2010年9月15日

前回の記事にある建築中ゴンドラを見つけたのがCais de Gaia(ドウロ川の
ガイア市側)のこのレストランからです。

レストランMr.Grill3

「Mr.Grill」のいいところは、料理の味を別にして、ドウロ川を挟んだ対岸
ポルトのリベイラの素晴らしい景色です。

レストランMr.Grill4
真っ青な空に赤いパラソル。向こう岸はレンガの赤い屋根が段々に重なったポ
ルトの旧市街です。テーブルにはポルトガルのシンボル「Galo=ガロ=雄鶏」の絵
が入ったかわいらしいクロス。
       
バーベキュー・レストランの料理の味は可もなく不可もなく、普通。
ま、生ビールがあれば、この素晴らしい景色とAzeitona(アゼイトーナ=オリ
ーブの実のつけもの)をつまみに、これでこのレストランはかろうじて、たも
たれるかな?^^
レストランMr.Grill6

ちなみに生ビールはポルトでは「Fino=フィーノ」で通じる。
もちろん「セルベージャ(ビール)」もOK!
      
下の写真のかやぶきのある処で炭焼きバーベキューです。
ここで焼いてくれます。
レストランMr.Grill1

もちろん、屋内にも席はありますが、ドウロ川の景色を眺めないとはもったい
ない!屋外のスペースはゆったりして広い。

レストランMr.grill2

もうひとつ、ちょっと気に入ったのが、ここで「コインブラの学生ファド」が
流れていて、なんだかとてもいい雰囲気で、ふと、ドウロ川がコインブラの
モンデーゴ川に見えたりしました

料理はまぁまぁですが、学生ファドを久しぶりに耳にしながら、ビールを傾け、
ドウロ川とリベイラの景色を満喫でき、一人およそ20ユーロ。
悪くはないでしょう。

さて、コインブラの「学生ファド」とは?
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
2006年4月14日

借家だった古い我が家の小さな庭の、一本の桃の木の話です。
ほったらかしで手をかけたことがありません。
それでも一年おきに甘い立派な見事な桃の実を提供してくれました。
最高で80個ほどの実を収穫したことがあります。自分の庭でもぎとった果物
を食卓に運ぶのは格別な幸せがあります。

ところが、この桃の木、実は私たちの家族は誰も植えた覚えがないのであり
ます。庭の真ん中に、ある日、ひょろりひょろりと伸びている植物を見つけ
て、始めは「抜いちゃおうか。」と思ったのですが、庭師のおじいさんがや
って来る日が近かったものでそのままにしておきましたら、おじいさん、
抜かないで行ったんですね。庭師のおじさんが抜かないというのは何かの木
であろうと、のんきなものです、そのままにして様子をみることにしました。
   
それから丁度に3年目!見上げるような一人前の木になり、ある早春の朝、
二階の我が家の窓から木の先々に薄ぼんやりと見えたもの、

「あれ?なにやらピンクの花が咲いてるぞ?」と発見。
もしかして時節柄からして、桃の花?」と、あいなったのであります。
何しろ床にゴミが落ちていてもかなり大きなのでない限り、見えないほど
ド近眼のわたしです。
   
さぁて、台所のドアから庭に続く外階段を下りていくと、案の定、まぁ、
ほんとに桃の花でありました。桃の実そのものは食べても、桃の花なども、
最期に見たのがいつであったかを思い出せないくらい長い間目にしていませ
ん。小枝を少し折っては家の中に飾り、子供たちと多いに喜んで観賞したの
でした。

その年の夏は、気づかないうちにいつのまにか面白いほどたくさんの見事な
実がなり、子供たちと木に登りワイワイもぎとったのでした。ひとつひとつ
枝から手で摘むその感覚ときたら、それはもう、童心に帰ったような嬉しい
気持ちと満足感がありました。我が家にあるカゴも箱もいっぱいで、80個
以上も摘んだのです。
 
とても食べきれず、生ものですから長期保存はできないので、階下のマリア
おばさんにもおすそ分け。
で、「本当言うと、植えた覚えがないんですよ。」と言いましたら、おばさ
んいわく、   「あら、じゃ私が食べた後に窓から捨てた桃の種の一つが
ついたんじゃなぁい?」
「え?・・・・・・」   

あらま、道理で。
わたしたちの借家は3階建てで3家族がそれぞれの階を借りていました。
庭の敷地も低い石垣で三つに区切られ、それぞれが使っていたのですが、車
庫つきのわたしたちの庭はそのなかで一番大きい庭でした。

