2018年2月9日 

かつては中華料理店があちこちで見かけられたポルトですが、それが今ではSushiレストランに名前を変更したりなどしてブームに乗っかり、中華料理店は数軒を残してほとんど姿を消し、近頃はSushiレストランとうたう食事処の多いこと!ネコも杓子もとはこのことなり。

敢えてSushiと綴るのは、やはり日本で食べる本物とは違うからです。特別寿司ファンではないのですが、こうなってくると、これが寿司だ!とこちらの人に思われるのも癪なもので、エラそうに、フェイスブック上で「これが寿司だ!」なんて画像をあげたりしているのでした(笑)

さて、しばらく前にいつも買い出しするハイパーマーケットへ行くと、あれ?と目にしたスシ・コーナー。興味がわき、どれどれと覗いてみました。へぇ~、スシパックじゃん、と言うので大して期待はしないものの、試してみることにしました。

夫にはサーモン入りの(900円相当)を、わたしは、出されて食べなければいけない場合以外、海外では生魚をまず口にしないので、peixe cru(生魚)抜きのベジタリアン用(1000円相当)。

こちらの人はどうも黒い海苔で巻いているのが苦手な人が多く、カリフォルニア巻きのように海苔は中で具と一緒になっています。

日本人の評判はと言うと「おいしくない、高い」です。酢が足りないよ、とその感想にはわたしも同意するのですが、逐一作るのは大変だしスシの味が欲しいな、とか、寝込んじゃったなどの時には、いくらなんでも「一番」さん(ポルトで只一軒日本人の板前さんがいるレストラン)まで行くわけにはいかないので、何とか食べられるのじゃないかと、実は少し安心しているのです。

sushi_pack1.jpg

すると次から次と大手のマーケットにこのコーナーが出現し、え?餃子?挙句は「えー!ドラ焼きじゃん!」てなことになり、驚きなのであります。フランチャイズ店でしょうね。

で、ドラ焼きが大好きなわたし、子供たちが帰省してくるときは必ず「明太子、ドラ焼き!」と空港での
買い物を頼むのですが、しっかし、これ、小さめだし2ユーロ近く(266円相当)とは高すぎるじゃない?と、一度は通り過ごしたものの、二度目に目にしたときは買ってしまいました。

dorayaki1.jpg

写真はふっくらして見えるでしょう?固そうだったので電子レンジでチンしたら、こんな風にふっくらとや柔らかくなり、早速かぶりついたのですが、皮はよろしい、が、あんこが少ないよ!とまぁ、文句の多いわたくし、ごめん遊ばせ。試し故、最初で最後のポルトのドラ焼き紹介でありました。

では皆さま、本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2018年2月7日 

このところ冷え込んでいるポルト、ここ数日は朝からヒーターをつけています。でも、澄んだ空気は美しい夕暮れを映し出してくれます。

feb2-1.jpg

先週の日曜日は、2、3年ほど日本語教室として居間を借りてお世話になったOちゃん一家を昼食に招き、一段落。ようやく日本語を教えるので家を出たり入ったりのいつもの生活にもどり、こうして夕暮れ時は、デジカメを向けられるようになりました。

ポルトの街は相変わらず、ツーリストが多く、かつては日曜日と言えばダウンタウンの食事処は、ほとんど閉まっていたのが、近頃は出かけるたびにあちこちに新しい店が出来ていて、驚くべき発展状態です。これがいつまで続くのかと、ふと不安になったりもするのですが、栄えている時に水を差すのは野暮というもの。

そんな訳ですから、ダウンタウンにはこれまで窓が閉められていつ移動させられるかと気になっていたあちこちのキオスクが新装し蘇っています。

下はツーリスト案内や観光スポットの入場券が買える「花通り」ことRua das Floresにある多分、街で一番に賑やかなキオスク。

ポルト

こちらは「カルロス・アルベルト広場(Praça Carlos Alberto)」の真っ赤なキオスク。パッと人目を惹きます。
ポルト

そして、今日案内したいのがLargo de Mompilherにある六角形のキオスクです。このキオスクですが、実は昔から「Quiosque Japonês(キオスク・ジャポネーズ)」とよばれ古い歴史があるのです。

