2018年4月13日 本「夜間中学校の青春」

今週は忙しかった!8月の雑誌原稿の締め切りが5月なのですが、ポルトに帰ってくる時期とその締め切り日がほぼ重なり、とてもじゃないが時差ボケで書けそうもござんせん。そこで、一ヶ月繰り上げて送ろうというので、やっと本日仕上げて雑誌社に写真ともども送ったところです。

図書館での明日の日本語クラスには一ヶ月休暇中の宿題を用意し、今日の午後はせっせと旅行トランクに放り込んである物を、本当に必要か否か再確認しました。見ると三分の2はお土産なり(笑)

さて、毎回帰国の時には機内や乗り継ぎの待ち時間をやり過ごすのに本をもって行きます。それで書棚から今回選んだのが新渡戸稲造の「武士道」と「夜間中学校の青春」です。二冊目の「夜間中学校の青春」は読むのが二度目になりますが、とても考えさせられた本です。以前にも紹介しましたが、もう一度書かせてください。

夜間中学の青春

夜間中学校で42年間教えた見城慶和さんという先生が写真家の小林チヒロさんという方と2002年に出した、夜間中学で学ぶ人たちの写真がふんだんに盛り込まれています。

初めはそれと知らずに手に取った本ですが、表紙の写真にあるように、映画監督の山田洋次氏もこの本を推薦しており、山田氏はこの夜間中学の見城先生をモデルに映画「学校」「学校Ⅱ」を作っています。映画も2本ともわたしは見ています。

本のエピローグで目に入った、夜間中学生の卒業作文の一行に、わたしは思わず胸が熱くなってしまいました。

「学校をそつぎょうしたら、私はまた、ひとりぼっちで、夜ふとんの中で泣いて暮らしていくのです。」

この一行の文に、これを書いた生徒の学校に対する思いが溢れているようで、わたしは胸も眼も熱くなってしまったのでした。

夜間学生と言うと、わたしのこれまでの人生では、拙ブログ左のカテゴリ欄に「思い出のオルゴール」という、昭和時代のわたしの思い出を綴ったエッセイがあるのですが、その中のエピソード「津国ビル純情1」に登場してくる夜間高校生の一宮君と、「1964夏・江東区の夕日」エピソードで少し語られる新聞専売店住み込みの夜間大学生たちが思い出されます。

進学率も高くなり、少子化で大学全員入学も言われる現在ですが、わたしの時代はようやく団塊世代の進学率が上がってきたとは言うものの、高校や大学へ行けなかった人も結構いた頃で、わたしも経済的理由で大学進学を諦めた一人でした(上述、「1964夏・江東区の夕日」で書いてます)。

それでも、全日制高校に三年間なんとか通うことができたのには、学校にも親にも感謝しています。そういうわたしの思いも重なって、この夜間中学生の写真記録の本にはいたく惹かれました。

この本の読後も、映画「学校」鑑賞後にも思ったことですが、いったい「学校」とは何なのか、わたしたちが学校で学ぶことは何なのか、それらはわたしたちの人生にどう反映していくのか。わたしは、近年やっと自分なりにその答えが少し見えたと思います。

国語も算数も数学も歴史もサイエンスも全ては得点教科ではなく、また単なる学力養成が目的になるのではなく、人生の荒波に航海した時、わたしたちが自分自身の思考力で乗り越えて生きて行くための礎になるもののはずです。

学力とは点数でなく、生きる学力なのだと気付いたのです。そういう教育には時間と手間がかかり、○×式の教育では養えないように思います。

教育も親子関係も友人関係も希薄になったように思われる現代社会に住むわたしたちに、人間原点の礎になる学校教育、家庭教育のあり方をもう一度よく考えてみる必要があるとこの本は訴えてきます。

わたしの好きな星野富弘さんの詩の中に、「きく」の絵とともにこういうのがあります。

喜びが集まったよりも
悲しみが集まった方が 
しあわせに近いような気がする

強いものが集まったよりも 
弱いものが集まった方が 
真実に近いような気がする

幸せが集まったよりも
不幸せが集まった方が
愛に近いような気がする

この詩は、映画「学校」(もう一度見てみたw)と「夜間中学校の青春」に、とてもよく似てるなぁ、と思ったのでした。

世の中が便利になったというのに、文明の利器に振り回されて、物事をよく考える時間ができたどころか、却って前にも増して多忙な現代生活を送るような結果になっているわたしたちは、かけがえのない、たった一度の人生の時間の大切さを忘れているのだな、と自分自身反省している今日この頃です。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2018年4月8日 

