに行くのが日課だったから、
行きも帰りも赤信号で停車となると、それが年がら年中だ。よって外出時に
は小銭を用意して出るのが常だった。

わたしには、顔馴染みのジプシーがいた。
いや、顔馴染みと言うなら、毎日通る殆どの交差点のジプシーがそうなる
のだが、このジプシーは言うなれば「ひいきのジプシー」とでも言おうか。
恐らく当時は30代であろう、男のジプシーで、かれらの族の例に洩れず目
つきはするどい。小柄でどこか胡散臭いのだが、なにやら愛想がよろしい。

言葉を交わした最初が、「中国人?日本人?」であった。
こう聞かれると返事をしないではおれない。「日本人よ。」
すると、「やっぱり思った通りだ。ちょっと違うんだよね。」
で、彼はここでニコッとやるわけです。
用心は当然するけれども、わたしはこういうのに吊られるタイプでどう
しようもない。

それがきっかけで、その交差点を通るたびに、「こんにちは。今日は調子
どう?」と挨拶を交わすようになってしまった。

我が家の古着や使わなくなった子供の自転車、おもちゃ、食器など不要に
なった物、たまには食べ物なども時々その交差点のあたりで停車して手渡
したりしていた。

たまに、その交差点に、かの贔屓のジプシーがおらず、別のジプシーを見る
ことがあって、そういう時は、おそらく縄張りをぶん捕られたか、縄張り
交代なのだろう。変わりに立ってるジプシーはたいてい人相が悪いのだ。

ある日、同乗していた、中学も終わる頃の息子が、そのようなわたしを
見て言うことには、
「ああやって小銭をもらって稼いでるジプシーには、借家のうちなんか
より立派な自分の家に住んでることがあるんだよ。」
「3日やれば乞食はやめられない」と日本でも言う・・・・
家に帰ってシャワーを浴び、こぎれいになっているそのジプシーの一家団
欒を想像してなんだか可笑しくって仕方がなかった。

息子はリスボンへ、娘はバスでダウンタウンにあるポルトガルの私立高に
通学するようになって以来わたしはそのジプシーに会うことはなくなった。

その間、東ヨーロッパの国々がEC加入し、気がつくといつのまにやら交差
点からは、小銭をせびるジプシーたちの姿が消え、代わりにポルトガルに
流れ込んで来た東ヨーロッパ人達が目立つようになった。
彼らは、「要らん!」と言うこちらの言葉にお構いなく、車のフロントガ
ラスにチュ~ッと洗剤をかけ、拭き始めるのである。そして「駄賃おくれ」
と来る。

「昨日、洗車したばっかよ!」と、頼みもしないのに強引にする輩には絶対
小銭を渡さない。しつこく手を出されても赤信号から青に変わるまで、わた
しは頑張るのだ(笑)それに、近頃は、もう交差点の輩には小銭をあげない
と、決心した。小銭を車窓で受け取り、うっかり落としたふりをし、運転し
ている者の油断をついて、ひったくったり脅したりの犯罪が増えてきたから
である。

先日、家の近くの交差点で、数年ぶりにかの「贔屓のジプシー」に遭遇した。
わたしが駆っている車種も車の色もあの頃のとは変わっているのだが、
即座にわたしを見つけ、「奥さん、久しぶり。お住まいこっちの方で?お子
さん達元気?」と来た。少しやつれている。歳をとったのだ。
閉めていた車窓を開けた。
「E você?」(で、あなたは?)助手席のバッグを引き寄せ、小銭を出して
手渡しながら、信号待ちの間のしばしの会話。
やがて、信号が変わりわたしは他の車の流れに乗って動き出した。
バックミラーに、車の発進でその身をグリーンベルトに寄せるジプシーの
少しやつれた姿が映って、それがあっという間に遠くなった。

世界広し言えども、「贔屓のジプシー」を持っている日本人などそうざら
にいるものではあるまい。夫は知らない。


ここからは事後談である。


2007年1月27日のブログ「ジプシーからよろしく」より。

近頃はあまり見かけなくなった交差点の物乞いの人たち。
かつてはいたる交差点に必ずと言っていいほどおり、殆どがジプシ
ーたちでした。
それが、数年前には東欧から流れ込んで来た人たちが占め、今は、
それぞれみな、なんとか仕事にありついたのか、それともポルトは
実入りがないと諦めて、別の土地へと流れて行ったのか。

昨日は出勤前に久しぶりに、わたしのくだんの「ひいきのジプシー」
を見かけました。車の窓を開けてコインを差し出し、赤信号で停車
するつかの間の会話。

    ジプシー「ちっちゃかった娘はどうしてるの?」
    わたし  「今、日本で勉強してるわよ。」
    ジプシー「へぇ。休みには帰って来るの?」
    わたし 「去年の夏に2年ぶりで帰ってきたの。」 
    ジプシー「日本は好きだって?ポルトガルよりいいって?」
    わたし 「そうね。多分^^」 
    ジプシー「娘に、教会の交差点のところによくいたジプシー
         からよろしくって言っといてよ。」

そう、前にもエッセイで書きましたが、ひいきのジプシーがいる
日本人なんてザラにいるものではありません。
が、ジプシーから「よろしく」なんて伝言をもらう「娘」もいない
だろうなぁ、きっと(笑)
今日はメッセンジャーで話したモイケル娘に、その伝言を渡しま
した。


エッセイを書いてから8年の月日が流れた現在、不況のせいであろう、再
び交差点に陣取る輩が増えた。が、最後に言葉を交わしたときは調子が悪
いのだと言っていたかのジプシーの姿をわたしはまだ見かけていない。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村