ポルト
画像は古い写真から。

この広場につながる通りには、息子の友人である画家ジャスパー君のアトリエがあり、わたしとOちゃんの最初の日本語塾として、土曜日の午前中と午後を借りていたので、しょっちゅう目にしていたキオスクです。

それが人呼んで「キオスク・ジャポネーズ」であるとは、つい最近知りました。で、なにゆえ「ジャポネーズ(日本の・日本人の)」と呼ばれるのかと調べてみました。

1930年に建てられた個人の所有物で、その古さと鮮明な赤色とで、長い間、ポルトのイコン的な存在だったとのこと。赤と白は日本のインスピレーションなのだそうです。つまり日本の国旗から来るのです。

このキオスクをしばらく見かけなかったのですが、2013年に小火(ぼや)で焼け、そのままにしていたもので色々なパーツが無くなり、2016年にポルト市が取り払ったのこと。

そして、2年たった今、2月の終わり頃に修繕されてお目見えすることになっています。これまでは新聞雑誌等を売っていたキオスクですが、市の文化遺産に指定され飲み物やスナックを中心に販売するとのこと。

観光客の増加により市の財政も豊かになると、これまで古びたまま修繕もなく放置されてきた大小の建築物が蘇っていくのは、街の美化につながり嬉しいものです。古さと新しさが混同して、ポルトの街が今後どのように変身して行くのか、楽しみでもあります。

では、本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2018年2月4日 

sora.jpg
今日のポルトの真っ青な空。台所の朝ベランダから。

昨日、ラジオを聴いてくださった方々、ありがとうございます。

昨日は6時半起床、7時には放送局と聞こえ具合の音の確認、その後8時(日本時間夕方5時)まで待機、そして話し終わった後、いつもの図書館での日本語教室へ向かいました。

で、昨日は中級クラスの生徒から、「突然ですみません。日本人留学生が授業参観したいと言っています。いいですか」 とメッセージ。 賑やかな普段のクラスをそのまま見てもらいました。

中級クラスは12人ですが、今期からは、長年使用してきたテキスト「みんなの日本語Ⅱ」を中心にせず、参考、もしくは宿題で使うとして、現在はわたしが作成したテキストを使っています。

これには、イラスト一切無し。文例をたくさん挙げ、短作文、短い翻訳も取り入れているのですが、その時はクラスでのスマホ検索OK、隣との相談もOKですから、なかなか賑やかになります。

短作文も翻訳もその場で確認してあげますから、少し進度は遅くなるのですが、急いてはことを仕損じる、であります。語学の勉強は時間がかかりますもんね。

この2週間はハプニングもあり少し大変でしたが、とりあえず一通り日本語授業以外のことが終わった、と思いきや、まだもう一つ、催促されていることがあるんだった!影絵上映を日本帰国の4月までにすることになっているのでありました。うーーッ!

でも、多分、こんな風に忙しいうちが華!しばし休憩し体調を整えてまいりましょう。

さて、表題の「ポルト、生活しやすい世界の都市第2位」です。

ウェブメディアのタイムアウトが世界の32都市、15000人を対象に調査して、ランキングを発表したそうで、2018年はポルトが第2位(137.9ポイント)になりました。このところ、ポルトの人気はうなぎのぼりです。

調査では食べ物、ドリンク、カルチャー、社交性、生活のしやすさ、幸福度、住み心地といった観点から評価した結果だそうです。

「ポルトの人はこの街に住んでいることに誇りを持っている。自分らしくいられて、夜遊びもしやすい。そのコストも平均、約4000円」

これには、まったく同感です。ただし、ポルトっ子も外国人も、仕事にありつけるかどうかというのは別問題。外国人がポルトガル語を勉強しながらしばらく暮らしてみる分にはいいでしょう。が、実際に移住するとなると、住居を得るにも諸々の外国人在住手続きをするにも言葉が話せずしては問題です。

家賃、光熱費、食費等を入れると、月に最低1000ユーロ(約13万円)くらいはいるかな?もちろん、削れるところどんどん削ってもっと安く見積もることはできますが、その人の考え方にもよりますが、それでは生活を楽しめないような気がします。