引越しする前からカーラがたくさん植えられてあり、それにわたしが大好き
なバラと紫陽花をたくさん加えて、季節になるときれに咲いていました。が、
りんごの芯やらタバコの吸い殻やらが、庭を掃除しても後から後から落ちて
いるのです。
   
ははん、これは下のおじさんだな・・・ひょっとして灰皿の吸殻を窓から全
部庭に捨てているのかも。自分の庭がうちのすぐ横にあるんだから、なぁん
でそこに捨てないのかね。自分のところはこれでもか!というくらいきれい
にしといて、ゴミ、ガラクタ類はみな、外よそ様のところへ押しやって、っ
て輩が結構こちらにはいるのでありまして・・・・

家の入り口を掃除するも、ゴミを箒で通りへ掃きだすのが、当時はこちらの
普通のやり方ではありました。チリさらいひとつで内へ持ち込んでゴミ袋に
入れればいいのにと、何度も思ったことですが(笑)
   
でもまぁ、こうしてマリアおばさんが食った桃の種を窓から我が家に放り投
げたお陰で今まで持ったことのない桃の木の所有者になった訳だし、今回の
ところは帳消しにしとこう!
と相成ったのでした。

2年続けて桃の木は、立派な実をわたしたちにくれました。
我がモイケル娘などは、木登りをし、車庫の屋根づたいに裏にあるだだっ広
いジョアキンおじさんのCampo(カンポ=畑)の大きな大きな木にまでたどり
着き、際どい遊びを楽しんだものです。

そうそう、我が家の子猫がその木のてっぺんに上ってしまい、それにはホト
ホト手も焼いた。一晩木の上で過ごし、翌日、モイケル娘が木の枝ギリギリ
のところまでのぼって、ようやっと胸に抱きしめることができたのでした。

3年目にも入ると、以前ほどの実をつけなくなりました。何しろまったく手
をかけなかったものですからね。すると、我が家のお掃除のベルミーラおば
さん、

「ドナ・ユーコ、これはお仕置きをしないと!」
お、お仕置き?木にですか?
   
「そうです。木の根元に大きな石を置くのです。
んまぁ(笑)しかし、その大きな石をどこから手にいれまする?ろくすっぽ
世話をしないのですから、毎年たくさんの実をもらおうとすること自体厚か
ましいと言うもの。結局、お仕置きはなし。

もうかれこれ、13年以上も昔になりましょうか。
ママこと、わたしくの桃の木にまつわる話でした。


(注:現在はこの家から数メートル離れたアパートに引越しまして、今では
我が家の所有物ではなくなりました。よって、「その桃の木、遊びに行った
ら見せてね。」などと、のたもうべからず。笑)
                   
★よかったらランキングクリックお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
2006年3月17日(金曜日)

海岸通の城塞


週に2度、もう解雇したくも解雇できず、ずるずる今日まで19年間午前中
の3時間、大きくもない我がフラットの掃除を頼んでるDona Belmiraが
(ドナ・ベルミーラ)おります。倹約のために解雇したいなと思ったりす
ることもあるのですが家族の一員みたいなものでもう出来なくなってしまい
ました。

Donaと言うのは、ポルトガル語で既婚女性の名前の前につけられます。
例えばわたしの場合は、「Dona Spacesis」と言う具合です。
奥さんということでしょうか。

さて、そのD.(Donaの略)Belmira、今朝我がフラットのドアを入るなり、
自分が先日行った血液検査クリニックでの不満をまくし始めた。

ポルトガルでは血液検査は病院ではしない。
それ用のクリニックがあり、そこで採血してもらい、後日検査結果を受け取
りに行き、それから、その結果を病院の担当医にもって行って診断を仰ぐの
である。

何に立腹してるかといいますと、こうです。

どこもそういう検査のクリニックは人でいっぱいになるのは目に見えている
ので、家を朝早く出た。それでも自分の番号札は44番。じ~っと我慢の子、
自分の番号が呼ばれるのを待っていたのだそうです。

段々44番に近くなり42番が呼ばれた。いよいよ自分の番だと思いきや
42番から43番、44番をスッ飛んで50番と54番を看護婦さんが呼ん
だのだそうだ。

実を言えばこういうことはよくあるのです^^;
看護さんが番号を間違えるのではなくて、間に例えば知り合いとか、知り合
いの紹介とかの人をサーッと間にいれるのでして^^;言うなればコネです
ね(笑)