大阪出身の我が友は帰国と決めると半年以上も前にさっさと切符を買い、遅くとも一ヶ月前には持っていくものを旅行カバンに入れ込んで準備するのだという。

わたしはと言えば、9時から5時までの仕事ではないが、わたしなりに忙しく仕事をしていると思っているもので、旅行カバンをベッドの下から引っ張り出すのは、やはり早くて2週間ほど前になる。2週間あれば、なんとかなるのだ。 

一ヶ月ほど帰国しようと思うと、授業を4週間飛ばすことになる故、それを避けるため、時期を選んで、相棒のOちゃんが仕事のない補習校の春休みを入れ、2週間日本語のクラスを担当してもらい、残りの2週間をクラスの休みにするのである。

それで、ちょうど東京ではさくらの時期にあたる3月の半ばから4月の半ばの帰国というわけだ。

しかし、今回は故郷弘前のホテル予約の関係上、帰国の時期が例年よりずれてしまった。すると、この時期の帰国でどうしても問題になるのが、図書館の日本語コースなのである。先週末が復活祭で、図書館も閉館しており、授業も休まなければならなくなったところに、すぐ4週間ものクラス休暇は、いかな、いい加減なところがあるわたしでも気になるものだ。

そこで、今年は3週間の滞在と決め、切符も用意していたのだが、先週、突然図書館から、「4月21日、土曜日は部屋が使えません」と連絡が入り、え!!なのであった。

どうしようか?と思ったのだが、夫に話してみると「いいよ」との返事。 それで即切符の変更をしてもらった。こういうときのために、変更料を多少払うことになるが、切符は変更可能なものを買う。

そんな訳で、22日の帰国予定が一週間早まり、来週日曜日の朝になり、実は午前中の日本語教室が終わった後、あたふたと雨が降ったり止んだりの中、観光客に混じって、妹に頼まれたお土産お土産とダウンタウンに出かけたのである。

写真は晴れ間が除いた瞬間に撮ったポルトダウンタウン。

ruadasflores-1.jpg

お土産は行きつけの店、二軒に顔を出し、今回は思い切って旅行カバンを2つ持っていくことにしたもので、取りあえず日曜日の今日は朝から、次から次へと荷物をカバンに放り込む。んで、目下こんな具合なのです。

nimotsu-1.jpg

亡くなった山本夏彦氏、よく言ったものです、「愚図の大忙し」とは(笑)

晴れ間を見て、ベランダへ出、ふと空を見上げると、うわぁ~、虹だ!

rainbow-1.jpg

4週間も夫を猫とともに放ったらかしにして行くのですから、いかなわたしでも多少の後ろめたい気持ちがあるんです。でも、虹ってさい先がいいような気がします(笑)

虹は空にかかっていても気付く人と気付かない人がいますね。そうして見れば、わたしはポルトガルに来てから、よく虹を見かけます。虹には気付いた人に「ネガティブな感情の一切を手放し、進みましょう」というメッセージがこめられているのだそうですよ。

そかそか。せっかくの年に一度の帰国です。後ろめたさを捨てて、どんどん来週へ進もう、と勝手解釈。てへへのへ。
ということで、日本語生徒さんたちに残していく宿題作成と、5月中旬締め切りの依頼原稿に今週は取り組まなくちゃ!

心はずんで、ブログ内に誤字脱字もあろうやも知れませぬが、本日もご勘弁をば。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2018年4月6日 

起床7時、窓のブラインドを上げると、うわぁ~、久しぶりの昨日の良い天気とうって変わってまた雨やん!

今日は生徒の弁護士さんが、復活祭の休暇で溜まった仕事を処理するため、夕方の日本語レッスンに来られないとのことで、それならば、日本へのお土産を買いにダウンタウンへ出ようと思っていたのです。残念なり。

我が家の4匹猫も日向ぼっこができなくなって随分長くなります。なにしろ2月からずっと雨天が続いているのですから。黒猫ぺトが近頃以前にも増して悪さをするのはそのせいかもしれないと思っているところです↓
猫カフェ