日本と違い、外国人が手軽にできるバイトはまずありません。言葉の問題もさることながら、現地の若者もバイトにありつくのは大変なのですから。

因みに1位は138.2ポイントでシカゴ、治安の評価は低かったようです。

リスボンは8位で東京は19位。「東京で暮らす人たちは、食べ物が美味しいと言う。大半の調査対象の都市に比べ、レストランに行く頻度が高い」とあります。

もっと知りたいという方はこちらにて ↓
https://www.businessinsider.jp/post-161374

本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2018年2月1日 

お知らせ:
2月3日、土曜日、夕方5時からNHKラジオ第一放送「地球ラジオ」、「世界のイチメン」に出演します


2月に入りましたが、外は日が照っているものの風が冷たい。Dias先生から電話で今日の午後のポルトガル語レッスンはお葬式に行くためにできないとの連絡が入り、久しぶりに夕方までのんびりしています。

ジュリエット・ビノシュとジョニ・デップが出演するちょっと不思議な映画「ショコラ」で流れていた音楽がグノシエンヌ1(Gnossiennes)だと分かり、それを聞きながら綴っている豊かな午後のひと時です。

この映画は好きで何度か見ましたが、耳から離れない音楽でした。作曲者が「ジムノペディ」のエリック・サティと知り、なるほどいかにもの感です。どんな曲なの?とお聞きになりたい方は、後記にありますので後程どうぞ。
さて、今日はわたしが永久保存版としている我が思い出の第一回ラジオ出演のときの模様をここに挙げたいと思います。

それがもう13年も前のことになります。振り返ってみると、我がモイケル娘が日本の大学受験を目指して行った2004年に、彼女の指導(^^;)で右も左も分からぬまま、とにかく開設したホームページも、気がつけばなんと足掛け15年です。

ホームページやブログを通じて、今日までたくさんのネ友、ブログ友に会うことができました。その中にはネ友に終わらず、お会いしお付き合いが今も続いているというアミーゴも何人かいます。

友達ができただけでなく、ブログを通じての依頼で小さな雑誌に拙文ながら10年も書くことができましたし、未だ続いています。一言付け加えると、雑誌記事は、このブログに書いているような自由気ままな文体ではござんせん。色々厳しく、編集者に鍛えられて参りました^^;

そして、ラジオ出演もやはりブログがあったればこそ、舞い込んできた話であります。

モイケル娘が、「おっかさん、わたしが日本へ行ってしまったら寂しくなるだろうな。ホームページ運営をしてもらうのはどうだろか」との彼女の配慮が効き、それがとても運よく行ったと言えましょう。
もいちゃんよ、ありがとう。

前書きが長くなりましたが、以下、初めてのラジオ出演後のネ友たちの反応であります。笑ってやってくだされ。

spacesisのRADIO DAY

2005年10月8日(土)、NHK第一放送「地球ラジオ」の電話インタビューを受け、ポルトの街とポルトの路面電車のお話をさせていただきました。ネット仲間からたくさんのコメントが寄せられましたので、記念に我がサイトの永久保存版として、ここに残すことにしました。どうもそれはマズイ、とおっしゃる方はご連絡ください(笑)

また、寄せられたたくさんのコメントは、ネット仲間のミーシャさん、かんちがいさん、お二人の尽力によるものです。みなさん、本当にありがとうございました! 嬉しいコメントばかりで、管理人としてはかなり気恥ずかしいところではあります。なお、ここに掲載されてあるのは、当サイトの掲示板に寄せられたコメントですが、もしも、見落とされている方のがありましたら、お申し出ください。そそっかしいゆえ、十分あり得ることですので^^; 

ここから、掲示板にいただいたコメントです。

ミーシャ 2005/10/8 (Sat) 17:28:37
ラジオ聴きましたぁ!!
spacesisさん! 素敵なお声でしたネェ。想像以上^^とっても聞きやすく、理知的な話し方!
ポルトワイン、焼き栗、路面電車、石畳などなど、たくさんのお話が聞けました。
spacesisさん、ありがとう。楽しいお話でした。spacesisさんの日記で読んだことのある事柄に触れると、
嬉しかったわ^^素敵な時間をありがとう!