しかし、D.Belmira、黙っておりませんです(笑)
なんでよ。なんで43の次が50になるの!早速その場で看護婦をひっつか
まえて、一席ぶった。

ちょ、ちょっと、看護婦さん、お待ちよ。今、呼んだ番号、何番と何番?」
「この番号札、順番でしょ?」 「そうですよ」と看護婦。
「あたしゃ、44番なのよ。43の次がなんで50になるの?」
「あたしの里じゃ、43の次は44が来る。50は49の後と学校で習った。
ここは違うのかい?」


ここまで聞いてわたしはキャハハハハと大笑いしてしまった。
D.Belmiraは続ける。

さすがの看護婦もこれには抗しきれず仕方なく43、44と呼びなおし(笑)
しかし、その後がいけまへん^^;

「見てくださいよ、D.spacesis」と採血の痕がついてる腕をつきだして、
「あの看護婦ったら、腹いせに2度も間違った振りして、針が通らないとこ
に突き立てて!」見ると、腕の同じ箇所に3つの注射針の痕が(笑)

必ずしも故意にしたとは思われないが、なんともわかりません^^;
えらい気の毒なことではありましたが、わたしは、D.Belmiraがプリプリ
怒っているに拘わらず、「あっはははは」と大声で笑わずにおれないので
した。

こういう小さなことから大きなことまで、ポルトガルがコネ社会であるのは
間違いない。フェアじゃないと知っていながら、時々わたしも夫の七光りを
受けて、43番の次に50番が来るようなことをしてもらってることが残念な
がら・・・ある^^;そのようなことを自ら頼みはしないが、を知っている
人たちは知らぬ間にそういう計らいをしてくれてるはずです。

そう思ったら、「あっはははは」とひとしきり笑った後で気がひけてしまい
ましたっけ・・・

いやぁ、わたしもエラそうなことは言えませんて。

★今日の写真は、大西洋に面したポルトの海岸通ににある城塞
★読んで、面白いと思ったら右のランキングをクリック^^
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
2006年3月15日(水曜日)

わたしがポルトガルに来た26年前は、テレビが白黒だったのに、えっ!と
驚いたものである。
  
日本では5年間ほど「テレビを持たない主義」を通したわたしではあるが、
それでも白黒テレビが日本では既になくなって、カラーテレビが当たり前の
時代に入っていたくらいは、いくらなんでも知っていた。ポルトガルでカラ
ーテレビがお目見えしたのは、それから数年たってからである。

テレビチャンネルも当時は2局のみ、いずれも国営放送だ。午後から放送開
始、夜11時ころには終了である。そのときは必ずはためく国旗をバックに、
ポルトガル国歌が流された。だから、わたしはポルトガル国歌を自然に覚え
てしまったといういきさつがある。
(日本のNHKで国歌は流れますっけ?あ、一日のうちで放送終了時というの
がないのかな・・・)

それはさて置きまして、タイトルの「大草原の小さな家」だが、これはアメ
リカの作家ローラ・インガルズ・ワイルダーが、自分の子供の頃に住んでい
たミネソタ州の小さな村、ウォールナット・グローブでの様々な出来事を綴
った本で、アメリカの子供なら必読と言える名作である。
これを原作にして作られた、マイケル・ランドンのドラマは我が家の永久保
存版となっている。

わたしたち家族は夕食卓を囲みながら、何度このドラマを見たことだろう。
特に娘などは、セリフを殆ど暗記するほどの執心ぶりであった。
亭主にいたっては、「まぁたか・・・」と言いながらも、わたしたちと同じ
ように、次がどんな展開をするのか全て分かっていながら、いつの間にか各
々のエピソードから目を放せなくなっているのであった。
   
ドラマはもちろん素晴らしい。
しかし、わたしが子供達にこのドラマを見せだしたのには、もうひとつ理由
があった。ポルトガルでは海外ドラマや海外映画は吹き替えをしない。
そのまま原語で放映される。これはある意味、とても素晴らしいことだ。
吹き替えをすると、本当のドラマや映画の味がどうしても損なわれてしまう
のである。

だから、この「大草原の小さな家」を通して、子供達には英語のセリフをそ
のまま、学んで欲しいと思ったのである。
   
子供たちをポルトガルの学校ではなく、英国式教育のBritish Schoolに通
わせることをわたしたち夫婦は話し合い、決めました。
できれば、自然な言い回しの言葉をこのドラマを通して学んでくれたらそれ
に越したことはあるまい。これがわたしの作戦であった。
そして、この作戦はみごと功を奏したと言える。