というので、今日は猫の話です。

ポルトガルで初めての猫カフェは2016年にリスボンで開店されましたが、残念ながら1年ほどで閉店したようです↓

猫カフェ
Wikiより

カフェと猫のスペースは仕切られて別々になっており、人間にも猫にとっても理想的だったと思うのですが、猫のスペースは入室料が3ユーロほどかかったようです。それが不評だったのでしょうか、閉鎖した理由は分かりません。

そして、こちらは3月下旬にオープンしたポルト初の猫カフェO Porto dos Gatosです。

猫カフェ
Wikiより

カフェではフランセズィーニャなど簡単な食事ができますが、基本的にベジタリアン・メニューだそうです。写真は食事スペースで猫はいませんが、別部屋としてソファやおもちゃが置かれてあるCats Roomに続くパテオもあります。

猫カフェ
猫と接触できるのはその二つのスペースになります。

猫カフェ
パテオの右側、白い窓枠のある部屋がそれです。

猫カフェ
トラ猫Jeime

猫カフェ
頭かくしてw 顔が見えません。

O Porto dos Gatosは全てセカンドハンドの家具を再び命を吹き込むように磨きあげ利用しているのだそうです。カフェ責任者の3人の女性はいずれも「捨てられた動物を救う協会」の責任者でもあります。

現在、9匹の猫がいますが、いずれも里親歓迎ですが、申請書に記入後、責任感と同時に猫が飼える条件が求められます。

また、カフェ内でのルールとして、猫を撮影する際はフラッシュを使わないこと、寝ている猫を起こさないこと、猫が自らやってきたのでないかぎり抱かないこと、そして、大声を出さないこと。

猫と食事処を別にして衛生面を考えているいる点や、猫が好きだけど飼えない人のためだとか、猫に触るためだとかが目的でない猫主役のルールがあること、里親の条件が求められることなど、よくできていると思います。 運営の成功を心から望んでやみません。

通常、ブログ記事にあげる場合は、直接現場へ行って撮影するのですが、今回はニュース記事から拝借しました。なにしろ、これまでにいったい何匹の野良ネコ野良犬を拾ってきたか数知れず、現在も我が家には4匹もの猫たちが主顔をしている故、カフェまで行かずとも、ということで今回は書きましたが、ひょっとするとそのうち、行ってみるかもしれません。その時はまたあらためて。

猫カフェ

雨の日の午後をまどろんでいる我が家の4匹ねこ。スピーカーの右の黒い物体がお尻をこちらに向けて寝ている失敬な黒猫ぺトなり。

Info:  O Porto dos Gatos
所在地:Avenida Rodrigues de Freitas, 93-95 (Bonfim) Porto
営業時間:10:00~20:00(月~土) 14:00~23:00(金)
       日曜日、祝日(休み)
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2018年4月3日 

夕日が沈むのを見るたびに、わたしはなぜだか心に大きな平和を感じます。生きていることの幸せ、k今日も生きたみたいなものでしょうか。

宇宙からすると、塵芥にも満たない小さな小さな、それでいて、今この時を自由に生きているその自分の姿が夕日に反射してチラリと見えるような錯覚に陥るのです。

子供のころから夕日や星空には抗い難い魅力を感じて今に至るのですが、みなさまはいかに?
 
人はわずか7、80年の人生の時間を切り売りして、より豊かな生活を求めようとするのですが、ポルトガルにいると、万人に与えられている自然の織り成す豊かさを忙しさの中で見失っていることが多いように思われます。

食べるためには仕方のないことなのですが、わたしの場合、朝から晩まで継続的に時間が拘束される仕事をしているわけではなく、合間合間に食材買い出しに出かけたり、授業の準備をしたり、趣味の調べ物をしたりも少しできるに拘わらず、近頃の自分の毎日はセワシイ気がするのです。

あと少しもう少し、とある目標に達するまでだと気張っているわけですが、達成後は人様に喜んでもらえるような活動をささやかながらして行きたいと望んでいます。

何の目標かと?うふふのふ。それは達成してからのお楽しみでございます。その暁には拙ブログにて密かに書くつもりです。

さて、そんな状態ですから月曜日から土曜日までずっと続けて日本語を教えていると、仮眠をとっても、なんだか疲れが残っているような無気力感に襲われることがあります。そんな時には、生徒さんには申し訳ないけれど思い切って日本語レッスンをキャンセルし、仕事を頭から追い払って、ベッドにゴロリ横になります。