・ミセス・かんちがい 2005/10/8 (Sat) 17:54:53
あ、やっぱりミーシャさん、もう来てた(笑)聴きましたよ、聴きました! ホントに歌姫らしい、明るくて響きのある、
そして聞き取りやすい声でした^^笑顔でお話している表情まで思い浮かぶようでしたよ^^(顔は、昔のお写真をもとに勝手に想像してる…)それに、声だけ聴くと実年齢よりかなり若い(爆!)よく準備されて張り切ってお話しされているのがよく伝わってきて、私はずっとニマニマしながら聴いてました(相槌が入る隙がないような、怒濤の話しぶり!…笑)。でも話の内容も興味深く、すんごく楽しかった!
今日はこの後お忙しいようね。一息ついたら、また裏話聞かせてね!

・すぎさん 2005/10/8 (Sat) 20:41:09
拝聴!姫の神の声を。発声5秒後、緊張が解けた感じでスラスラ。よく取材した内容をよどみなく。やったね、と嬉しくなったよ。初デビューするアナウンサーと幾度も付き合って来たけれど、姫は大物感があったぜ!
しゃべりに無駄がない、のが抜群。取材がいい。たとえば、路面電車の貸切。現地に住んでいる人か、取材で聞き出さないと得られない。また、えー、とか、あのー、がないのが、この人を次もお願いしたいレポーター
だと!
局側は思う。それほどの、出来を一発目で達成した姫に、乾杯!あんたは、凄い!ぜ、
と思った。心臓が、バクバクなのにね!プレッシャーに強いのは、生きてきた経験の糧の量だと思う!
いま、安心と安らぎ、で、ほっとした家族みたいな幸せで、ウイスキーのオンザロック水割り飲んでます。チャオ!

・たこ 2005/10/9 (Sun) 00:18:37
袖 ご無沙汰しております。お悔やみのメール戴いて未だ返礼もせず恐縮しております。

 「地球ラジオ」放送聞きました、昨年の今日(九日)が南一期会で再開した日なので、丸一年ぶりの肉声ですね。  でも声を聞いているだけでも、日記等 文章を呼んでいても、袖の表情やうなづく時の頭の振り方まで目の前にいるかのように感じるのは不思議です。妻も一緒に聞いていたのですが、さすが南高出身者と感心しておりました。

・ちゅう 2005/10/9 (Sun) 09:03:38 聞きましたよ。1日遅れで。
歌姫だった?その声はなかなか魅力的でした。文面の調子から、もっとオキャンかなと思いましたがさにあらず、癒し系の声にちゅうもウットリでした。褒め過ぎかな!?でも、より身近に感じましたね。前に紹介した彼がくれた貴重なおみやげの写真を送ります。限定品の、ミニチアの路面電車です。マニアにはたまらない逸品だそうですね。ここには送れないのでメールの方に添付します。私のパソコンの上に飾ってあるのを撮りました。

・まいん 2005/10/9 (Sun) 09:41:09
おはようございます。ラジオ放送昨日は出かけてしまったので今HPで聞きました。
お話が上手ですね~情景が目に浮かび遠い国なのに身近に感じられました。路面電車は日本でも復活するそうで来春富山で 宇都宮では5年後を目途に開通予定だそうです。朝夕の寒暖の差が大きいんですね。
風邪ひかないように気をつけてください d(^-^)ネ!

・美緒  2005/10/9 (Sun) 09:42:31
はじめまして。
ミーシャさんの紹介?で、やって来ました。ミーシャさんのところで、お名前は拝見していたのですけれど。
リアルタイムで、ラジオを聞けなかったので、さっき、NHKのHPで、聞いてきました。ポルトの写真を見せていただきながら、聞かせていただいて、とても楽しい時間になりました♪どうぞ、よろしくお願いしますね。
HPも、これから、ゆっくり拝見させていただきますね猫ちゃんは、1番先に見せていただいたのだけれど。(笑)

・みち 2005/10/9 (Sun) 21:26:38
spacesisさん、遅ればせながら素晴らしい肉声を聞かせていただきました。
生を聞く予定だったのですが、あの日久しぶりに肉体労働(農作業)をして、一風呂浴びてテレビ見てたら寝てしまってました。(笑)大反響ですね・・このBBSもその話しで持ちきり・・
さすが話の内容も話し方も大したもんですね。さすが「親分」だなって、聞いておりました。(笑)
ポルトに行ってみたい、住んでみたい、そう思わずにはいられないような内容でした。娘さんの「お母さん、喋りすぎ・・」には、笑ってしまいましたが・・(笑)

