FC2ブログ
2013年11月24日

例年だと12月に入ってもストーブをつけることがないのですが、ここ数日
は寒く、ネコたちもまつわりついて、暖房を入れろとせっついて来、ついに
4日ほど前から使い始めました。今年の冬は厳しい寒さが予想されます。

さて、ブダペスト旅行Pt.2です。
budapest_map2.jpg

wiki画像を拝借して今回訪れたスポットを書き入れてみました。

地図を見ると分かりますが、滞在先が街の中心から少し離れているので日に
2度、ホテル近くの駅から終点まで電車で、そこから路面電車に乗り換えて
ダウンタウンへ出ました。

Budapest
宿泊先のロビー               

Budapest
頻繁に利用したホテルすぐ側の駅。一度だけ車掌が廻って来て身分という
か年齢を確認されました。

Budapest
名前が読めないのであります^^; 「ter」は駅の意味でしょうか。

こちらは終着駅↓
Budapest

15分おきくらいに発着。かなり古い車両で乗客の様相、装い、表情もどこ
かしらに20年前までの共産圏の雰囲気がわたしには感じ取られ、電車内の
写真撮影はさすが気後れしてできませんでした。

Budapest
乗り換え駅から「Chain Bridge」までの路面電車。

市内はメトロも通っていますが、わたしたちは一度も使用しませんでした。
ついでに、この町の地下鉄1号線はロンドンについで世界で2番目に古い
のだそうです。タッキーなことに、バス、電車、メトロ等の公共交通機関
は旅行者と言えども、65歳以上は無料!大い利用させてもらいました、っ
て、齢がすっかりばれているではないか^^;

二日めの午前中、わたしは徒歩で回り道をして行きたかったのだが、夫の
希望でフニクラール(リフト)で丘陵にあるブダのお城の区域へ。

Budapest
可愛いフニクラールで三段式になっています。

Budapest
う~ん・・・ポルトのそれ同様、万が一事故ったら怖い傾斜であります。
それで乗るのを避けたかったに、夫は往復切符を買い帰りは一番前の車両に
乗り込み、下りはレールがともすれば見えなかったりするほどの傾斜、でき
ればやはりわたしはこういうのは避けたい・・・

眼下に見えるドナウ川と対岸ペストの町並み。
Budapest

次回はお城の区域をご紹介します。

よろしかったらランキングをひとクリックお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:ハンガリー
ジャンル:海外情報
2013年11月19日 


11月14日から17日間のブダペスト旅行をメモ的に綴ってみます。

ポルトからブダペストはの直行便がなく、フランクフルトで乗り換え、そこ
から1時間少し。機内時間より待ち時間の方が長かった・・・・ぷん!
滞在先のホテルがあるオーブダは街の中心から少し離れたところで、3
駅ほど先にはブダペスト歴史の始まりと言われるローマ時代の遺跡、ア
クインクムがあります。

写真は翌日行ったブダ丘陵旧市街から撮影したものでドナウ川を真ん中に、
手前がブダ区、対岸が平地ペスト区。滞在中の天候はほとんど曇りでした。
Budapest

にわか知識ですが、ブダペストはドナウ川を挟んで西岸にオーブダ(旧ブダ)
とブダ、東岸にペストの三つの区域からなっています。

到着した日の午後には街を観光する予定だったのが、4時半には日が落ちて
すっかり暗くなったのにはがっかりしました。なにしろ我がデジカメでは夜
景撮影は残念ながら難しいのです。しかし、5時半頃に電車で出かけたドナウ
河畔にライトアップされた夜景は美しかった。

Budapest
満月と国会議事堂。ペスト側。

Budapest
ブダ区丘陵にあるマーチャーシュ聖堂と漁夫の砦。
これについては翌日日中に訪れましたので、後日、写真にて紹介します。


Budapest
聖イシュトバーン大聖堂。時間が遅く、内部を見ることができなかったのが
残念。

Budapest
ペスト側ドナウ川沿いにある「リトル・プリンセス像」。ハンガリーの著名
な彫刻家マートン・ラスローの作品です。見た感じが男の子のような、して
また、プリンセスにしてはちょいと行儀が悪かろう?と思い作品について調
べてみると彫刻家自身の男の子が王冠を被って王女様の真似をして遊んでい
たのをモデルにしたとのこと。

面白いことに、池袋の東京芸術劇場5階フロアにレプリカが置かれてあるそ
うです。こちらがWikiで見つけたその画像↓
Budapest
画像はwikiより。

今回の旅行は展示会終了後バタバタと出かけたもので、ブダペストについて
の予備知識はほとんどなしでした。故に見逃したものは大いにあるはずと思
いつつ、致し方なし。写真の紹介で終わりそうですが、ご勘弁を。

次回は日中のブダペストです。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:ハンガリー
ジャンル:海外情報
2013年11月15日

「誕生日のプレゼントだ。今回は一緒に行こう。」
と誘われ、
「うっ!そんなら日本行きの切符がええ・・」とも行かず、夫の国際会議出
席に同伴して、昨日からハンガリー、ブダペストのホテルに滞在しています。

某社での日本語文化紹介のセミナー、展示会の準備に追われたこの数週間
と当日の2日間が何とか無事に終わったのとで、三日ほど脱力感、健忘感を
味わって後の4、5日の休暇は丁度いい。5匹猫はベルミーラおばさんにお
願いして昨日朝4時に起床してやってきました。

誰だい?健忘のほうは天然ではないか、今更などと言うておられる御仁は?

さて、驚いたのは、午後も4時になるの暗くなり始め4時半には真っ暗な!
その夜、いや、夕方の街を電車に乗って夕食がてら散歩してきましたが、
ダニューブ、はたまたドナウ川ほとりの美しい夜景を満喫しながら、2時間
ほど歩きました。

画像は帰国してから、日曜日まで短いブログになります。

それではただ今から朝食ビュッフェへ突撃!
みなさまも、よい一日をお過ごしください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:ハンガリー
ジャンル:海外情報
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