本棚には、いつか時間ができた日に、ネットで検索しながら読みたいと思って買ってある謎解きの本が数冊あるのですが、その一冊が下のハードカバー「ケルズの書」です。

Kellsbook-1.jpg

オリジナルは8世紀に描かれた聖書の手写本だといわれますが、いわゆる聖書や仏典のように文字の羅列は見られず全ページが豪華なケルト文様の絵図で描かれています。

ベットに潜り込んで読むとはなしにページをめくる。こういう時間はわたしにとって至福のひと時であり、頭をリフレッシュできる必要な時間でもあります。

外は雨、自堕落で豊かなとも言える午後でありました。
よしっと。明日からまたがんばるわよ。

では、みなさま、また。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2018年4月2日 

毎年3月14日にブルッセルで発表される「European Tree of the Year」コンテストがあります。

2018年は13カ国が参加しましたが、ポルトガル南部、セトゥーバル(リスボンから南東約45km)の近くにあるÁguas de Moura(アグアス・デ・モウラ)の大きな「コルク樫」の古木が選ばれました。

1783年に町に植えられたコルク樫は樹齢234年です。コルク樫の寿命は200年といわれますが、それをとうに越しました。現在高さ16.2m、回りが5mの大きさで、人々には「assobiador」、「口笛を吹く樹」のニックネームで親しまれています。梢にたくさんの小鳥が憩いさえずることからこの名前がつけられたそうです。

1988年には世界で一番大きなコルク樫としてギネスブックにも記録されています。

コルク
wikiより

コルク樫の樹皮がコルク製品の原料になるのですが、この古木もこれまでに20回以上剥がされ、1999年には1200キログラムのコルクを提供し12万個のワイン栓が製造され、世界一のコルク製造樹木とされました。

そこで、今日はちょっとコルクのきについて紹介したいと思います。

ポルトガル語でコルクの木を「Cortica=コルティッサ」と言います。 ポルトガル南部の地方でよく見かけます。

下の画像はアレンテージュの田舎道で見つけた立派な「コルク園の木」。柵で囲いがあり、園の中に入ることはできませんが、
コルク

↓こうして見る剥皮された後の茶色の木は美しくすらあります。
コルク

これは随分昔にデジカメではないカメラで撮った写真なのですが、原画が見つからず小さいのでご勘弁ください。

コルクはコルクガシと呼ばれる木から剥がされた樹皮のことです。 主にイベリア半島に見られ、ポルトガルは世界の50%以上を生産すると言われ、国の保護樹木になっています。

植樹後25年ほどたってから最初の剥皮があり、これはひどいデコボコがあるため加工製品の素材としては不適合とのこと。その後、10年毎に剥皮がなされ、樹齢は200年ほどだと言われます。                

下は旅行中に道端で見かけたコルクの木。
コルク
木肌が茶色でないのは今年剥皮された木ではないと思われます。

コルク
こちらはシントラ・モンセラーの森で見かけたコルクガシ。

コルク
表皮がこんなにゴツゴツしています。

下記、2枚の画像はwikiからですが、コルク樹皮を剥いているところと         
コルク

剥がれた樹皮の置き場
コルク

コルクはその断熱性、吸音性、弾力性から近年は環境素材として活用されます。これに着眼してコルクレザー(コルク皮)を開発し、このエコ素材にファッション性を加えたユニークなアイテムを最初に売り出したのが、ポルトガルの「Pelcor社=ペルコル社」です。

高級エコファッションとしてアメリカでも評判を得たペルコル社は2008年にマドンナがリスボンでコンサートをしたのを機に、Mのイニシャルをあしらったコルクバッグをマドンナに贈与し、一時期「マドンナバッグ・ライン」を発表しています。

コルク

コルクレザーはコルクの持つ温かい手触り感触と軽さがが魅力、ウォータープルーフでそのまま洗うこともできます。ペルコル社製品はファッション性も優れていますが、高級ブランド製品で店舗はポルトガル国内でもリスボンにしかありません。後はオンラインショップです。

が、コルクはポルトガルの主要産物であることから、このエコファッショは現在手軽な値段で国中で見かけますし、お土産として買う人も増えました。

まだまだ日本市場ではあまり知られていないようですが、興味がある方は是非こちらを覗いてみてください。

オンラインショップ「東のポルト屋

他にも色々在庫はあるはずなのですが、店長が多忙らしく、新商品の紹介に少し手間取ってるようです。「東のポルト屋」では良心的なお値段でポルトガル・グッズの提供を心がけています。

なんだ、宣伝になっちゃった(笑)

本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村