・もいける  2005/10/9 (Sun) 15:28:34
お母さん。喋りすぎです(笑) ←母の突っ込み:わ、わかっとるわい(爆)

・亜希子 2005/10/9 (Sun) 18:45:58
喋りすぎですw てかカタカタなかったなw( ´艸`)ムププ

・隣のpoo 2005/10/9 (Sun) 23:08:47
再放送で聞かせてもらいました 優しい声でハキハキと素敵でした。はっきりと 流暢に淀みなくペラペラとアナウンサーの合いの手も入れさせないほど 立て板に水 言い過ぎたップごめんちゃい  しばらくPS お休み中でしたので 今日ミーシャさんとこで見て大急ぎで 聴きました みなさんと一緒に聞けなかったのが残念 グヤジイー でもなんか懐かしい声 って感じました。

・syomin1 2005/10/11 (Tue) 01:40:15
spacesisさん、ぎゃ~~!
日記もBBSも爆笑!!すっごい楽しいぃー♪ラジオの生放送、お疲れ様でした。
忙しい一日でしたね!仕事てんこ盛り&お子帰省などなど。。もう落ちつかれましたでしょうか?
かんちがい姐さんのお陰で日曜日に聴かせていただきましたー。(遅いっちゅうねん。。。ぅぅ)
思ったとおーり、準備万端(ネコまでとわっ)で本当に素晴らしかったですぅー。
お話はスラスラ~~と話されていましたが、ちゃ~んとおおらかさのある あったかいお声で、
しびれた~~~!しばらく動けませんでした。(笑)栗、、食べさせて。

・シッキー  2005/10/11 (Tue) 08:20:13
spacesisさん!ヽ(^o^)丿イラッシャイ 先日はラジオ出演、(^ー^)お疲れ様でしたぁ~♪
実は・・私も時々、お見かけしていて声をかけれなかったのです(^^)ROMしていたのは、私も同じでした。

ラジオを聞いた後、そちらに行ったのです^^素敵なHPに圧倒されて、ROMしただけで帰って来たのですよ。
でも、それじゃ伝わらないですよね?(笑)今朝、ここを見てヽ(*0*)ツ ワァオォ!!あの、spacesisが来てくれた!!と思って・・感動で、胸がいっぱいになりました。
今回の事で、ミーシャはほんとに「お友達思いの優しい女性」だと思いました。キューピットのミーシャに、感謝でいっぱいですよ(^^)♪更新の少ないシッキーサイトではありますが、こちらこそどうかよろしくお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ

・まちゃ 2005/10/11 (Tue) 16:33:38
ラジオでのママの声メッセで聞いたときより若々しくてよかったですよー。楽しく聞かせてもらいました。
死ぬまでに一度はポルトに行ってみたいです。

・りえ 2005/10/11 (Tue) 18:19:12
spacesisさん はじめまして(*^_^*)自分の掲示板みたら、遊びにきてくださっててとっても嬉しかったです♪
先日のラジオでのお話、とっても楽しく聞かせてもらいました(^^)spacesisさんのHP,コンテンツが豊富ですごいですね。ポルトガルのことがいっぱい書かれててゆっくりこのあとも拝見させていただきますね♪お知り合いになれてミーシャさんに感謝してます(^^)どうぞこれから仲良くしてくださいねm(__)m

・ぐじ 2005/10/11 (Tue) 19:23:13
遠くポルトからのお手紙 ありがとうございます今は10時過ぎでしようか?以前 ミーシャさんの掲示板でお名前と書き込みは拝見していますラジオ聞かせてもらいました。落ち着いた話方と的確な表現 それにお声が素敵でしたよ。 ポルトの町のイメージがよく分かりました。
古い町並みが広がり 路面電車がある町 そんな町を見たくなりますね
昨日も娘と嫁さんが傍で話をしていましたが 海外に行ってみたいなぁと言っていました
娘は何度か行っていますが σ(o^_^o)たち夫婦は経験がないので 
嫁さん孝行で行ってみたくなりました

