2006年3月6日(月曜日)
clerigos

とある水曜日の午前中のことです。
日本語レッスンを予約していた生徒が来なかったので、キャンセルされた時間を利用して、
しばらくぶりに染髪することにした。

染料を塗りつけて30分ほど置かなければならないのは女性なら大概ご存知でしょう。
で、その間ちょいとメールチェックでもしようかとpcオンにしたのであります。
すると、日本からのネット仲間たちにとっつかまり、ああでもないこうでもないとしようも
ない話で盛り上がり、「アッ!」と気づけば所要の時間をすでに40分もオーバーだぞ!!
髪はすでにバッリバリのバリ!

「すわ、たいへん!」てことで、慌てて仲間にオサラバし、バスルームに駆け込んで、
「さぁ、洗うべぇ」と蛇口をひねったら、ひねったら、ひねったら・・・
水がでない~~~!!!!(泣)

だ、断水よ・・・
(予告無しの断水、停電がこちらではしょっちゅう起こる^^;)
出ないといったら憎ったらしいくらい。一滴も出まへん・・・頭真っ白です。
いえ、髪ではなくて脳内がですってば^^;

前の家にいたときは、よってもって、わざわざ補給水用のタンクを借家だったのに自腹で
とりつけたのですが、今回はフラットでもあるし、まぁ大丈夫か、と高をくくったのがたたった・・・

「よし、こうなったらミネラルウォーターで!」と思ったのですが、この染料を全部
くまなく洗い落とすには相当量の水がいる。
とても5リットルびん4つくらいでは足りそうもない^^;

あ、午後には日本語レッスンがあるんや~、どないしよう・・・

なんだかんだやってるうちに、時間はどんどん過ぎて行き、髪の
バリバリ度も増していく!

なんでもよく知っている大阪出身の友人に、
「このまま夕方まで放っといても大丈夫かなぁ」と電話してみた。
開口一番、「あんた、またそんなアホなことしてんのかぁ~。夕方まで
放っといたらどうなるぅ?知るかい!」 つ、冷たいやつめ・・・

そうだ!と気づいたは、寝たきりのお義母さんの家の補給水。
確かあったはずだ!ここから目と鼻の先です。
電話であちらのお手伝いさんと話をつけて、お風呂を借りることに
なりましたのね。
「でも、どうやってあそこまで歩いて行くかなぁ」と思いつつ、何気なくもう一度
水道の蛇口をひねったら、ひねったら、ひねったら~~~、水がでた!^^

「ハレルヤ!」

ほんと真っ青になった半日でした・・・

あのバリバリ頭のせいで、やたら赤くなってしまったわたしの髪でありました・・・

こういうハプニングが起こるのって、日本のような文明国では考えられないことでしょうね、
きっと。(笑)だからこそ、こういう笑い話ができる(笑)
ええなぁ、ポルトガル^^

一件落着。

★今日の写真は18世紀にポルトに来、独特な建築スタイルを残してポルトに骨を埋めた、
イタリア人建築家二コラウ・ナゾニに代表作品であり、ポルトの象徴でもある街で一番高い、
「クレリゴス教会塔」75mあります。

★読んで、面白いと思ったら、右欄下のランキングをクリック^^

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村