ドラマは、ローラとその父親チャールズが主人公ではあるが、その他、様々
なキャラクターを装って多くの子供が出場してくる。同時に世間には、よく
いがちな種々のタイプの大人も描かれている。

「大草原の小さな家」では、言葉だけでなく、そのドラマを通して感動した
り、ミセス・オールソンや意地悪でわがままなその娘ネリーに憤慨したりと、
世間の一窓を垣間見ることができる。

私自身も、ドラマのローラの両親のように子供と真剣に向き合う親になりた
いと願い、その通りにはできなかったが、子供を育てる上で多くのヒントと
教訓を「大草原の小さな家」から得たと思う。

我が家にある録画ビデオ本数、一本が6時間撮りで20本以上はあろう。
ビデオを通しての疑似体験が、あたかも私達家族の思い出であるかのように、
記録されている1セットである。

        参考:原題 Little House on the Prairie
           原作 Laura Ingalls Wilder


★読んで面白いと思ったら、右欄下のランキングをクリック^^
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
2006年3月6日(月曜日)
clerigos

とある水曜日の午前中のことです。
日本語レッスンを予約していた生徒が来なかったので、キャンセルされた時間を利用して、
しばらくぶりに染髪することにした。

染料を塗りつけて30分ほど置かなければならないのは女性なら大概ご存知でしょう。
で、その間ちょいとメールチェックでもしようかとpcオンにしたのであります。
すると、日本からのネット仲間たちにとっつかまり、ああでもないこうでもないとしようも
ない話で盛り上がり、「アッ!」と気づけば所要の時間をすでに40分もオーバーだぞ!!
髪はすでにバッリバリのバリ!

「すわ、たいへん!」てことで、慌てて仲間にオサラバし、バスルームに駆け込んで、
「さぁ、洗うべぇ」と蛇口をひねったら、ひねったら、ひねったら・・・
水がでない~~~!!!!(泣)

だ、断水よ・・・
(予告無しの断水、停電がこちらではしょっちゅう起こる^^;)
出ないといったら憎ったらしいくらい。一滴も出まへん・・・頭真っ白です。
いえ、髪ではなくて脳内がですってば^^;

前の家にいたときは、よってもって、わざわざ補給水用のタンクを借家だったのに自腹で
とりつけたのですが、今回はフラットでもあるし、まぁ大丈夫か、と高をくくったのがたたった・・・

「よし、こうなったらミネラルウォーターで!」と思ったのですが、この染料を全部
くまなく洗い落とすには相当量の水がいる。
とても5リットルびん4つくらいでは足りそうもない^^;

あ、午後には日本語レッスンがあるんや~、どないしよう・・・

なんだかんだやってるうちに、時間はどんどん過ぎて行き、髪の
バリバリ度も増していく!

なんでもよく知っている大阪出身の友人に、
「このまま夕方まで放っといても大丈夫かなぁ」と電話してみた。
開口一番、「あんた、またそんなアホなことしてんのかぁ~。夕方まで
放っといたらどうなるぅ?知るかい!」 つ、冷たいやつめ・・・

そうだ!と気づいたは、寝たきりのお義母さんの家の補給水。
確かあったはずだ!ここから目と鼻の先です。
電話であちらのお手伝いさんと話をつけて、お風呂を借りることに
なりましたのね。
「でも、どうやってあそこまで歩いて行くかなぁ」と思いつつ、何気なくもう一度
水道の蛇口をひねったら、ひねったら、ひねったら~~~、水がでた!^^

「ハレルヤ!」

ほんと真っ青になった半日でした・・・

あのバリバリ頭のせいで、やたら赤くなってしまったわたしの髪でありました・・・

こういうハプニングが起こるのって、日本のような文明国では考えられないことでしょうね、
きっと。(笑)だからこそ、こういう笑い話ができる(笑)
ええなぁ、ポルトガル^^

一件落着。

★今日の写真は18世紀にポルトに来、独特な建築スタイルを残してポルトに骨を埋めた、
イタリア人建築家二コラウ・ナゾニに代表作品であり、ポルトの象徴でもある街で一番高い、
「クレリゴス教会塔」75mあります。

★読んで、面白いと思ったら、右欄下のランキングをクリック^^

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村