・Gotchi 2005/10/11 (Tue) 23:37:52
ママのポルト紹介生ラジオ出演があって、掲示板めっちゃにぎわってるね( ̄◇ ̄)。
ようやく本日再放送を拝聴しましたです。ポルトの紹介と路面電車の説明のくだり、情景が浮かぶような言葉がいっぱいでとってもわかりやすかったかも。
ここの日記の生しゃべり版って感じで。アナウンサーの合いの手もいらないくらい(つっこませないって感じ(笑))のいろいろ下準備もしてたのかなぁ、すごいなぁって感心しきりでした。なにはともあれお疲れさまんさ♪
記念に録音しといた(爆)。

・みい 2005/10/12 (Wed) 02:57:09
spacesisさん歌姫だったんですね~~♪だからラジオでお聴きした時に
あんな通るお声だったんですね!!

・ゆき 2005/10/12 (Wed) 17:44:48
私もWeb上で放送聞かせてもらいました。お話聞いていたら,さっそく路面電車に乗りたくなってきました!
まだ,一度も乗ったことないんですけどね。こないだ初めてメトロに乗りました。駅は地下にあるのにほとんど地上を走っていて地下鉄じゃないなぁ,なんで?と思っていた謎も解けました。私もあちこち出歩かないとなぁと思ってます。

・しまシマ  2005/10/12 (Wed) 18:37:54
放送の終わった直後の時間にHPを開いてました。エーッなんちゅうコッチャ、と自分の不運を嘆きましたが 
袖のメールで教えてもらって 聞く事が出来ました。ありがと。何となく硬い感じがしたのは 緊張してたのね?でも とても聞きやすかったよ。さすが 言葉を 教える先生ね。ポイントに力が入ってました。

・close   2005/10/14 (Fri) 20:51:15
出遅れましたが、ラジオ聴きました。
カタカタ・オホホホの時の聴き覚えのある声でした(笑


これらのコメントを読むにあたり、意味不明な箇所「カタカタ」などもあると思いますが、それは普段の我が粗忽を知っている当時のチャット仲間だけの暗号であります(笑)。

この中の一人、「まちゃ」は会ったことはありませんが、チャット時代も含め長い間のネ友でしたが、2年前に他界しました。そのことは下記に「別れを告げる」で綴っています。http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1770.html
今回、永久保存版を開いてみたのを機会に、コメントとホームアドレスを残してくださったみなさんのサイトをクリックして訪ねてみましたが、ほとんどのみなさんがほぼ閉鎖しているのは残念です。

ブログに何度か書いていますが、わたしのはわが子たちにしたためて残す言葉や文章の、法的性質のない遺言です。おっかさんが子ども時代から日々どんな生き方をしてきたか、何かの折りに息子、娘の生き方のヒントになればと思いながら、綴っています。
たくさんの訪問客はありませんが、それでもコメントで声をかけていただいたりするのは、嬉しいものです。
言いますでしょう?「人生はカラクリに満ちている」と、写真家の故星野道夫氏が。カラクリは人と人との出会いが会あってこそです。

ブログやホームページを閉じている皆さん、また始めてみませんか?

というので、長くなりましたが本日はこれにて。

エリック・サティのグノシエンヌ1(Gnossiennes)は下記で。
https://www.youtube.com/watch?v=RyFhsG8Ip4E
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2018年1月31日 

ラジオ放送に初めて出演したのは2005年10月。今回同様NHKさんの「地球ラジオ」でした。

今から13年も昔かと思うと、今更ながら自分の声にちょっと不安がないでもないのですが、引き受けちゃったし行くっきゃない。きっとわたしをお誘いした人、まさか七十路とは思わなかったと想像するなり(笑)

さて、この年は我がラジオ出演デビューだったわけですが、初めてなもので、年甲斐もなく我がホームページの前宣伝でワイワイ騒ぎ、放送後もネット友達が盛り上げてくれ、我が思い出の楽しい一こまになりました。初心者ゆえ更新に四苦八苦したわたしの最初のホームページ、「Radio Day」と題して永久保存していますが、それは明日にでも紹介しましょう。

二度目の出演依頼が来たときのこと、日本にいるモイケル娘にその話をすると、彼女の第一声が、
「おっかさん。またキャスターの人、あ、とか、え、とかで終わらないといいけど・・・」

ネット友のなみちゃんまでが、掲示板に「早口に気をつけてね~」とだと^^; き、君らに言われんでもちゃんと自覚してますわい(笑)

で、初回がどんな状態だったかといいますと、自戒の意味も含めて、下記、過去日記をひっぱりだして再現いたします(笑)

ー以下、過去日記引用

2005年10月9日(日曜日)
「おっかさん、キャスターが「ハ、ハァ・・・」としか相槌を入れられないくらい、喋ってた・・・」と、呆れたようにモイケル娘に言われました(爆)

いえね、頭の中では分かってましたんです^^;でも、「ポルトの街」は3分間、「路面電車」は3分半と制限時間がありまして^^; で、喋りだしたら、全部話したいと、とどまるところを知らない(爆)

もう一つは、インタビューが始まる数分前に、電話をつないで、アナウンサーの声がよく聞こえるかどうかの確認があったのですね。そのとき、「もちょっと大きいほうがいいです」と頼みましたら、受話器を
通した向こうから、「あ、すみません、いつもより大きくしてください」と声が聞こえて来たw

うわ!わたしゃ普通の人より耳が遠いのか、と(笑) 確かにね、眼鏡をかけないとちゃんと人の言うのが聞こえないことが多いのでありまして。

それを聴いちゃぁ、ほんまはもうちっと大きくしてもらいたかったんですけど、なんだか頼めなくなっちまった(笑)で、受話器を通して、一応キャスターの声はきちんと聞こえていたのですが、少し遠くからの感(笑)こういうのって多少不安なんであります。

そんな感じでしたので、まぁ、相槌も入れさせないで、コメントのがちんこ塾長さんの言葉を借りれば「滑舌」、かんちがいさんの言葉では「怒濤の話しぶり」に突入してしまいましたっけ^^;キャスターの後藤さん荒川さん、大変失礼いたしました。どうぞご勘弁を。

かんちがいさんのカキコ「怒涛の話しぶり」にも、ギクッ(笑)や、やっぱりそうやったかぁ、てな感じでしたわ(笑)

それにしても、声だけ聴くと実年齢よりかなり若いとはこりゃ!だれだい!(爆)

ミーシャさん、かんちがいさんのネットチームワークのおかげさまで、今回はたくさんの方にお知らせしていただき、また、「聴きました」とのご報告をいただきました。本当にありがとうございます。
これを機会に、ポルトガル、ポルトと言う「遠くて近しい国」に少し興味を持っていただけたら、嬉しいことはございません。

ところで、放送のインタビューが終わって受話器を置いたわたし、本当は膝がガクガク震えたのでした(爆)いや、ほんまに、ビアハウスで歌い始めた最初のころの、あの懐かしい新鮮な感覚を昨日は久しく思い出しました。

ビア・ハウス時代、いつも一緒に歌っていた先輩の宝嬢がお休みで、ひとりでステージをこなさなければならないとなった初めての日。たくさんの常連さんの手助けで、日に三回あるステージの最初の一回を、「アイン・プローズィット=ドイツ語で乾杯の意味)」でしめくくり、一通り終えて、心臓バクバク膝がガクガクでステージを一歩踏み出して降りた時・・・・

スッテンコロリン、皆さんの前でこけてしまった歌姫でありました^^;あの頃も今も、人間ていくつになっても本質は大してかわらないのかもなぁ。

ということで、放送のお祭はとにかく終わり、一件落着。みなさま、またいつもの通り、よろしくお付き合いください。と、こんな感じで、放送された番組を自分で聴くのが我ながら恐ろしくて、記念になるはずのmp3もダウンロードしないままで終わりましたとさ(笑)

引用終わりー

さて、当時2度目の放送の打ち合わせもだいたい済んだところで今日モイケル娘に、「係りの人から、リポーターのようにどんどん話を進めていいですと言われたよ」というと、

娘 「そ、それはおっかさんがどんだけ喋るか知らんからじゃw」

が~~~ん!5年もたってるのに、まだ「おっかさん、しゃべりすぎた」のトラウマが抜けてないのだね、もいちゃん(笑)おっし!今回は落ち着きのYukoで行くわヨン!


と、これが大分前のことであります。今回は声よりも耳が心配かもだ・・・^^;

ということで、皆様、無事を祈ってくださいませ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村